シャンパンに負けないほど美味しい「安心院スパークリングワイン」


スパークリングワインの王様と言えばフランス・シャンパーニュ地方でつくられたシャンパンですが、使用するブドウは全て手摘みであり、製作にはとてつもない手間暇をかけ、最低でも15ヶ月熟成させることが法律で義務づけられています。

世界中のスパークリングワインはシャンパンを目指していると言っても過言ではありませんが、実は日本にもシャンパンに負けないようなスパークリングワインがあるのでご紹介します。

いいちこの三和酒類が造ったスパークリングワイン


日本の代表的な麦焼酎「いいちこ」を造っている三和酒類株式会社(大分県)ではワインも造っています。ワインが好きな人であれば「安心院ワイン」の名前に聞き覚えがある人も多いのではないでしょうか?

読み方は「あじむわいん」といい、これは霧深く温度差の激しい三和酒類が所有する「安心院葡萄酒工房」の所在地「安心院町」からきています。

中でも「安心院スパークリングワイン」はシャルドネを使用したブラン・ド・ブランとメルローとカベルネ・ソーヴィニヨンでつくられたロゼがあり、シャンパンと同様の製造法でつくられた非常に繊細な味のスパークリングワインとなっています。

安心院スパークリングワインの味わい


ブラン・ド・ブランは温暖な土地で造られたシャルドネらしく、黄色リンゴや洋梨の風味があり、また菩提樹の香りがエクストラ・ブリュットの辛さを引き立ててすっきりとした味わいに仕上げています。熟成期間は14ヶ月から24ヶ月、しっかりとした旨味を感じました。

一方でロゼはコケモモやプルーンなどのカラメルっぽさがある果実の風味が特徴的で、そんな風味の向こうには微かなピーマンの香りがスパイスとなっていました。

ブリュットなのに甘味を強く感じたのは、ブドウがしっかりとつくられているからではないでしょうか。メルロー7割にカベルネ・ソーヴィニヨンが3割含まれていて、最低でも3年の熟成期間を設けています。

ちょっと変わったスパークリングワインを飲みたいという人にはぜひ味わっていただきたい美味しさでした。

クリーミーな泡が特徴


特筆すべきはその泡の細かさです。通常のスパークリングワインは3気圧以上のものが多いですが、シャンパンは法律で5気圧以上と定められています。

そして安心院スパークリングワインは約6気圧!気持ちのよいくらいクリーミーな泡がグラスをキラキラと装飾してくれるのです。

ワインのプロたちがこぞって薦める安心院スパークリングワイン、ぜひ一度手に取ってみてくださいね。


安心院葡萄酒工房

お酒と書籍をこよなく愛すワイン好きなライターです。ワインの魅力にとりつかれ、現在ワインエキスパートを目指して勉強中。「ワイン=敷居が高い」という既成概念を壊していきつつ、一緒にワインの楽しさを探っていきましょう。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.