身近なワインとナチュラルチーズのマリアージュ7選

ワインもチーズも嗜好品で人の好みは千差万別だけど、このセオリーだけは万国共通で否定しようのない事実だったりします。

実際に「ワインとチーズは合わない」なんて言う人が、全くいないとは言えませんが、非常に少ないと思います。だからこそ、どうせ飲むなら食べるなら、ベストなマリアージュを楽しみたいですよね。

という訳で、今日は家ワイン派のみなさんにおすすめの、身近なワインとチーズの定番とも言えるマリアージュをご紹介したいと思います。

クセのない白カビチーズ × 軽い赤ワイン

出典:http://www.pressherald.com/

北海道産等、比較的クセのない白カビチーズには、ボージョレのようなフレッシュな赤ワインを。南仏のカジュアルな赤や、イタリアの「キャンティ」のようなグビグビ飲める赤も良し。

脂肪分の多い白カビチーズ × スパークリングワイン

出典:https://en.wikipedia.org/

サンタンドレや熟成したブリー、カマンベールには、スパークリングワインを。人気の「アルパカスパークリング」とも相性抜群です!

ウォッシュチーズ × コクのある赤ワイン

出典:http://www.cheesesfromswitzerland.com/

ピエダングロワや匂いの強いウォッシュチーズには、チリ産等ニューワールドのしっかりした赤ワインを。予算があれば、ブルゴーニュのちょっといい赤ワインを選んでみて。

青カビチーズ × 甘口ワイン、コクのある赤ワイン

出典:https://canadacheeseman.wordpress.com/

ロックフォールやゴルゴンゾーラと、甘口ワイン。ポートワインも相性抜群。甘いワインは苦手という方は、ボルドー産等の色の濃い赤ワインと合わせて。

シェーブルチーズ × ロワール地方の白ワイン

シェーブルにはロワールのワインを。ミュスカデ、サンセール、プィイ・フュメ等。シェーブルだけは産地を合わせると間違いなし。

ハード、セミハードチーズ × コクのある白ワイン、軽めの赤ワイン

出典:http://goldenagecheese.com/

コンテやパルミジャーノ等には、香りも味も落ち着いた白ワインを。上品な樽の風味があるシャルドネのワイン等でも良いでしょう。赤ならスイス、アルザスやニュージーランド等、寒い地方で造られているさっぱりとした赤ワインがおすすめ。

フレッシュチーズ × フルーティーな軽い白ワイン

出典:https://lafromagerieonly.wordpress.com/

モッツアレラなどのフレッシュでジューシーなチーズは、同じくフルーティーでフレッシュな白ワインと。微発泡のワインと合わせても非常に美味。

まとめ

いかがでしょうか? 好みは人それぞれですから、ワインとチーズの組み合わせに正解はありません。是非、色々と試してみて、マイベストマリアージュを見つけて下さいね。

ワインコーディネーター。大学では仏文学を学び、渡仏。帰国後は都内屈指のワイン専門店に十数年勤務。現在は主にワインに関連するイベントや飲食店等のプロデュースを行う。JSA公認ワインアドバイザー。

おすすめの記事

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.