パリ発のヴィエノワズリー専門店「リチュエル パー クリストフ・ヴァスール」

はじめに

料理を作る時間はないけど、仲間とワインパーティーをしたい時、女友達と恋話で盛り上がりたい時、恋人とゆっくり語りあいたい時、おいしいワインとパンがあれば それだけでHappyな時間が過ごせます。

お家でHAPPYな時間を過ごせるよう「人気のベーカリーとワインに合うおいしいパン」をご紹介します。

今回は表参道にある「RITUEL par Christophe Vassecur(リチュエル パー クリストフ ヴァスール)」です。

フランスで最も影響力のあるレストランガイド「ゴー・エ・ミヨ」の2008年版ベストブーランジェを受賞し、アラン・デュカス・オ・プラザ・アテネやPassage53など著名なガストロノミーレストランにパンを提供しているパリ随一のブーランジェリー「Du pain et Des Idees(デュ・パン・エ・デジデ)」のオーナーであるクリストフ・ヴァスールが手掛けるヴィエノワズリー専門店です。

日本では自由が丘に続く2店舗目で、昨年の11月にオープンしました。白と黒を基調にした洗練された店内はRITUELの代表作、「エスカルゴ」をイメージした曲線を描くデザインになっています。

ワインに合わせて欲しいパン

RITUELのヴィエノワズリーは、最高品質のオーガニック材料を使い、長時間発酵をさせ、石床式のオーブンでじっくりと焼き上げています。

「エスカルゴ ショコラピスターシュ390円」は パリ本店「デュ・パン・エ・デジデ」・リチュエル青山店ともに人気NO1のヴィエノワズリーです。

オーガニックショコラとグリーンが鮮やかなビスタチオペーストをサクサクのクロワッサン生地にぬり、じっくりと石床式オーブンで焼き上げた見た目も美しく ナッツとショコラが濃厚な味わいのヴィエノワズリーです。

パリ本店では扱っていない「パンドミ ハーフ490円」は、日本人むけにレシピを考えたという日本限定の食パンです。

ぜひワインにあわせたいパンは パリ本店「デュ・パン・エ・デジデ」の人気商品「パン・デ・ザミ 490円」です。

「友人のパン」という名のパン・デ・ザミは クリストフ・ヴァスールが友人のために焼いたパンからはじまりました。フランス産の精製されていない粉と少量のイースト菌と塩を使い、約2日間 長時間発酵をして作られています。

栗やヘーゼルナッツのような芳ばしいナッティな香りと、小麦の力強い香り、長時間発酵でうまれる甘味や旨みなど、ワインのような複雑な味わいと香りが特徴のパンです。

皮が厚くざっくりと香ばしく、中の生地は 目が詰まっていてしっとり、噛むほどに甘味や苦み複雑な香りがして ワインとの相性も良いパンです。

店内ではワインと一緒に

店内ではパン・デ・ザミを使ったタルティーヌもあり、ワインやコーヒーと一緒にいただけます。ティファニーブルーの紙袋もオシャレなので、パーティーのおもたせにもおすすめ。

クロワッサンはバターの芳醇な香りと甘味が口いっぱいに広がります。オーブンで温めて、オリーブ油をたっぷりつけただけでも十分美味しいのですが、リエットやチーズ、ジャムを塗ってアレンジすれば 豪華なワインのおつまみにもなります。

「リチュエル パー クリストフ ヴァスール 青山」に期間限定で パリにある「デュ・パン・エ・デジデ」で人気のパン・デ・ザミをパリから空輸、販売するためのポップアップストアをオープンさせています。

7月24日日曜日まで期間限定ですので ぜひ訪れてみてください。パリっこたちを魅了するパリ本店「デュ・パン・エ・デジデ」スペシャリテのパン・デ・ザミを ワインとともにお楽しみください。

RITUEL par Christophe Vassecur 青山

 住所:東京都港区南青山3-6-23

TEL:03-5778-9569

営業時間: 平日:8:00-19:00 土日祝:9:00-19:00

 http://rituel.jp/

TAGS

ホームページ | ブログ
おもてなしイタリアン・フレンチ料理教室 CARPE DIEMを南青山にて主宰。飲食店のメニュー開発やレシピ提供をはじめ、企業様の料理教室の講師など、様々な食の分野で活躍中。健康と美容・アンチエイジングを意識したレシピ作りも提案している。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

カジュアルなチリ産スパークリングワイン「プードゥ スパークリング」の魅力とは?

イタリアのアスティ・スプマンテやスペインのカバの登場でスパークリングワインも低価格帯のものが人気を博し、日常の食卓にもスパークリングワインが並ぶようになりました。そして、今ではチリ産スパークリングワインが注目を浴びています。チリ産のワインといえば、コストパフォーマンスが高いというイメージが強くあると思います。今回はまさにその言葉にピッタリな「プードゥ スパークリング」をご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.