ひょうたんのような形をした「カチョカヴァッロ」ってどんなチーズなの?

ひょうたんのような、巾着袋のような形をした黄色いチーズ...販売されている真空パックの外側から触るとスモークチーズのような弾力があります。 私も初めて見た時は「これは一体なんだろう?」と思いました。最近はスーパーでもよく見かけるようになりましたが、皆さんはこのチーズを食べたことがありますか?

今回はこのひょうたんの形をした「カチョカヴァッロ」というハードタイプのチーズについてご紹介します。

原産はイタリア

「カチョ」はチーズ、「カヴァッロ」は馬の意。2個1組で葦の葉でくくり、馬にまたがるように左右に吊るして熟成させたことから付いた名前と言われています。この「カチョカヴァッロ」は、南イタリアを中心に牛乳を原料として作られています。

モッツアレラチーズと同様、パスタフィラータ製法といって、カード(原料のミルクに乳酸菌やレンネットなど凝乳作用のあるものを添加してできたプリン状の固まり。)を熱湯の中で練り上げ、繊維状の組織を作り、成形します。

そして、3〜4週間ほど冷蔵室で乾燥熟成させることで、最初は真っ白だったチーズが淡黄色へと変化します。クセはなく、若いうちはミルクの甘さがあり、熟成が進むにつれて、塩味の効いた深いコクが味わえます。

美味しい食べ方

そのままでも食べる事ができますが、加熱するのが一般的です。厚めに(約1cm)スライスして、テフロンのフライパンやホットプレートに油をひかずにのせ、弱火で焼きます。 焼き始めてしばらくすると、じゅわ〜っとチーズから油分が出て、芳ばしい香りがしてきたら裏返し、両面に少し焦げ目ができるまで焼いて出来上がり。塩コショウと、お好みでオリーブオイルを垂らしていただきます。

焼いている間にチーズが流れ出ることがあるので、軽く表面に小麦粉をはたいてから焼くときれいに焼き上がります。もちもちとした食感と、噛み締めるたびに甘いミルクの旨みが口の中いっぱいにひろがります。

茹でたジャガイモやトーストに乗せても美味しいですが、私はこの焼いたチーズをステーキのようにそのままいただくのが好みです。

まとめ

最近は、国内でも多くのチーズメーカーがカチョカヴァッロを造っていますが、それらは100g前後と、非常に小ぶりなものが多いようです。

元祖イタリアのカチョカヴァッロはひとつ2キロほどあるので、国産の小さなカチョカヴァッロは厳密にはイタリアのカチョカヴァッロを模したものということになります。

とは言え、食べきりサイズで500円位から購入できるのは嬉しいですね。是非お試し下さい。一度食べるとやみつきになる美味しさです。

チーズ工房NEEDS
北海道【十勝ブランド認証品】【ナチュラルチーズ】チーズコンテスト優秀賞受賞「カチョカバロ」 200g 1個
Amazonで見る

ホームページ | instagram
ワインコーディネーター/ワインライター。
フランス留学後、ワイン専門店勤務を経て、ワインコーディネーターに。
飲み頃や旬を大切にワインとチーズの魅力を伝えるサロン「Wine Salon d’Ourse」主宰。飲食店や食のイベントプロデュースの他、ライターとしてワインやチーズに関する情報も発信している。
J.S.A.ソムリエ / C.P.A.チーズプロフェッショナル

おすすめの記事

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.