イタリアの白ワインと合わせて欲しい!カルパッチョ風トマトサラダ

まるで太陽みたい!フレッシュトマトが主役の、夏にぴったりな1品をご紹介します。

作り方はとっても簡単!スライスしたトマトに、基本の調味料を順番にかけていくだけ。サラダのような、冷菜のような、ちょっぴりイタリアンなおつまみです。ポイントは、タマネギの軽やかな食感と、塩気と旨味の濃いアンチョビをプラスすること。風味と味わいがググッとアップし、ワインコンシャスに変身してくれます。

ところで皆さん、トマトとお酒を一緒に摂ると二日酔いしにくいってご存じですか?

リコピンやカリウムや各種ビタミンなど、トマトが赤くなると医者が青くなると言われるほど栄養価の高いトマト。一緒に摂ると血液中のアルコール濃度を低下させるだけではなく、アルコール分解を早め二日酔いの予防と症状の改善をしてくれるそうです。

ブラッディメアリーやレッドアイなど、トマトを使ったカクテルが親しまれてきたのはこういう理由もあったのかもしれませんね。

材料:作りやすい分量


[難易度]★★☆
[調理時間]10分
トマト 2個
タマネギ 1/2個
アンチョビフィレ 2枚
バジルの葉 1枚(あれば)
A オリーブオイル 大さじ1
A レモン果汁 小さじ1
A 粗塩 2~3つまみ
A 粗挽き黒コショウ 少々

作り方


【1】タマネギをみじん切りにしてポリ袋に入れ、塩少々をふります。袋の上から手のひらで円を描くように、グルグルもみながら10カウント。汁気が出てきたら、ぎゅーっとしっかり絞ります。これでアク抜きはOK!







【2】トマトは半分にカットしてヘタを取り除き、5mm幅の半月にスライスします。










【3】真っ赤な太陽をイメージしながら、お皿にトマトをぐるりと盛りつけます。










【4】【1】のタマネギをトッピングします。アンチョビ・バジルも粗みじんに刻んで散らし、Aを全体にかけて完成。









塩は粗塩や岩塩がオススメ。時々ガリッとくるミネラル感で、ワインとの相性も倍増します。オリーブ、ケッパー、カッテージやモッツァレラを加えても。酸のしっかり効いた白ワインと合せる時は、レモン果汁は省略しちゃってもOKです。

トマトやアンチョビはどんぴしゃのワインを探すのが意外と難しいって言いますが、それならアレコレ考えすぎずカジュアルに、イタリアの白ワインならなんでもOK!

太陽が輝いて緑鮮やかなアドリア海、地中海の青が鮮やかなカンパーニャ、プーリア、シチリア。ワインが南に行けばいくほど、トマトサラダにかけるオリーブオイルも多めにかけちゃってください。

ホームページ | ブログ
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.