スイーツのようなチーズ 「雪印北海道100 クリームチーズ シャルドネ」

はじめに


フレーバーチーズというと、黒胡椒やハーブ風味のチーズを思い浮かべがちですが、最近はスイーツのようなチーズがたくさん販売されています。

そして、チーズのお菓子といえば「チーズケーキ」ですね。人気のレアチーズケーキを濃厚にしたような、スイーツ系のフレーバーチーズが、今、人気を集めています。

イチゴやレモンのレアチーズ風、オレンジとチョコレートの生チョコのようなタイプなど、こだわりを感じさせられる組み合わせは、まるでパティスリーのケーキのようです。今回は、雪印から発売された「雪印北海道100 クリームチーズ シャルドネ」をご紹介します。

クリームチーズ シャルドネ


フレーバーチーズには、フレッシュでクセがなく口どけのいいチーズが使われますが、その条件にぴったりなのは、やはりクリームチーズです。「雪印北海道100 クリームチーズ シャルドネ」は、そのまま食べる他、パンに塗ったりクラッカーにのせたりしても美味しいクリームチーズです。

「雪印北海道100シリーズ」は、個包装になっているので食べやすく、保存も安心で、持ち運びにも便利ですね。ちょっと甘い物が欲しい時に食べやすい上、チーズの栄養もとれて一石二鳥です。

「クリームチーズ シャルドネ」に合わせるなら、フレッシュな葡萄がいいでしょう。爽やかなマスカットなんて相性抜群です。

ワインと合わせる場合は、やっぱりスパークリングワインですね。乳脂肪分の多いクリームチーズを食べた後は、シュワっとした泡で口の中をさっぱりさせるのが定番のマリアージュです。

ここで、シャルドネを使ったスパークリングだと気が利いていますよね。

まとめ


クリームチーズ-シャルドネは、母の日のおもてなしにもいいと思います。シュワっと爽やかなワインと共に、甘くていい香りのクリームチーズをひと口...大好きなお母様と一緒にお楽しみくださいね。

ホームページ
料理研究家/フードコーディネーター/チーズプロフェッショナル/ワインエキスパート
本郷台駅徒歩3分の自宅にて「パン&料理教室 サロンドファリーヌ」を主催。自家製酵母パン、ドイツパンについても研究を深めている。パン屋さんを巡ることがライフワーク。

おすすめの記事

旅するアルメニアワイン輸入者The Ancient World代表「田村公祐」さんインタビュー

世界最古のワインというとジョージア(グルジア)を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はアルメニアも、ジョージアと並んで世界最古のワイン生産地といわれています。ワインの文化は、フランスやイタリアなどヨーロッパだけでなく、中近東にも魅力が詰まっているみたいですね。 今回は中近東各地を年に何度も訪問し、自身でオリエンタルワインを輸入する田村公祐さんにお話を伺いました。

駅近1分。オシャレ着・手ぶらで行ける「CARVINO(カルヴィーノ)」で本格イタリアンBBQと限定ワインを味わおう!

東京ドームアトラクションズをバックに背の高い木々に囲まれて、本格イタリアンBBQ広場「CARVINO(カルヴィーノ)」が2017年6月10日(土)にオープンしました。オープンに先駆けた先行イベントに参加してきましたので、その様子をご紹介します。

ソムリエがテイスティングして飲み比べ!デイリーワインで人気の動物ラベル3種、それぞれのお味は?

今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、白ワイン3種類を飲み比べてみました。いずれもチリ産で、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.