クセになる簡単おつまみ!枝豆ガーリックチーズ


今回ご紹介するレシピは、味よし、見た目よし!そして、ワインとの相性もよい、私がよく作る簡単おつまみです。

おつまみの定番ともいえる枝豆を使ったおつまみです。冷凍の枝豆を使えば火を使わずにできるのですごく簡単ですが、更に作りやすくするために、作り方に補足説明も入れてあります、そちらも参照して作ってみてください。

材料:作りやすい分量


枝豆 50g程(さやを取り除いた豆のみ)
※1袋買えば十分足ります。
クリームチーズ 60g程
ニンニクのすり卸し 小さじ1/3
塩 少々

作り方


【1】枝豆は厚手のビニール袋に入れ、中心に豆を集めて、少し粒が残る程度に麺棒等で潰す。









※枝豆を潰すポイント 枝豆は皮が滑りやすいので、袋の隅にあると袋に穴が空いて飛び出てしまうので、袋を折り返したりして中心のほうで潰して下さい。ある程度潰れると、滑らず潰しやすくなります。








【2】ボウルにクリームチーズと【1】、ニンニクのすり卸しを混ぜる。味を確認しながら塩を少々混ぜる。※冷凍の枝豆使用の場合は枝豆に塩分もあるので、塩は必ず味見をしてから足す。








【3】器に盛り、バケットやクラッカー等を添えれば完成。









合わせるワイン


MOMENT D'OR BURT(モマンドール ブリュット)
タイプ:スパークリングワイン
原産国:スペイン
品種:チャレロ、マカベオ、パレラーダ

爽やかな飲みごこちで、すっきりとした辛口です。後味も良く、料理の味を邪魔せず、色々な料理に合わせられます。リーズナブルなのでデイリーに楽しめるのも嬉しいスパークリングワインです。

まとめ


枝豆ガーリックチーズはよく冷えたスパークリングワイン、白ワイン、ロゼワイン、軽い赤ワインにもよく合います。

ニンニクのすり卸しや塩の変わりに、練りわさびや醤油を少々混ぜると、また違う風味の和のワインにも合う素敵なおつまみになります。

ついつい手がのびてしまう、癖になる簡単おつまみなので、是非、家飲みのおつまみに作ってみてください。

ホームページ | ブログ
料理研究家。東京世田谷で少人数料理教室サロン・ド・ルージュを主宰。栄養士。身近な旬の食材で家庭でも作りやすい料理を提案。 お酒全般好きで、ワインも大好き、自称、飲むリエ。 得意料理は家にある食材でササっと作るお酒のおつまみ。 家に人が集まる機会が多く、家ワインとおつまみで楽しんでます。

おすすめの記事

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

マッシュルームは生でも食べられる!生マッシュルームサラダの作り方

マッシュルームは、ヨーロッパでよく使われている定番のキノコで、ホワイトマッシュルームは、えぐ味が少なく食感も繊細で、唯一生のまま食べられるキノコです。スライスしてグリーンサラダに混ぜたり、サンドイッチやピザのトッピングとしても人気です。今回はマッシュルームの独特な歯ごたえと旨味が楽しめるように、ホワイトマッシュルームを生のまま使ったおつまみレシピをご紹介します。

世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」ってどんなワイン?

チリワインは、カジュアルなデイリーワインとして注目を浴びています。2015年には、日本への輸入量が本場フランス産を抜いて1位となり、チリワインの存在感が一段と高まってきています。今回は、数あるチリワインの中でも、世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」についてご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.