市販のミートソースを活用すれば簡単!赤ワインのおつまみにイタリアンタコス


梅雨のすっきりしない空模様のせいで、いまいち調子が出なかったり、料理する気も起きなかったり…なんて方も多いのではないでしょうか。

そんなときこそワインで楽しい時間を過ごしましょう!

挟むだけの手軽なタコスレシピをご紹介します。タコスと言えばメキシコやアメリカ南部で食べられている料理ですが、今回は赤ワインと相性がいいミートソースを使ったアレンジです。

材料を揃えて、みんなで作りながらワインを楽しむこともできるので、女子会などのパーティーにもおすすめです。

材料:2~4人分


タコシェル 4個
ミートソース 150g程度
ミニトマト 4個
ベビーリーフやルッコラ 適量
サラダ用のモッツァレラチーズ 適量

作り方


【1】ミニトマトは四等分に切る。ルッコラは食べやすく切る。

【2】タコシェルにミートソース、ミニトマト、ベビーリーフやルッコラ、チーズをはさんで完成。

私は作り置きしておいたミートソースを使っていますが、もちろん市販品でもOKです!もしも市販のミートソースで、お肉の量が少なくて汁気が多いものを使う場合は、挽き肉を別に用意して炒め、ミートソースとあわせて煮詰めて使うといいですよ。

このとき、お好みでオレガノやタイム、胡椒などのハーブやスパイスを加えるとさらにおいしくなります。

また、今回はハードタイプのタコシェルを使っていますが、柔らかいトルティーヤを使ったタコスでもおいしそうですね。

ミディアムボディの赤ワインと


今回は辛口、ミディアムボディのメゾン・ジャン・クロード・フロモンとあわせてみました。ブラックペッパーを効かせたミートソースとよく合います。

暑くなってくると軽い味わいのワインがおいしくなりますが、ミートソースくらいしっかりした味わいがあると、合わせるワインはあまり軽すぎないミディアムくらいがおいしいかなと思います。

ミートソースやチーズを使ったタコスは合わせるワインとの共通点も見つけやすいおつまみです。ジメジメした天気の日も、ぱぱっとおつまみを用意して、ワインとともに楽しいひと時をお過ごしくださいね!

ホームページ | ブログ
健康・美容も意識しながら、お酒と おいしい料理で楽しく食事をすることが大好きなフリーランスの管理栄養士。大好きな食器と色彩を活かして、料理をよりおいしく見せる工夫を考えながら企業向けレシピ開発等を行っている。

おすすめの記事

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

マッシュルームは生でも食べられる!生マッシュルームサラダの作り方

マッシュルームは、ヨーロッパでよく使われている定番のキノコで、ホワイトマッシュルームは、えぐ味が少なく食感も繊細で、唯一生のまま食べられるキノコです。スライスしてグリーンサラダに混ぜたり、サンドイッチやピザのトッピングとしても人気です。今回はマッシュルームの独特な歯ごたえと旨味が楽しめるように、ホワイトマッシュルームを生のまま使ったおつまみレシピをご紹介します。

世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」ってどんなワイン?

チリワインは、カジュアルなデイリーワインとして注目を浴びています。2015年には、日本への輸入量が本場フランス産を抜いて1位となり、チリワインの存在感が一段と高まってきています。今回は、数あるチリワインの中でも、世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」についてご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.