とろ~りやわらかな食感がたまらない!肉巻きカマンベールチーズ

最近は輸入されているチーズもスーパーで気軽に買えるようになりました。しかし、普段から馴染みがあるチーズと言えば、やっぱりプロセスチーズやクラッカーに塗るクリームチーズ、そしてカマンベールチーズではないでしょうか。

カマンベールチーズは賞味期限が長いので、私は冷蔵庫に常備しています。また、ナチュラルチーズの一種なので、冷蔵庫に入れておくと少しずつ熟成が進みます。

熟成が進むと段々とろけるようになり、風味が強くなっていくため、好みの熟成加減を見極めなければいけません。これが結構難しく、また楽しみのひとつでもあります。 しかし、手軽にスーパーで買えるカマンベールチーズは、加熱して熟成を止めているため、いちばん食べごろの美味しいところをいつでも味わえます。 日持ちはするし、値段は手ごろな上、開封時が食べ頃のカマンベールチーズは、クラッカーやパンにのせたり、果物と合わせたり、ワインのお供としてもおすすめですが、今回はお料理に使いたいと思います。

なんと、カマンベールチーズをお肉で巻いて焼きますよ!

材料:2~4人分

カマンベールチーズ 1個

豚薄切り肉 8枚

アボカド 1/2個

醤油 大さじ1

みりん 大さじ1

白ワイン 大さじ1

水 大さじ1

作り方

【1】ラップに豚薄切り肉を放射線状に並べ、塩胡椒を軽く振る。カマンベールチーズをのせ、薄切りにしたアボカドをのせる。

【2】上面を肉で覆い、ラップで包んで密着させる。

【3】フライパンにサラダ油をひいて、【2】を入れて転がしながら全面を焼く。

【4】醤油、みりん、白ワイン、水を混ぜ合わせて【3】に加える。スプーンで肉にかけながら煮詰める。煮詰めたら半分に切って皿に盛り、フライパンに残ったソースをかける。

カマンベールの穏やかな風味は、どんな食材とも相性が良いんです。チーズの女王とも呼ばれる「カマンベールチーズ」は、日本でも人気の高いチーズです。

今回のレシピ「肉巻きカマンベール」は、見た目のインパクトも抜群なので、メインにもおもてなしにもぴったりなので、ぜひ作ってみて下さい。

TAGS

ホームページ
料理研究家/フードコーディネーター/チーズプロフェッショナル/ワインエキスパート
本郷台駅徒歩3分の自宅にて「パン&料理教室 サロンドファリーヌ」を主催。自家製酵母パン、ドイツパンについても研究を深めている。パン屋さんを巡ることがライフワーク。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

カジュアルなチリ産スパークリングワイン「プードゥ スパークリング」の魅力とは?

イタリアのアスティ・スプマンテやスペインのカバの登場でスパークリングワインも低価格帯のものが人気を博し、日常の食卓にもスパークリングワインが並ぶようになりました。そして、今ではチリ産スパークリングワインが注目を浴びています。チリ産のワインといえば、コストパフォーマンスが高いというイメージが強くあると思います。今回はまさにその言葉にピッタリな「プードゥ スパークリング」をご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.