パリ発のヴィエノワズリー専門店「リチュエル パー クリストフ・ヴァスール」

はじめに


料理を作る時間はないけど、仲間とワインパーティーをしたい時、女友達と恋話で盛り上がりたい時、恋人とゆっくり語りあいたい時、おいしいワインとパンがあれば それだけでHappyな時間が過ごせます。

お家でHAPPYな時間を過ごせるよう「人気のベーカリーとワインに合うおいしいパン」をご紹介します。

今回は表参道にある「RITUEL par Christophe Vassecur(リチュエル パー クリストフ ヴァスール)」です。

フランスで最も影響力のあるレストランガイド「ゴー・エ・ミヨ」の2008年版ベストブーランジェを受賞し、アラン・デュカス・オ・プラザ・アテネやPassage53など著名なガストロノミーレストランにパンを提供しているパリ随一のブーランジェリー「Du pain et Des Idees(デュ・パン・エ・デジデ)」のオーナーであるクリストフ・ヴァスールが手掛けるヴィエノワズリー専門店です。

日本では自由が丘に続く2店舗目で、昨年の11月にオープンしました。白と黒を基調にした洗練された店内はRITUELの代表作、「エスカルゴ」をイメージした曲線を描くデザインになっています。

ワインに合わせて欲しいパン


RITUELのヴィエノワズリーは、最高品質のオーガニック材料を使い、長時間発酵をさせ、石床式のオーブンでじっくりと焼き上げています。

「エスカルゴ ショコラピスターシュ390円」は パリ本店「デュ・パン・エ・デジデ」・リチュエル青山店ともに人気NO1のヴィエノワズリーです。オーガニックショコラとグリーンが鮮やかなビスタチオペーストをサクサクのクロワッサン生地にぬり、じっくりと石床式オーブンで焼き上げた 見た目も美しく ナッツとショコラが濃厚な味わいのヴィエノワズリーです。

パリ本店では扱っていない「パンドミ ハーフ490円」は、日本人むけにレシピを考えたという日本限定の食パンです。

ぜひワインにあわせたいパンは パリ本店「デュ・パン・エ・デジデ」の人気商品「パン・デ・ザミ 490円」です。

「友人のパン」という名のパン・デ・ザミは クリストフ・ヴァスールが友人のために焼いたパンからはじまりました。フランス産の精製されていない粉と少量のイースト菌と塩を使い、約2日間 長時間発酵をして作られています。

栗やヘーゼルナッツのような芳ばしいナッティな香りと、小麦の力強い香り、長時間発酵でうまれる甘味や旨みなど、ワインのような複雑な味わいと香りが特徴のパンです。

皮が厚くざっくりと香ばしく、中の生地は 目が詰まっていてしっとり、噛むほどに甘味や苦み複雑な香りがして ワインとの相性も良いパンです。

店内ではワインと一緒に


店内では パン・デ・ザミを使ったタルティーヌもあり、ワインやコーヒーと一緒にいただけます。ティファニーブルーの紙袋もオシャレなので、パーティーのおもたせにもおすすめ。

クロワッサンはバターの芳醇な香りと甘味が口いっぱいに広がります。オーブンで温めて、オリーブ油をたっぷりつけただけでも十分美味しいのですが、リエットやチーズ、ジャムを塗ってアレンジすれば 豪華なワインのおつまみにもなります。

「リチュエル パー クリストフ ヴァスール 青山」に期間限定で パリにある「デュ・パン・エ・デジデ」で人気のパン・デ・ザミをパリから空輸、販売するためのポップアップストアをオープンさせています。

7月24日日曜日まで期間限定ですので ぜひ訪れてみてください。パリっこたちを魅了するパリ本店「デュ・パン・エ・デジデ」スペシャリテのパン・デ・ザミを ワインとともにお楽しみください。

RITUEL par Christophe Vassecur 青山
住所:東京都港区南青山3-6-23
TEL:03-5778-9569
営業時間:
平日:8:00-19:00
土日祝:9:00-19:00
http://rituel.jp/

ホームページ | ブログ
おもてなしイタリアン・フレンチ料理教室 CARPE DIEMを南青山にて主宰。飲食店のメニュー開発やレシピ提供をはじめ、企業様の料理教室の講師など、様々な食の分野で活躍中。健康と美容・アンチエイジングを意識したレシピ作りも提案している。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.