チーズが美味しくなる!?意外と知らないパンとチーズのマリアージュ5選

はじめに


パンはワインとチーズの脇役的な存在かもしれませんが、ワインやチーズのように、一緒に食べるパンも少しこだわりを持って選んでみませんか?

実は、ワインとチーズに相性があるように、パンとチーズにも相性があるんです。

今回は、知っているようで意外と知らない、チーズをもっと美味しく食べるための、パンとチーズのマリアージュをご紹介致します。

パンとチーズのマリアージュ5選

白カビチーズ


白カビチーズに最も相性が良いのはやっぱりバゲットです。バゲットはどんなチーズにも合いますが、カマンベールとの相性に勝るチーズは他にないかもしれません。また、熟成が進んだ白カビチーズは香ばしいくるみ入りのハードパンとよく合います。

ウォッシュチーズ


味、香りともに個性の強いウォッシュチーズには、全粒粉パンやパン・ド・カンパーニュのような、噛み締めるとちょっと酸味があって、ずっしりと重たく濃い味わいのパンと合います。チーズの強い個性が口の中でパンと中和してまろやかになります。

青カビチーズ


塩味の強い青カビチーズには、レーズンやイチジクの入ったドライフルーツ入りのパンを薄くスライスして。青カビチーズがハチミツやデザートワインと相性が良いのと同じ理屈で、チーズの塩味とドライフルーツの甘味がぴったり合います。

シェーブルチーズ


買ったばかりの熟成の進んでいないシェーブルチーズにはバターの風味があるブリオッシュと。この目からうろこのマリアージュ、是非一度お試し下さい。また、グリーンサラダに軽く焼いたトーストとシェーブルをのせたサラダは、フランスでも人気です。

ハード、セミハードチーズ


コンテやパルミジャーノのようなハードタイプのチーズはカットしてそのまま食べることが多いですが、薄くスライスしてサンドイッチにするならバゲットが一番です。また、チーズを加熱した場合もやっぱりバゲットです。

まとめ


いかがでしたか?

今まで何となく買っていたパンも、是非一度このマリアージュを参考にして選んでみて下さい。でも、もし希望のパンが手に入らない時はバゲットを選べば大丈夫。焼きたてなら尚良しです。

ワインコーディネーター。大学では仏文学を学び、渡仏。帰国後は都内屈指のワイン専門店に十数年勤務。現在は主にワインに関連するイベントや飲食店等のプロデュースを行う。JSA公認ワインアドバイザー。

おすすめの記事

旅するアルメニアワイン輸入者The Ancient World代表「田村公祐」さんインタビュー

世界最古のワインというとジョージア(グルジア)を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はアルメニアも、ジョージアと並んで世界最古のワイン生産地といわれています。ワインの文化は、フランスやイタリアなどヨーロッパだけでなく、中近東にも魅力が詰まっているみたいですね。 今回は中近東各地を年に何度も訪問し、自身でオリエンタルワインを輸入する田村公祐さんにお話を伺いました。

駅近1分。オシャレ着・手ぶらで行ける「CARVINO(カルヴィーノ)」で本格イタリアンBBQと限定ワインを味わおう!

東京ドームアトラクションズをバックに背の高い木々に囲まれて、本格イタリアンBBQ広場「CARVINO(カルヴィーノ)」が2017年6月10日(土)にオープンしました。オープンに先駆けた先行イベントに参加してきましたので、その様子をご紹介します。

ソムリエがテイスティングして飲み比べ!デイリーワインで人気の動物ラベル3種、それぞれのお味は?

今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、白ワイン3種類を飲み比べてみました。いずれもチリ産で、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.