ひょうたんのような形をした「カチョカヴァッロ」ってどんなチーズなの?

ひょうたんのような、巾着袋のような形をした黄色いチーズ...販売されている真空パックの外側から触るとスモークチーズのような弾力があります。

私も初めて見た時は「これは一体なんだろう?」と思いました。最近はスーパーでもよく見かけるようになりましたが、皆さんはこのチーズを食べたことがありますか?

今回はこのひょうたんの形をした「カチョカヴァッロ」というハードタイプのチーズについてご紹介します。

原産はイタリア


「カチョ」はチーズ、「カヴァッロ」は馬の意。2個1組で葦の葉でくくり、馬にまたがるように左右に吊るして熟成させたことから付いた名前と言われています。この「カチョカヴァッロ」は、南イタリアを中心に牛乳を原料として作られています。

モッツアレラチーズと同様、パスタフィラータ製法といって、カード(原料のミルクに乳酸菌やレンネットなど凝乳作用のあるものを添加してできたプリン状の固まり。)を熱湯の中で練り上げ、繊維状の組織を作り、成形します。

そして、3〜4週間ほど冷蔵室で乾燥熟成させることで、最初は真っ白だったチーズが淡黄色へと変化します。クセはなく、若いうちはミルクの甘さがあり、熟成が進むにつれて、塩味の効いた深いコクが味わえます。

美味しい食べ方


そのままでも食べる事ができますが、加熱するのが一般的です。厚めに(約1cm)スライスして、テフロンのフライパンやホットプレートに油をひかずにのせ、弱火で焼きます。

焼き始めてしばらくすると、じゅわ〜っとチーズから油分が出て、芳ばしい香りがしてきたら裏返し、両面に少し焦げ目ができるまで焼いて出来上がり。塩コショウと、お好みでオリーブオイルを垂らしていただきます。

焼いている間にチーズが流れ出ることがあるので、軽く表面に小麦粉をはたいてから焼くときれいに焼き上がります。もちもちとした食感と、噛み締めるたびに甘いミルクの旨みが口の中いっぱいにひろがります。

茹でたジャガイモやトーストに乗せても美味しいですが、私はこの焼いたチーズをステーキのようにそのままいただくのが好みです。

まとめ


最近は、国内でも多くのチーズメーカーがカチョカヴァッロを造っていますが、それらは100g前後と、非常に小ぶりなものが多いようです。

元祖イタリアのカチョカヴァッロはひとつ2キロほどあるので、国産の小さなカチョカヴァッロは厳密にはイタリアのカチョカヴァッロを模したものということになります。

とは言え、食べきりサイズで500円位から購入できるのは嬉しいですね。是非お試し下さい。一度食べるとやみつきになる美味しさです。

ワインコーディネーター。大学では仏文学を学び、渡仏。帰国後は都内屈指のワイン専門店に十数年勤務。現在は主にワインに関連するイベントや飲食店等のプロデュースを行う。JSA公認ワインアドバイザー。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.