サントリーワイン「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2016」を受注開始


サントリーワインインターナショナル(株)は、「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー」などフランス産新酒ワイン10種の受注を7月5日(火)から全国で開始します。

「ボジョレー ヌーヴォー」は、フランス・ボジョレー地区でその年に収穫したぶどうを醸造した新酒ワインです。毎年11月の第3木曜日に解禁となり、“旬を味わう、旬のワイン”として、世界中で楽しまれています。

当社は、“ボジョレーの帝王”とも呼ばれている名醸造家ジョルジュ デュブッフ氏が手がける「ジョルジュ デュブッフ」ブランドのボジョレー ヌーヴォーを日本で販売しています。

その華やかな香りとフルーティな味わいは世界中のワイン愛好家を魅了しており、フランス・リヨンで毎年行われている「リヨン・ボジョレー ヌーヴォーワインコンクール」においてNo.1(※1)の受賞歴を誇るなど高い評価を得ています。

今回は、「ボジョレー ヌーヴォー」と一緒に、“今年のモノを今年のうちに楽しみつくすパーティー”「ボジョパ」をハロウィンとクリスマスの間の新たな催事として提案し、さらなる需要促進を図ります。

また、新たなラインナップとして、チーズとの相性を追及した「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー エディシオン スペシアル フロマージュ 2016」を投入するほか、高価格帯商品へのお客様のニーズが高いことを踏まえ、「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー・ヴィラージュ ヌーヴォー セレクション プリュス」のパッケージをリニューアルします。

さらに、昨年日本限定で発売し、「注ぎやすい」「グラスでの提供が楽になった」など大変ご好評いただいた「ボジョレー ヌーヴォー」の3Lバッグ イン ボックス(※2)を料飲店様限定で投入し、グラスでの提供促進、お客様との接点拡大を図ります。

※1 リヨン・ボジョレー ヌーヴォー ワインコンクール(2002年-2015年)ジョルジュ デュブッフ社調べ
※2 耐久性、密閉性に優れた包装容器。注ぎ口を押し込むだけでワインを注ぐことができる。

「ボジョパ」について


「ボジョレー ヌーヴォー」市場の活性化を図るため、「ボジョレー ヌーヴォー」をまだ飲んだことがない20-30代、昔楽しんでいた40-50代をターゲットに、“今年のモノを今年のうちに楽しみつくすボジョレー ヌーヴォー パーティー”「ボジョパ」を、ハロウィンとクリスマスの間の新たな催事として提案します。

これは、ファッションや料理など、今年流行ったものやマイブームを持ち寄って話題にしながら「ボジョレー ヌーヴォー」とともに楽しむ・味わう・シェアするパーティーです。11月17日(木)の解禁日に向けて、ボジョレー ヌーヴォーの特設ページ(http://suntory.jp/kaikin/)やSNSを通じて情報発信するほか、店頭では今年流行ったものやパーティー料理と「ボジョレー ヌーヴォー」のクロスマーチャンダイジングを提案していきます。

※参考資料は添付の関連資料を参照

商品の特長について(予定)


(1)「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2016」(赤)
赤や黒の果実を思わせる、フレッシュでいきいきとした味わいが楽しめるヌーヴォーです。ラベルには、「感謝」の花言葉を持つひなげし、バラ、ダリアを中心としたブーケのイメージをデザインしました。

(2)「ジョルジュ デュブッフ マコン・ヴィラージュ ヌーヴォー 2016」(白)
ボジョレー地区の北に接するマコネー地区の、シャルドネ種100%で醸造される白ワインのヌーヴォーです。果実味あふれる爽やかな辛口です。

(3)「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ロゼ ヌーヴォー 2016」(ロゼ)
美しく魅力的な色合いと飲みやすさから、女性に人気のロゼワインのヌーヴォーです。華やかな色合いとふくらみのあるフルーティな味わいが特長で、余韻が心地よい辛口のワインです。

(4)「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー・ヴィラージュ ヌーヴォー 2016」(赤)
ボジョレー・ヴィラージュ地区(※3)の畑から収穫されたぶどうだけを厳選したワンランク上のヌーヴォーで、華やかでありながらも繊細な香りと味わいが特長です。ラベルには、フランス国旗の色である赤・白・青色の花をデザインしました。
※3ボジョレー地区北部に位置する、38の村からなる地区。

(5)「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー・ヴィラージュ ヌーヴォー セレクション プリュス 2016」(赤)
 約3,000軒あるボジョレー地区の生産者の中から、ジョルジュ デュブッフ氏が今年最良と思われるワインを選りすぐり、アッサンブラージュ(ブレンド)したこだわりの逸品です。果実味が凝縮された深みのある味わいが特長です。パッケージは、黒を基調に金色の文字を配すことで、より“高級感”のあるデザインに仕上げました。

(6)「ドメーヌ ド ラ コルティエール ボジョレー ヌーヴォー 2016 オーガニック ヴィエイユ ヴィーニュ」(赤)
 デュブッフ氏が信頼をよせる醸造元「ドメーヌ ド ラ コルティエール」が有機栽培で育てたぶどうのみを使用しています。赤い果実を思わせる繊細な香りとフルーティな味わいが特長です。

(7)「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー ラ フェット ドゥ ヌーヴォー 2016」(赤)
 赤い果実を思わせるフレッシュな香りとみずみずしい味わいが特長です。ラベルには、“フランスでのヌーヴォー解禁のお祝い”をイメージしたイラストをデザインしました。容量は、気軽にお楽しみいただける500mlサイズです。

(8)「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー エディシオン スペシアル フロマージュ 2016」(赤)
 “果実味がより豊かなキュベ(原酒)”を厳選してアッサンブラージュした、チーズの味わいをよりまろやかに引き立てる味わいです。“チーズに合うヌーヴォー”として新たに提案します。ラベルには、黄色を基調にチーズのイラストを配すことで、チーズとの相性の良さを分かりやすく表現しました。

(9)「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2016 プリムール」(料飲店様専用)
 食事との相性を考えてアッサンブラージュした、摘み立てのぶどうをギュッと凝縮したような味わいで、料理のジャンルを問わず合わせやすいヌーヴォーです。また、3Lバッグ イン ボックスは、グラス約25杯分お楽しみいただくことができ、パーティー需要にぴったりの商品です。

(10)「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー・ヴィラージュ ヌーヴォー 2016 プリムール」(料飲店様専用)
 ボジョレー・ヴィラージュ地区の畑から収穫されたぶどうだけを厳選したワンランク上のヌーヴォーで、食事との相性を考えてアッサンブラージュ。ふくらみのある上質な口当たりと果実味豊かな味わいが特長です。

〈ご参考〉ボジョレー ヌーヴォーについてはこちら
http://www.suntory.co.jp/news/article/12688-2.html

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.