もみもみシャーベットで作る!ワインとカルピスの大人なシャーベット

幼い頃の夏休みは、近所に住むおばあちゃんの家で、ほとんどの時間を過ごしていました。お昼寝をしたら、必ずかき氷を食べさせてもらえたので、かき氷食べたさに必死にお昼寝をしていました。今思い返せば、おばあちゃんの策略だったのかもしれません。

おばあちゃん家で選べるシロップは「カルピス」か「みぞれ」の2択。こどもの私は言うまでもなくカルピス。氷にかけても、見た目に変化がないみぞれには、どうしてもそそられませんでした。

色んな味のかき氷を食べましたが、私の心象風景に浮かぶかき氷はカルピス味。今でも蝉の声を聞くと、無性に食べたくなります。

とは言っても、かき氷器なんて一人暮らしの部屋には置けません。ドン・キ・ホーテに行く度、かき氷器の前で足が止まりますが「買ってもドコに収納するの?そんな場所はありません!」と現実的な自分に叱られて、どうにも買えません。

しかし、そんな私に、解決策が!

先日、カルピスのCMを見ていたら「もみもみシャーベット」という、ジップロックにカルピスを入れて凍らせ、手で揉んでシャーベット状にするという技を紹介していました。

「これでいいじゃん!!なぜ今まで気づかなかったんだ〜」と目から鱗。「かき氷?」と聞かれれば、すこし違う気もしますが、今風に言えば「グラニテ」ですか!?正直もう凍ってくれてさえいれば何でも良いので、カルピスの原液を買って早速凍らせます。

CM通り、簡単にカルピスシャーベット食べる事ができました。

カルピスシャーベットを作るにあたって、インターネットで調べていたら、ワインとカルピスのカクテルがあることを発見。それを凍らしたらワインとカルピスのシャーベットができるなぁ...と、完成イメージが膨らみます。絶対おいしいと確信したので、すぐさま準備開始です。

作り方は、ワインとカルピス(水で薄めたもの)を1:1の割合で混ぜ、お好みでフルーツを入れるだけ。あとは、もみもみシャーベット同様ジップロックに入れて凍らせたら完成です。

せっかくなので、赤と白の両方を作ってみる事にしました。

「お好みでフルーツを」とのことだったので、赤ワインにはパイナップルを、白ワインには白桃をそれぞれ入れました。(2つとも缶詰を使用)甘めが好きなので、缶詰のシロップも少し混ぜてみることにしました。

味は、やっぱり間違いありませんでした。非常においしいです。フルーツ缶のシロップを混ぜたのも大正解。カルピスとフルーツ缶の甘さが効いて非常に食べやすいです。そして、最後にワインの風味が口の中に広がるので、甘さがリセットされ、エンドレスに食べ続けられてしまいます。
  
しかし、あまりの口当たりの良さに、お酒ということを忘れてしまいます。が、まぎれもなくお酒。急激に酔いが回ってきます。かき氷感覚で、お皿に山盛りにして食べちゃいけないんだなと学習。

そして、小さめのジップロックで少量ずつ作れば、ついつい食べ過ぎちゃうのを防止できるなぁというのも学習できました。

ぜひ皆さんも試してみて下さい。

ホームページ | ブログ
1988年広島生まれ。2013年に上京。以来、徒歩10分圏内ですべてが揃う快適生活に魅了されっぱなしのイラストレーター。ワインに対しては、グラスを肘で倒しそうと、リラックスして楽しめない臆病者。優雅に楽しむ自分になれることを期待している。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.