ワインは化粧水にもなる!?ワイン化粧水でシミを一掃!

何年かぶりにプリクラを撮りました。学生時代は友達と遊んだら恒例行事のように撮っていました。しかしながら当時、プリクラ自体は大好きだったのですが、撮影後のらくがきが大の苦手でした。

友達の描き方を真似しても、どんなにスタンプに頼っても、なぜかダサくなるのです。なので、大勢で撮影した時は狭いという理由を盾にらくがきブースには入らず、できる限りらくがきから距離を置いてきました。

しかし、先日出会ったプリクラ機は、何がどうなってるのか全く分からないくらい進化したものだったのです。「これなら、私がらくがきしても、イイ感じに仕上げてくれるんじゃ!?」と淡い期待を抱きました。しかし、進化した機械をもってしても、私のらくがきのダサさは強固なまでに健在でした。

さてさて、安定のダサさには目を背けて、最近友人に「なんかシミ増えた?」と、破壊力抜群の疑問を投げかけられました。言われるまでは全く意識してなかったのですが、そう言われると急に気になってくるもので、“シミに効く”とか“メラニン防止”などにやたら反応するようになりました。

それで見つけたのがワインで作る化粧水。ワインが美容に良いことはもちろん知っていたのですが、ワインがそのまま化粧水になるのは驚きでした。手作りコスメの本で見つけたのですが、作り方も非常に簡単だったので、試してみることにしました。


作り方は、白ワイン100mlと蜂蜜大さじ1杯を鍋に入れ、蓋をして弱火で2分ほど煮詰めるだけ。(鍋は普段調理に使用しているもので良いが、煮沸または食用アルコールで消毒する)あとは、蓋のできるビンに移し替えて冷蔵庫で保存。1ヶ月以内で使いきります。

洗顔を済ませ、さっそく使ってみます。(パッチテストをしてから顔には使用)コットンまたは手でパッティングします。

パッティングしている最中は少しベトベトするのですが、浸透するとベトつきもなくなり、サラっとします。匂いも塗っている最中はワインの香りが強めにするのですが、こちらも浸透するとほぼ匂いはしません。もの凄く鼻を利かせてやっと匂いがする程度。それも仄かな蜂蜜の香りです。

この化粧水が載っていた本によると、ポリフェノールが細胞の酸化を抑え、老化した肌を若返らせてくれる。それから新陳代謝も高くなり、メラニン色素を体外に排出。シミやくすみを一掃して、透明感のある美しい肌に導いてくれるとのこと!!


この言葉を一途に信じて、とりあえず1ヶ月続けてみようと思います。

ホームページ | ブログ
1988年広島生まれ。2013年に上京。以来、徒歩10分圏内ですべてが揃う快適生活に魅了されっぱなしのイラストレーター。ワインに対しては、グラスを肘で倒しそうと、リラックスして楽しめない臆病者。優雅に楽しむ自分になれることを期待している。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.