愛され続けて130年!岡山県産「マスカット・オブ・アレキサンドリア」の魅力

日本ワインで使用されているブドウ品種は「甲州」や「マスカットベリーA」が有名ですが、高級ブドウとして知られている「マスカット・オブ・アレキサンドリア」で造られたワインがあるのはご存知ですか?

今回は今が旬のぶどう「マスカット・オブ・アレキサンドリア」とそのワインを2種類をご紹介します。

マスカット・オブ・アレキサンドリアとは

翡翠のような美しいエメラルドグリーンの「マスカット・オブ・アレキサンドリア」はヨーロッパ系のブドウ品種です。ローマ帝国時代に地中海沿岸で栽培が広がり、エジプトのアレキサンドリア港が名前の由来といわれています。

「マスカット・オブ・アレキサンドリア」はクレオパトラも好んだといわれ、気品溢れる芳醇な香りと豊かで上品な甘みから「果物の女王」と呼ばれています。「晴れの国」と呼ばれるほどの岡山県は、温暖で日照時間が長く、雨が少ないため、「マスカット・オブ・アレキサンドリア」の栽培に恵まれ、今では全国生産量のほぼ100%を誇っています。

明治19年(1886年)から栽培が始まり今年で130周年を迎え、愛され続けている「マスカット・オブ・アレキサンドリア」の美味しさを皆様もぜひ味わってみてくださいね。

岡山県倉敷市の「ふなおワイナリー」

「ふなおワイナリー」は、岡山県倉敷市産「マスカット・オブ・アレキサンドリア」の美味しさを、一年中味わって貰いたいという想いからワイン醸造が始まりました。試行錯誤を繰り返しながら最上級の美味しさを追求する情熱は素晴らしいですね。

「ふなおワイナリー」では「マスカット・オブ・アレキサンドリア」の他には「ピオーネ」のワインも造られています。

ふなおワイナリー有限会社 

〒710-0262 岡山県倉敷市船穂町水江611-2

TEL 086-552-9789

 http://www.funaowinery.com/

マスカット・オブ・アレキサンドリア スパークリングワイン

生産地 : 岡山県倉敷市

品種 : マスカット・オブ・アレキサンドリア タ

イプ : スパークリング(やや甘口)

アルコール度数 : 10%

岡山県倉敷市産「マスカット・オブ・アレキサンドリア」を100%使用したスパークリングワインは、その素晴らしい香りと風味を最大限に引き出して醸造されています。 澄んで輝きのあるグリーンがかった淡いイエロー、細やかな泡立ちで、マスカットの芳醇な香りとフレッシュな酸味が魅力的ですね。清涼感があるシャープな泡はこれからの季節にもピッタリです。

マスカット・オブ・アレキサンドリア フリーランタイプ

生産地 : 岡山県倉敷市

品種 : マスカット・オブ・アレキサンドリア

タイプ : 白ワイン(やや辛口)

アルコール度数 : 12%

本来の風味と芳香を最大限に引き出すために自然に流れ出る果汁(フリーランジュース)のみを使用し、低温発酵法で丹念に醸造しています。1瓶につき大粒の「マスカット・オブ・アレキサンドリア」を2房以上使っている贅沢なワインです。 マスカットの芳醇な香りがしっかりと感じられます。イキイキとした酸味が心地よく、とてもバランス良いですね。やや辛口の爽やかなプレミアムワインは冷やすと一層美味しくなります。

まとめ

今が旬のブドウ「マスカット・オブ・アレキサンドリア」はデパート地下や果物専門店、スーパーなどでよく見かけるので、その美味しさを味わってみてくださいね。 そして、ぜひワインの方もお試しください。

料理研究家/J.S.A.認定ワインエキスパート・J.S.A.ワイン検定講師/シャンパーニュ委員会プレステージュクラスディプロマ/C.P.A.認定チーズプロフェッショナル/日本野菜ソムリエ協会認定野菜ソムリエ・ベジフルカッティングスペシャリスト。 野菜とワインのマリアージュをテーマに神奈川県湘南の自宅で「Salon de Pinot Yuri」主宰。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.