シャンパンのラベルやコルクに描かれている星マークの意味を知っていますか?

出典:https://sandisieger.com/2010/07/29/corks/

シャンパンのラベルや王冠、そしてコルクに星マークが描かれているのを見かけませんか? 代表的なシャンパンであれば「モエ・エ・シャンドン」や「ドン・ペリニョン」のラベル、王冠、コルクに星マークが描かれています。他にも「ポール・デ・テュンヌ」にもラベルや王冠に星マークが刻印されており、この星マークに気付くと少し嬉しい気持ちになります。

では、この星マークにはどのような意味があるのでしょうか?

シャンパンの星マークは彗星?

実はシャンパンのラベルやコルクに描かれている星マークは、彗星を意味しているそうです。

ハレー彗星が到来した1811年は、シャンパーニュ地方が大豊作になったことから「彗星の到来する年は当たり年になる」というジンクスが生まれたことがそもそもの始まりだそうです。

実際に彗星が到来した年とシャンパンの当たり年を調べてみると偶然にも一致することが多かったので、それ以来、様々なシャンパーニュメゾンがラベルや王冠、コルクに星マークを描くようになりました。

モエ・エ・シャンドン社が創設された年も彗星が到来

かの有名なモエ・エ・シャンドン社が創設されたのは1743年です。この年は歴史的に見ても強い輝きがあったと記録されているクリンケンベルグ彗星が到来しました。

もちろん彗星の到来に合わせて会社を設立したわけではありませんが、モエ・エ・シャンドン社は彗星が運んできた贈り物のようなシャンパンを現在に至るまでリリースし続けていることはご存知の通りです。

シャンパンの当たり年に到来した彗星

・1976年 ウェスト彗星

・1986年 ハレー彗星(85年が大当たり年で彗星の到来は2月)

・1990年 オースチン彗星(大当たり年)

・1993年 シューメーカー・レヴィ第9彗星

・1996年 百武彗星

・1997年 ヘールボップ彗星

・2002年 LINER彗星

・2007年 マックノート彗星

まとめ

ハレー彗星は周期彗星といい、76年周期で到来しています。次回の到来は2061年の夏頃だと言われており、今から歴史を揺るがすヴィンテージになるのかどうか楽しみですよね。

ハレー彗星だけでなく、様々な彗星がシャンパーンニュの土地に豊作という贈り物を届け、グラスに注ぐとまるで星が煌めくように輝いている……そんなロマンチックな逸話と一緒に、シャンパンを飲んでみてはいかがでしょうか?

TAGS

お酒と書籍をこよなく愛すワイン好きなライターです。ワインの魅力にとりつかれ、知識を深め、ワインエキスパートの資格を取得。「ワイン=敷居が高い」という既成概念を壊していきつつ、一緒にワインの楽しさを探っていきましょう。

おすすめの記事

ワイン初心者の方が抱える悩みや疑問に葉山孝太郎先生がお答えします!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.