食感がクセになってく!?「カップヌードル パスタスタイル ボンゴレ」

カップラーメンを無性に食べたくなる時があります。

そんな衝動にかられた時は、「安い」という理由で近所のスーパーまで買いに行くんですが、あえて「定価」で売られているコンビニまで行くこともあります。

それはコラボ商品や斬新な商品に出会えるから...。「これをカップラーメンで再現するか〜?」など、独り言をブツブツ呟きながら商品を眺めるのが楽しいので、スーパーでは慣れ親しんできた定番商品を買い、コンビニでは私の感情を揺さぶった商品を買うようにしています。

そこで、今回私の心を動かしたものは、5月2日に発売された「カップヌードル パスタスタイル ボンゴレ」です。

以前にも発売されたシリーズなんですが、さらに白ワインを香り立たせて帰ってきたとのこと。パッケージには「香り立つ白ワイン風味」とワインの香りが漂うことがアピールされていました!

さっそく、お湯を湧かして調理開始。

鍋でお湯を湧かすとき、早く食べたい気持ちから、ピッタリの量で火にかけてしまい、線まで足りず慌てて少量の水を最大火力で温める行為を、毎回繰り返してしまいます。はじめから余裕を持って湧かせば良いのに、どうしても抜けない癖です。

液体ソースを重石にして蓋の上に置いてしまうのも、フタ止めシールという存在が現れても、相変わらずやってしまいます。

ちなみにこの商品、日清のカップヌードルですが3分ではなく5分待ちます。

スープがある場合は食べているうちにいい感じになるだろうと早めに蓋を開けてしまうタイプな私も、さすがに今回は5分待ちました。

きっちりと5分経ってから、お湯を捨てるとふっくら太めの麺が現れました。液体ソースの封を開けた途端、アサリの香りがフワッと香り、麺と絡めていくとピリっとした刺激のある香りも漂います。


さっそくひと口...なんともいえない食感です。

「戻し過ぎた?いやいや、ちゃんとタイマーで計ったし!」と先程の自分を疑ってしまうほどの麺の柔らかさ。例えていうなら、家で作ったナポリタンの様な食感です。疑問に思っていた、商品キャッチコピー「イタリア人が認めなかったパスタ」が腑に落ちました。

味は赤唐辛子がピリリと効いていて、アサリの風味もしっかりと感じました。ただ、アピールされていた白ワインの風味に関しては....正直分かりませんでした。
   
しかし、不思議なもので食べ進めていくと、違和感を抱いた麺がジワジワとクセになり、それと赤唐辛子の食欲をそそる刺激が、もうひと口、もうひと口と箸を進めさせて、気づけばあっと言う間に完食していました。

ホームページ | ブログ
1988年広島生まれ。2013年に上京。以来、徒歩10分圏内ですべてが揃う快適生活に魅了されっぱなしのイラストレーター。ワインに対しては、グラスを肘で倒しそうと、リラックスして楽しめない臆病者。優雅に楽しむ自分になれることを期待している。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.