フランスのとろ~りチーズ「フロマージュ・ブラン」ってどんなチーズ?


日本語で「白いチーズ」という意味のフロマージュ・ブランをご存知ですか?ミルクを乳酸菌や酵素などで固め、水分(ホエイ)を取り除いただけの、言わば、全てのチーズの基となるチーズです。

見た目や舌触りはプレーンヨーグルト、もしくはやわらかいホイップクリーム(生クリーム)に似ていますが、ヨーグルトよりやさしい酸味でなめらか、生クリームよりさっぱりしています。つまり、味わいもテクスチャーもヨーグルトと生クリームのいいとこ取りをしたチーズなのです。

フロマージュ・ブランの食べ方


フロマージュ・ブランの魅力は、食べ方のバリエーションが豊富なところ。冷蔵庫に一つ常備しておくと、とにかく便利なフレッシュなチーズです。今回はその活用法をご紹介したいと思います。


シンプルに食べる


そのまま食べるもいいでしょう。また、砂糖やハチミツ、フルーツを添えて、ヨーグルト感覚で朝食やデザートにも最適です。

ディップにする


塩、コショウ、みじん切りにしたハーブを混ぜてディップにしても良いでしょう。生野菜はもちろん、パンやクラッカーに乗せて召し上がって下さい。また、キリッと冷やした白ワインと非常によく合います。

ドレッシングにする


塩、コショウ、オリーブオイルでドレッシングにしても良いでしょう。好みでビネガーを加えても構いません。シンプルなグリーンサラダにこのドレッシングを和え、砕いたクルミやナッツをふるだけで「おもてなしサラダ」に変身します。さらに、アボガドやスモークサーモンを加えるとボリューム満点のサラダになります。

生クリームの代用にする


クリーム系のお料理にも使えます。クリームソースのパスタや、チキンやポークソテーの仕上げに加えるとソースにコクが出ます。

デザート作りに


クリームチーズの代わりに使用するとあっさり且つヘルシーなチーズケーキができ上がります。

まとめ


シンプルな味わいで栄養も豊富なことから、フランスでは、赤ちゃんの離乳食にはじまり、日々の食卓にはかかせない食材の一つとなっています。


日本では、以前はフランスから輸入されたフロマージュ・ブランを専門店で見かける程度でしたが、最近は国内のチーズメーカーもフロマージュ・ブランを作り始め、手頃な価格で入手できるようになりました。

タカナシ乳業とイズニーサントメール酪農協同組合が共同開発したものがこちらです。

フロマージュブラン・ドゥ・ノルマンディー


とはいえ、まだまだ日本では知名度が低いのが現状。牛乳やヨーグルトのように、身近なスーパーでいつでも購入できるようになって欲しいと思います。

ワインコーディネーター。大学では仏文学を学び、渡仏。帰国後は都内屈指のワイン専門店に十数年勤務。現在は主にワインに関連するイベントや飲食店等のプロデュースを行う。JSA公認ワインアドバイザー。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.