とろ~りやわらかな食感がたまらない!肉巻きカマンベールチーズ

最近は輸入されているチーズもスーパーで気軽に買えるようになりました。しかし、普段から馴染みがあるチーズと言えば、やっぱりプロセスチーズやクラッカーに塗るクリームチーズ、そしてカマンベールチーズではないでしょうか。

カマンベールチーズは賞味期限が長いので、私は冷蔵庫に常備しています。また、ナチュラルチーズの一種なので、冷蔵庫に入れておくと少しずつ熟成が進みます。

熟成が進むと段々とろけるようになり、風味が強くなっていくため、好みの熟成加減を見極めなければいけません。これが結構難しく、また楽しみのひとつでもあります。

しかし、手軽にスーパーで買えるカマンベールチーズは、加熱して熟成を止めているため、いちばん食べごろの美味しいところをいつでも味わえます。

日持ちはするし、値段は手ごろな上、開封時が食べ頃のカマンベールチーズは、クラッカーやパンにのせたり、果物と合わせたり、ワインのお供としてもおすすめですが、今回はお料理に使いたいと思います。

なんと、カマンベールチーズをお肉で巻いて焼きますよ!

材料:2~4人分


カマンベールチーズ 1個
豚薄切り肉 8枚
アボカド 1/2個
醤油 大さじ1
みりん 大さじ1
白ワイン 大さじ1
水 大さじ1

作り方


【1】ラップに豚薄切り肉を放射線状に並べ、塩胡椒を軽く振る。カマンベールチーズをのせ、薄切りにしたアボカドをのせる。







【2】上面を肉で覆い、ラップで包んで密着させる。










【3】フライパンにサラダ油をひいて、【2】を入れて転がしながら全面を焼く。










【4】醤油、みりん、白ワイン、水を混ぜ合わせて【3】に加える。スプーンで肉にかけながら煮詰める。煮詰めたら半分に切って皿に盛り、フライパンに残ったソースをかける。







カマンベールの穏やかな風味は、どんな食材とも相性が良いんです。チーズの女王とも呼ばれる「カマンベールチーズ」は、日本でも人気の高いチーズです。

今回のレシピ「肉巻きカマンベール」は、見た目のインパクトも抜群なので、メインにもおもてなしにもぴったりなので、ぜひ作ってみて下さい。

ホームページ
料理研究家/フードコーディネーター/チーズプロフェッショナル/ワインエキスパート
本郷台駅徒歩3分の自宅にて「パン&料理教室 サロンドファリーヌ」を主催。自家製酵母パン、ドイツパンについても研究を深めている。パン屋さんを巡ることがライフワーク。

おすすめの記事

旅するアルメニアワイン輸入者The Ancient World代表「田村公祐」さんインタビュー

世界最古のワインというとジョージア(グルジア)を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はアルメニアも、ジョージアと並んで世界最古のワイン生産地といわれています。ワインの文化は、フランスやイタリアなどヨーロッパだけでなく、中近東にも魅力が詰まっているみたいですね。 今回は中近東各地を年に何度も訪問し、自身でオリエンタルワインを輸入する田村公祐さんにお話を伺いました。

駅近1分。オシャレ着・手ぶらで行ける「CARVINO(カルヴィーノ)」で本格イタリアンBBQと限定ワインを味わおう!

東京ドームアトラクションズをバックに背の高い木々に囲まれて、本格イタリアンBBQ広場「CARVINO(カルヴィーノ)」が2017年6月10日(土)にオープンしました。オープンに先駆けた先行イベントに参加してきましたので、その様子をご紹介します。

ソムリエがテイスティングして飲み比べ!デイリーワインで人気の動物ラベル3種、それぞれのお味は?

今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、白ワイン3種類を飲み比べてみました。いずれもチリ産で、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.