ワイン蒸しにして風味豊かに!甘醤油味の牛しぐれ煮風焼きそば

夏になるとなぜか食べたくなる、焼きそば。海の家の記憶なのか?夏祭りの屋台のイメージなのか?それとも夏の行楽BBQなのか?旬の食材を使っているわけではないし、決して夏らしい料理ではないのに不思議ですね。

数年前、テレビドラマで「焼きそばに合う」と紹介された赤ワインが市場から消える・・・なんてこともありましたが、最近ではソース料理とワインを楽しむのは定番になってきました。 野菜、果物、数種のスパイスをブレンドして作られる調味料。複雑な味わいのソースは、ワインとの親和性が高いのも納得です。果実のニュアンスにはグルナッシュ、スパイスのニュアンスにはシラー、合せるならちょっと飲みごたえのある赤ワインでしょうか。 夏ワインを楽しむなら、ソアーヴェやカタラットなど爽やかな白ワインに合わせ、しらすやシソをちょっとだけ散らした塩焼きそばがお似合いです。ワインの繊細な風味を生かすには、味付けは抑えめ上品な感じに。麺の焼き加減も焦げめパリパリではなく、しっとりふっくら仕上げるのがポイントです。

そしてもう1つ、私のお気に入り夏ワイン焼きそば「甘醤油味の牛しぐれ煮風」なんていかがですか?「麺をワイン蒸し」のひと手間で、風味豊かな上品な味わいに。ほっこり懐かしさを感じる、これぞ日本の味とワイン。気取らない、くつろぎの夕涼みにちょうど良いマリアージュです。

材料:2人分

【材料】

 [難易度] ★★☆☆☆

[調理時間]10分

牛肉 200g(一口大)

タマネギ 1個(横に薄切り)

A しょうゆ 大さじ2

A 砂糖 大さじ1

中華麺 2玉

ワイン(白またはロゼ) 50cc

ミョウガ・シソ 適宜

作り方

【1】フライパンに中華麺、ワインを加え、蓋をして1~2分蒸します。無理やりほぐそうとすると麺が切れてしまいますので、この段階ではいじりません。

 

 

 




【2】蒸した麺はふっくら、自然とほぐれてきます。菜箸で優しくほぐし、一旦取り出します。
 
 
 
 
 





【3】牛肉を炒めます。半分くらい色が変わってきたら、タマネギを加えさっと炒めあわせます。牛肉は加熱しすぎると硬くなってしまうのでご注意を。
 
 
 
 
 
 




【4】Aを加え、タマネギがしんなりするまで煮絡めます。煮汁は麺にもからめたいので、あまり煮詰めすぎないようにしましょう。
 
 
 
 
 





【5】【2】を戻し均一に混ぜ、シソ・ミョウガを散らして完成。


まとめ

風が心地よい日はロゼワインでしっとり、日差しが強い日はロゼスパークリングで爽やかに。どちらもドライ(甘くない)タイプがオススメ。ツルツル、ごくッ。親しみのある味付けとロゼの香り、気分のいい組み合わせです。

赤ワインなら軽めの物を選んで、黒コショウや山椒でほんのちょっと香りをプラス。白ワインなら飲みごたえのある物を、焼きそばの味付けはほんのちょっと薄めに仕上げてみてください。

TAGS

ホームページ | ブログ
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

ワイン初心者の方が抱える悩みや疑問に葉山孝太郎先生がお答えします!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.