エノテカ、2015年ヴィンテージ・ボルドー・プリムール(ワイン)を販売開始


エノテカ株式会社(本社:東京都港区、社長:櫻井 裕之)は、2016年7月25日(月)正午より、2015年ヴィンテージ・ボルドー・プリムール(ワイン)の販売を開始いたします。なお、この販売に先駆け、クラブエノテカ VISAカード会員様限定の優先販売を行います。【2016年7月18日(月・祝)正午~7月25日(月)午前11時59分(商品の閲覧およびご注文には認証ナンバーが必要です)】

プリムールとは、樽熟成中のワインを限定先行販売する


ボルドー独自の販売システム。
エノテカ株式会社は日本で初めて一般消費者向けのプリムール販売を行ったパイオニアです。
特級シャトーとの直接取引による世界でも最高レベルの品揃えと国際価格による販売。2年後のお引き渡し時、ワインは全てシャトー蔵出しにてご用意。生産者とお客様を最短距離でつなぎ、他では真似のできない最高のコンディションのボトルを提供しております。

“1995年、2005年、2015年。“5”の年は品質の証


力強さ、芳醇さ、緻密さを備えた偉大な年。
ボルドー大学醸造学部の発表で、「最高のヴィンテージとなるための条件を備えた完璧なヴィンテージ」と評された2015年ヴィンテージ。

初夏は雨が少なく水分不足となりましたが、ボルドー特有の秋雨はブドウ樹にとって潤いの雨となり、健全で適熟な状態でのブドウの収穫が可能となりました。例年以上の豊かな果実味と滑らかなタンニン、酸の卓越したバランスが感じられるヴィンテージとなっています。

【弊社での売り出し価格例】
※3本、6本、12本単位でご注文を承ります(商品によっては、1本からの購入も可能です)

◇表資料は添付の関連資料を参照

※価格は常に変動しており、予告なく変更になる場合がございます。
最新の価格・在庫状況は弊社プリムール専門サイトhttp://www.primeur.co.jp

もしくは、エノテカ・オンラインhttp://www.enoteca.co.jpよりプリムール専門サイトに移動できます。

・プリムールのご注文:弊社プリムール専用サイト
http://www.primeur.co.jp

商品についてのお問合せ先
エノテカ・オンライン
TEL 0120-81-3634(10:00-18:00)
FAX 0120-81-3630
E-mail support@enoteca.co.jp
エノテカ・オンライン http://www.enoteca.co.jp

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.