アジア最高峰の名門ワイナリー!中央葡萄酒が造る「グレイスロゼ」とは?

フランスの夏の風物詩とも言われるロゼワインは、淡いバラ色のような外観に香しい甘い香り、そして、深みのある味わいで、世界各国で人気のあるワインのひとつです。

近年、日本においてもロゼワインの美味しさが再認識されはじめ、多くの飲食店のワインリストにロゼワインが加えられるようになりました。その流れの中、この日本でも最高品質のロゼワインが造られています。それが山梨県のワイナリー、中央葡萄酒から発売されている「グレイスロゼ」です。

中央葡萄酒といえば、イギリスのワイン雑誌「Decanter」が主催する「Decanter World Wine Awards」にて、「キュベ三澤 明野甲州2013」が日本ワイン初の金賞を受賞したことでも知られる、日本が誇る名門ワイナリーです。そんな中央葡萄酒が造るロゼワインとは一体どんなものなのでしょうか。

今回、山梨県北杜市明野にある中央葡萄酒の三澤農場にお伺いし、営業部の柿嶋さんにグレイスロゼについてお話を伺いました。

日照時間が日本一


「明野にある三澤自社農場では、我が社のトップレンジ商品であるキュベ三澤となるブドウが栽培されています。日照時間が日本一であり、昼夜の寒暖差も大きく、さらに緩やかな西向き傾斜で水捌けの良いこの明野エリアは、最高品質のワインを造るためのブドウ栽培に最適なテロワールです。グレイスロゼは、この場所で造られたブドウのみが使われているんです。

明野にある三澤農場の広さは、およそ12ヘクタール。土壌や風通しなどが考慮された区画には、それぞれメルローやカベルネフラン、シャルドネなどが分けて植えられています」

ワイン造りの根幹でもあるブドウ作りに徹底してこだわる姿勢が素晴らしく、素晴らしいワインが生まれる秘訣なのだと、この風景を前に改めて感じました。

グレイスロゼに使われるブドウ


「グレイスロゼに使われるブドウについてですが、自信を持って高品質なブドウであると言えます。自社農場でのブドウ収穫において、収穫時またはその後の製造工程などにて、キュベ三澤などのトップレンジワインとして使えるクオリティのブドウかなどを選定します。

ただ、農場で見た感じが素晴らしくとも、いざ醸造してみないと分かりませんので難しいんです。もちろん丹精込めて仕上げたブドウですので、全てを使いたいですが、品質は高くても泣く泣くキュベ三澤にできないブドウも出てきます。

そういった高品質なブドウたちが、グレイスロゼになるんです。グレイスロゼのブドウは自社農場の副産物とお伝えしますが、素晴らしい品質であることは間違いありません」

こだわり抜いた環境で育てられた高品質なブドウが惜しげも無く使われている、グレイスロゼ。しかし、こだわりはブドウ選びに終らず、その後の醸造方法にも一切の手抜きはありません。

「シャトー・シモーヌ」のロゼと出会い


「ロゼワインには、混醸法や直接圧搾法、浸漬法などさまざまな製造方法がありますが、我々はセニエ法を採用しています。自社ではトップレンジワインの赤ワインにもこのセニエ法の手法を採用しています。

グレイスロゼは三澤農場で収穫した黒ブドウで構成されていますので、ロゼワインもセニエ法で醸造されています。セニエ法での醸造後には、小樽発酵、小樽貯蔵が行われます。ここまで手をかけなければ、自社が目指す美味しいロゼワインは生まれないんです。

グレイスロゼは、醸造責任者である三澤の「美味しいロゼを造りたい」という思いから始っています。彼女がフランスのボルドーへの留学中、カベルネソーヴィヨンやメルロなどをセニエ法で造る辛口のロゼをよく飲んだそうです。

そして当時、南フランスへワイナリー訪問に行った時に日本でも強い人気を誇る「シャトー・シモーヌ」のロゼと出会い、その時に日本でもしっかりとしたロゼワインを造ってみたいと思ったことが、大きなきっかけだったと語っています。三澤彩奈のフランスでのこれらの経験が、品質の高いロゼワインを造り続ける原点となっているんです」

楽な方へ、便利な方へ…と、流れ行く現代において、手間を惜しまずに造り上げられるグレイスロゼ。しかし、何故ここまで品質の高いロゼワインを生み出そうと思ったのでしょうか。

現行ヴィンテージであるグレイスロゼ2015に使用されている品種の構成は、メルロ49%、カベルネソーヴィニヨン23%、カベルネフラン20%、プティヴェルド8%。

飲み口はソフトで、酸味はエレガント、果実の甘みが仄かに感じられるスッキリとした辛口に仕上がり、ヨーロッパ系特有の厚みもしっかりと感じられる洗練されたロゼワインです。

まとめ


これからの季節、日本は暑い夏を迎えます。実はグレイスロゼはそうめんとの相性が抜群に良いんです。少し食欲が無い時などはそうめんをはじめとした、さっぱりとした和食が食べたくなるものですが、そこにグレイスロゼを合わせることで、疲れていても食事を楽しむことができるんです。

暑い、暑い日本の夏。そこにグレイスロゼと美味しい食事があれば、きっと幸せでしょう。柿嶋さんのお話を聞いているだけで、とても楽しい気分になれるのもロゼワインの持つ不思議な魅力なのかもしれません。

醸造家をはじめ、ワイナリー全ての人々の熱い思いが詰まったグレイスロゼは芸術品ともいうべき逸品です。心から感動する日本のロゼワインがここにあるので、ぜひ機会があれば飲んでみて下さい。

中央葡萄酒 グレイスロゼ

山梨県生まれの東京暮らし。フリーライター。音楽、ラジオ、ファッション、グルメなどさまざまなフィールドで活動中。甲州ワインに日常的に触れていたことで、知らぬ間にワイン通に…。ワインのちょっとした知識を小出しに紹介していきます。

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.