スイーツのようなチーズ 「雪印北海道100 クリームチーズ シャルドネ」

はじめに

フレーバーチーズというと、黒胡椒やハーブ風味のチーズを思い浮かべがちですが、最近はスイーツのようなチーズがたくさん販売されています。

そして、チーズのお菓子といえば「チーズケーキ」ですね。人気のレアチーズケーキを濃厚にしたような、スイーツ系のフレーバーチーズが、今、人気を集めています。

イチゴやレモンのレアチーズ風、オレンジとチョコレートの生チョコのようなタイプなど、こだわりを感じさせられる組み合わせは、まるでパティスリーのケーキのようです。今回は、雪印から発売された「雪印北海道100 クリームチーズ シャルドネ」をご紹介します。

クリームチーズ シャルドネ

フレーバーチーズには、フレッシュでクセがなく口どけのいいチーズが使われますが、その条件にぴったりなのは、やはりクリームチーズです。「雪印北海道100 クリームチーズ シャルドネ」は、そのまま食べる他、パンに塗ったりクラッカーにのせたりしても美味しいクリームチーズです。

「雪印北海道100シリーズ」は、個包装になっているので食べやすく、保存も安心で、持ち運びにも便利ですね。ちょっと甘い物が欲しい時に食べやすい上、チーズの栄養もとれて一石二鳥です。

「クリームチーズ シャルドネ」に合わせるなら、フレッシュな葡萄がいいでしょう。爽やかなマスカットなんて相性抜群です。

ワインと合わせる場合は、やっぱりスパークリングワインですね。乳脂肪分の多いクリームチーズを食べた後は、シュワっとした泡で口の中をさっぱりさせるのが定番のマリアージュです。

ここで、シャルドネを使ったスパークリングだと気が利いていますよね。

まとめ

クリームチーズ-シャルドネは、母の日のおもてなしにもいいと思います。シュワっと爽やかなワインと共に、甘くていい香りのクリームチーズをひと口...大好きなお母様と一緒にお楽しみくださいね。

TAGS

ホームページ
料理研究家/フードコーディネーター/チーズプロフェッショナル/ワインエキスパート
本郷台駅徒歩3分の自宅にて「パン&料理教室 サロンドファリーヌ」を主催。自家製酵母パン、ドイツパンについても研究を深めている。パン屋さんを巡ることがライフワーク。

おすすめの記事

ワイン初心者の方が抱える悩みや疑問に葉山孝太郎先生がお答えします!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.