豚バラ肉の旨味が凝縮!フランス・ロワール地方の郷土料理「リヨン」

今回はフランス・ロワール地方の郷土料理、リヨンをご紹介させて頂きます。

豚バラ肉をじっくりと煮焼きしたロワール地方のスペシャリテで、材料は豚肉に白ワインと香草だけのとてもシンプルなものです。一晩ハーブと白ワインにつけ込むことで焼き上げた豚肉からの香りがたまらなく、ワインのおつまみに最適な1品です。

簡単に出来るので是非作ってみてください。

材料:作りやすい分量

豚バラ肉(ブロック) 350g

白ワイン 200ml (つけ込み用 100ml、煮汁用 100ml)

フレッシュタイム 3本

ローリエ 1枚

塩・胡椒 少々

作り方

【1】豚肉を大きめの一口角に切りわけて塩・胡椒し、保存袋に肉、ワイン100ml、タイム、ローリエを入れ冷蔵庫で一晩寝かせます。

【2】厚手の鍋にお肉を並べ表面に焼き色をつけていく。豚バラ肉の脂の部分を下にしてその脂で焼いてください。

【3】ほどよく焼けた頃、残りの白ワインを入れ肉に絡めつつ蒸発するまで焼いていきます。

【4】お肉にしっかり火が通るまで香ばしく焼けたら出来上がりです。

まとめ

ワインはロワール地方のシノンを合わせました。フルーティーで軽やかな酸味とタンニンが心地よくハーブを感じるフレッシュな味わいでリヨンとの相性もピッタリです。

リヨンはそのままおつまみとしてはもちろん、スライスしてサラダに添えたり、サンドイッチの具にしても美味しく頂けます。ハーブが香る、春らしいリヨンをお楽しみください。

TAGS

東京都在住。主人の海外赴任によりフランス・パリへ移住。そこで、フランスワインやフランス家庭料理・地方料理を学ぶ。フランスワイン10大産地を巡り知識を深め、日本に帰国後、ワインエキスパート、チーズプロフェッショナルを取得。おもてなし料理を得意とし、家ワインを楽しんでいます。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

カジュアルなチリ産スパークリングワイン「プードゥ スパークリング」の魅力とは?

イタリアのアスティ・スプマンテやスペインのカバの登場でスパークリングワインも低価格帯のものが人気を博し、日常の食卓にもスパークリングワインが並ぶようになりました。そして、今ではチリ産スパークリングワインが注目を浴びています。チリ産のワインといえば、コストパフォーマンスが高いというイメージが強くあると思います。今回はまさにその言葉にピッタリな「プードゥ スパークリング」をご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.