チーズが美味しくなる!?意外と知らないパンとチーズのマリアージュ5選

はじめに


パンはワインとチーズの脇役的な存在かもしれませんが、ワインやチーズのように、一緒に食べるパンも少しこだわりを持って選んでみませんか?

実は、ワインとチーズに相性があるように、パンとチーズにも相性があるんです。

今回は、知っているようで意外と知らない、チーズをもっと美味しく食べるための、パンとチーズのマリアージュをご紹介致します。

パンとチーズのマリアージュ5選

白カビチーズ


白カビチーズに最も相性が良いのはやっぱりバゲットです。バゲットはどんなチーズにも合いますが、カマンベールとの相性に勝るチーズは他にないかもしれません。また、熟成が進んだ白カビチーズは香ばしいくるみ入りのハードパンとよく合います。

ウォッシュチーズ


味、香りともに個性の強いウォッシュチーズには、全粒粉パンやパン・ド・カンパーニュのような、噛み締めるとちょっと酸味があって、ずっしりと重たく濃い味わいのパンと合います。チーズの強い個性が口の中でパンと中和してまろやかになります。

青カビチーズ


塩味の強い青カビチーズには、レーズンやイチジクの入ったドライフルーツ入りのパンを薄くスライスして。青カビチーズがハチミツやデザートワインと相性が良いのと同じ理屈で、チーズの塩味とドライフルーツの甘味がぴったり合います。

シェーブルチーズ


買ったばかりの熟成の進んでいないシェーブルチーズにはバターの風味があるブリオッシュと。この目からうろこのマリアージュ、是非一度お試し下さい。また、グリーンサラダに軽く焼いたトーストとシェーブルをのせたサラダは、フランスでも人気です。

ハード、セミハードチーズ


コンテやパルミジャーノのようなハードタイプのチーズはカットしてそのまま食べることが多いですが、薄くスライスしてサンドイッチにするならバゲットが一番です。また、チーズを加熱した場合もやっぱりバゲットです。

まとめ


いかがでしたか?

今まで何となく買っていたパンも、是非一度このマリアージュを参考にして選んでみて下さい。でも、もし希望のパンが手に入らない時はバゲットを選べば大丈夫。焼きたてなら尚良しです。

ワインコーディネーター。大学では仏文学を学び、渡仏。帰国後は都内屈指のワイン専門店に十数年勤務。現在は主にワインに関連するイベントや飲食店等のプロデュースを行う。JSA公認ワインアドバイザー。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.