意外といける!?和菓子とワインのマリアージュを実験!

「クレヨンしんちゃん」に、みさえの高級シャンプーをしんちゃんが排水溝に流して、大目玉を食らうという話があるのですが、私も同じような思い出があります。

おばあちゃんのダイエット塩(体に塗ると痩せる的なやつ)だったのですが、その塩をお湯に溶かして、スープ屋さんごっこなるものをして遊び、ケースいっぱいにあった塩をほぼ使い切ってしまいました。その日の夜、昼間の遊びのことなどスッカリ忘れ、気持ちよく寝ていると、凄い力で叩き起こされました。

起きるとそこには角の生えたおばあちゃん。案の定こっぴどく怒られました。しかし内心、そこまで怒らなくてもいいじゃん!と思っていた私。おとなになってみて、おばあちゃんの怒りが痛いほどわかりました。

ごめんね、おばあちゃん・・・今なら素直に謝れそうです。笑

さて、懺悔も済んでスッキリしたので、気を取り直して、ワインと和菓子って合うのでしょうか。ワインと洋菓子が合うのは知っていますが、あんこやお餅って合うのかな?ふと疑問に思ったので、ワインと和菓子を食してみることにしました。

さっそくスーパーとコンビニへ。和菓子って、そんなに置いてないんだなぁと、新たな発見を得ながら選んだのは、みたらし団子、わらび餅、塩豆大福、黒蜜かりんとうの計4品。


合わせるワインは白にしました。まずはみたらし団子から・・・おや、合うぞ!おいしい。醤油の甘塩っぱいところが最高に合います!次はわらび餅・・・これまた合う。きな粉の風味とワインがいい感じです。餅系の最後、塩豆大福、これはさすがに合わないでしょ〜・・・全然、いける。むしろおいしい。塩っぱさがあるからかな?予想を裏切って、餅もあんこも合うということが判明。


最後は黒蜜かりんとう。前の3つが予想に反して相性が良かったからか、然程の驚きもなく、かりんとうもやっぱり相性が良かったです。

合わせてみる前は、あんこやお餅と一緒にワインを飲むと、苦くなりそうだなぁと想像していたのですが、まったく苦くならなかったのが驚きでした。結果、わたし的にはワインと和菓子は相性が良いということになりました。特に、みたらし団子との相性は抜群。しばらくの間ハマりそうです!

ちなみに、全滅だった時の為に買っておいた、抹茶のチョコレートの出番はありませんでした。もちろん、相性はとっても良かったです。

ホームページ | ブログ
1988年広島生まれ。2013年に上京。以来、徒歩10分圏内ですべてが揃う快適生活に魅了されっぱなしのイラストレーター。ワインに対しては、グラスを肘で倒しそうと、リラックスして楽しめない臆病者。優雅に楽しむ自分になれることを期待している。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.