メルシャン、土地・品種・造り手の個性あふれるイタリア産ワイン9品を発売

メルシャン株式会社(社長 横山清)は、土地・品種・造り手の個性あふれる、イタリアらしさを存分に表現したイタリア産ワイン9品を、9月6日(火)より全国で発売します。

近年、国内のワイン市場は好調に拡大を続けており、2015年のワイン課税数量は対前年比+4.8%の37.9万KLで、3年連続で過去最高を更新しました(※1)。 3000年のワイン造りの歴史を持ち、古くから「エノトリア・テルス(ワインの大地)」と呼ばれているイタリアは、ワインの生産地として日本でも広く知られており、イタリア産ワインの2015年の日本国内輸入課税数量はスティルワインが約3.5万KL、スパークリングワインが約6.5千KLで、ともに第3位の輸入国でありワイン伝統国として確固たる地位を確立しています(※2)。

※1課税数量は国税庁発表資料を元に算出。年度は暦年(各年1-12月)。

※2財務省関税局調べによる「ぶどう酒(2L未満)」「スパークリングワイン(2L未満)」の数量推移。

今回発売するイタリア産ワイン9品は、イタリアで古くから栽培されている品種を使い、ブドウが収穫された土地の個性を表現しており、それぞれ異なる魅力を持っています。当社はこれらのワインを新たに発売することにより、イタリア11州・17ブランドのワインを提供することになります。

当社は食とワインのある豊かなライフスタイルを提案し、お客様の選択の幅を広げることでワイン伝統国であるイタリア産のワインの魅力を伝えていきます。 メルシャン株式会社は、ワイン事業スローガン「ワインのおいしい未来をつくる。」のもと、ワインのある豊かな時間を通じて、人と人とのつながりを楽しんでいただけるよう、さまざまな提案を続けていきます。

イタリア産ワイン9品 商品概要

2.販売地域 全国 3.価格 オープン価格

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.