身近なワインとナチュラルチーズのマリアージュ7選

ワインもチーズも嗜好品で人の好みは千差万別だけど、このセオリーだけは万国共通で否定しようのない事実だったりします。

実際に「ワインとチーズは合わない」なんて言う人が、全くいないとは言えませんが、非常に少ないと思います。だからこそ、どうせ飲むなら食べるなら、ベストなマリアージュを楽しみたいですよね。

という訳で、今日は家ワイン派のみなさんにおすすめの、身近なワインとチーズの定番とも言えるマリアージュをご紹介したいと思います。

クセのない白カビチーズ × 軽い赤ワイン


出典:http://www.pressherald.com/

北海道産等、比較的クセのない白カビチーズには、ボージョレのようなフレッシュな赤ワインを。南仏のカジュアルな赤や、イタリアの「キャンティ」のようなグビグビ飲める赤も良し。

脂肪分の多い白カビチーズ × スパークリングワイン


出典:https://en.wikipedia.org/

サンタンドレや熟成したブリー、カマンベールには、スパークリングワインを。人気の「アルパカスパークリング」とも相性抜群です!

ウォッシュチーズ × コクのある赤ワイン


出典:http://www.cheesesfromswitzerland.com/

ピエダングロワや匂いの強いウォッシュチーズには、チリ産等ニューワールドのしっかりした赤ワインを。予算があれば、ブルゴーニュのちょっといい赤ワインを選んでみて。

青カビチーズ × 甘口ワイン、コクのある赤ワイン


出典:https://canadacheeseman.wordpress.com/

ロックフォールやゴルゴンゾーラと、甘口ワイン。ポートワインも相性抜群。甘いワインは苦手という方は、ボルドー産等の色の濃い赤ワインと合わせて。

シェーブルチーズ × ロワール地方の白ワイン



シェーブルにはロワールのワインを。ミュスカデ、サンセール、プィイ・フュメ等。シェーブルだけは産地を合わせると間違いなし。

ハード、セミハードチーズ × コクのある白ワイン、軽めの赤ワイン


出典:http://goldenagecheese.com/

コンテやパルミジャーノ等には、香りも味も落ち着いた白ワインを。上品な樽の風味があるシャルドネのワイン等でも良いでしょう。赤ならスイス、アルザスやニュージーランド等、寒い地方で造られているさっぱりとした赤ワインがおすすめ。

フレッシュチーズ × フルーティーな軽い白ワイン


出典:https://lafromagerieonly.wordpress.com/

モッツアレラなどのフレッシュでジューシーなチーズは、同じくフルーティーでフレッシュな白ワインと。微発泡のワインと合わせても非常に美味。

まとめ


いかがでしょうか?

好みは人それぞれですから、ワインとチーズの組み合わせに正解はありません。是非、色々と試してみて、マイベストマリアージュを見つけて下さいね。

ワインコーディネーター。大学では仏文学を学び、渡仏。帰国後は都内屈指のワイン専門店に十数年勤務。現在は主にワインに関連するイベントや飲食店等のプロデュースを行う。JSA公認ワインアドバイザー。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.