ホットワインで風邪退治と快眠ゲット!!

先日、同年代の友人と、こどもの頃のおもちゃについて盛り上がったのですが、社会現象にもなった“たまごっち”はお互いに大きな存在でした。

私が小学4年生くらいの時が全盛期だったのですが、どうしても欲しかった私は、なんとか手に入れようと、思いつく限りの手段を尽くしていました。と言ってもそれは、親と祖父母に渾身の思いでねだるというもの。なので、当然ながら手に入れることはできませんでした。

しかし、半ば諦めかけていた頃、おじいちゃんからたまごっちが景品で当たったよ!という全く想像してなかった連絡が!!まさかと思いながらも、喜びの方が大きく、いそいそとおじいちゃんの元へ。

そこで渡されたのは「やっぱりな〜」と言うかなんと言うか....“ペンピー”とか言う、ペンギンを育てる紛い物。いや全くの別物!!期待値が大き過ぎたからか、かなりの落胆。でも、おじいちゃんの満面の笑みを見ると、ありがとうとしか言えず、結局、私がたまごっちを手にすることはありませんでした・・・。

それはさておき、今回はホットワインについて書きたいと思います。 冬でもないのになぜ?と思われるかもしれませんが、最近暖かくなってきたので、窓を開けっ放しで寝てしまう日が続き、ある朝起きると喉に違和感が。案の定、風邪を引いてしまいました。 普段なら風邪薬を飲んで治すのですが、ホットワインが風邪に効くって聞いたことあるなぁと思い出した私。せっかくなので、ホットワインで風邪を治してみることにしました。

フルーツを入れたり、お鍋で煮詰めたりと色々な作り方があるのですが、私の目的は風邪を治すこと。なので、毎日欠かさず続けられることが第一優先。と言うことで、簡単かつ洗い物が少ない作り方のもので実行。       

赤ワインをマグカップに入れて、電子レンジでチン。そこに、蜂蜜とチューブの生姜を好みの量入れて完成。これを飲んで寝る。ただこれだけ。

非常に簡単ですが、蜂蜜の甘みがほどよく効いて飲みやすく、おいしいです。そのかわり、沢山飲みたい気持ちになるのですが、そこはあくまで風邪薬の代わり。飲み過ぎないことが大切だと思い我慢しました。 ホットワインを飲むと、体中がポカポカしてきて気持ちいいです。そのおかげで眠りが深くなるのか、翌朝の目覚めはとっても爽快!風邪を治す為にはじめたのに、翌朝の爽快な目覚めを求めて飲んでいるような状態になってしまいました・・・。

もちろん、風邪への効果はしっかりとありました。喉の痛みは3日ほどで治まり、いつも喉の次は鼻へと症状が移るのですが、今回は鼻へ症状が移ることもなく治りました。しかも、風邪をひく前より体調が良くなったように感じます。美容にもいいらしいので、もうしばらく続けてみようと思います。

TAGS

ホームページ | ブログ
1988年広島生まれ。2013年に上京。以来、徒歩10分圏内ですべてが揃う快適生活に魅了されっぱなしのイラストレーター。ワインに対しては、グラスを肘で倒しそうと、リラックスして楽しめない臆病者。優雅に楽しむ自分になれることを期待している。

おすすめの記事

ワイン初心者の方が抱える悩みや疑問に葉山孝太郎先生がお答えします!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.