ワインは化粧水にもなる!?ワイン化粧水でシミを一掃!

何年かぶりにプリクラを撮りました。学生時代は友達と遊んだら恒例行事のように撮っていました。しかしながら当時、プリクラ自体は大好きだったのですが、撮影後のらくがきが大の苦手でした。

友達の描き方を真似しても、どんなにスタンプに頼っても、なぜかダサくなるのです。なので、大勢で撮影した時は狭いという理由を盾にらくがきブースには入らず、できる限りらくがきから距離を置いてきました。

しかし、先日出会ったプリクラ機は、何がどうなってるのか全く分からないくらい進化したものだったのです。「これなら、私がらくがきしても、イイ感じに仕上げてくれるんじゃ!?」と淡い期待を抱きました。しかし、進化した機械をもってしても、私のらくがきのダサさは強固なまでに健在でした。

さてさて、安定のダサさには目を背けて、最近友人に「なんかシミ増えた?」と、破壊力抜群の疑問を投げかけられました。言われるまでは全く意識してなかったのですが、そう言われると急に気になってくるもので、“シミに効く”とか“メラニン防止”などにやたら反応するようになりました。

それで見つけたのがワインで作る化粧水。ワインが美容に良いことはもちろん知っていたのですが、ワインがそのまま化粧水になるのは驚きでした。手作りコスメの本で見つけたのですが、作り方も非常に簡単だったので、試してみることにしました。 作り方は、白ワイン100mlと蜂蜜大さじ1杯を鍋に入れ、蓋をして弱火で2分ほど煮詰めるだけ。(鍋は普段調理に使用しているもので良いが、煮沸または食用アルコールで消毒する)あとは、蓋のできるビンに移し替えて冷蔵庫で保存。1ヶ月以内で使いきります。

洗顔を済ませ、さっそく使ってみます。(パッチテストをしてから顔には使用)コットンまたは手でパッティングします。

パッティングしている最中は少しベトベトするのですが、浸透するとベトつきもなくなり、サラっとします。匂いも塗っている最中はワインの香りが強めにするのですが、こちらも浸透するとほぼ匂いはしません。もの凄く鼻を利かせてやっと匂いがする程度。それも仄かな蜂蜜の香りです。

この化粧水が載っていた本によると、ポリフェノールが細胞の酸化を抑え、老化した肌を若返らせてくれる。それから新陳代謝も高くなり、メラニン色素を体外に排出。シミやくすみを一掃して、透明感のある美しい肌に導いてくれるとのこと!! この言葉を一途に信じて、とりあえず1ヶ月続けてみようと思います。

TAGS

ホームページ | ブログ
1988年広島生まれ。2013年に上京。以来、徒歩10分圏内ですべてが揃う快適生活に魅了されっぱなしのイラストレーター。ワインに対しては、グラスを肘で倒しそうと、リラックスして楽しめない臆病者。優雅に楽しむ自分になれることを期待している。

おすすめの記事

ワイン初心者の方が抱える悩みや疑問に葉山孝太郎先生がお答えします!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.