ワイン蒸しにして風味豊かに!甘醤油味の牛しぐれ煮風焼きそば

夏になるとなぜか食べたくなる、焼きそば。海の家の記憶なのか?夏祭りの屋台のイメージなのか?それとも夏の行楽BBQなのか?旬の食材を使っているわけではないし、決して夏らしい料理ではないのに不思議ですね。

数年前、テレビドラマで「焼きそばに合う」と紹介された赤ワインが市場から消える・・・なんてこともありましたが、最近ではソース料理とワインを楽しむのは定番になってきました。

野菜、果物、数種のスパイスをブレンドして作られる調味料。複雑な味わいのソースは、ワインとの親和性が高いのも納得です。果実のニュアンスにはグルナッシュ、スパイスのニュアンスにはシラー、合せるならちょっと飲みごたえのある赤ワインでしょうか。

夏ワインを楽しむなら、ソアーヴェやカタラットなど爽やかな白ワインに合わせ、しらすやシソをちょっとだけ散らした塩焼きそばがお似合いです。ワインの繊細な風味を生かすには、味付けは抑えめ上品な感じに。麺の焼き加減も焦げめパリパリではなく、しっとりふっくら仕上げるのがポイントです。

そしてもう1つ、私のお気に入り夏ワイン焼きそば「甘醤油味の牛しぐれ煮風」なんていかがですか?「麺をワイン蒸し」のひと手間で、風味豊かな上品な味わいに。ほっこり懐かしさを感じる、これぞ日本の味とワイン。気取らない、くつろぎの夕涼みにちょうど良いマリアージュです。

材料:2人分


【材料】
[難易度] ★★☆☆☆
[調理時間]10分
牛肉 200g(一口大)
タマネギ 1個(横に薄切り)
A しょうゆ 大さじ2
A 砂糖 大さじ1
中華麺 2玉
ワイン(白またはロゼ) 50cc
ミョウガ・シソ 適宜

作り方


【1】フライパンに中華麺、ワインを加え、蓋をして1~2分蒸します。無理やりほぐそうとすると麺が切れてしまいますので、この段階ではいじりません。







【2】蒸した麺はふっくら、自然とほぐれてきます。菜箸で優しくほぐし、一旦取り出します。










【3】牛肉を炒めます。半分くらい色が変わってきたら、タマネギを加えさっと炒めあわせます。牛肉は加熱しすぎると硬くなってしまうのでご注意を。








【4】Aを加え、タマネギがしんなりするまで煮絡めます。煮汁は麺にもからめたいので、あまり煮詰めすぎないようにしましょう。










【5】【2】を戻し均一に混ぜ、シソ・ミョウガを散らして完成。









まとめ


風が心地よい日はロゼワインでしっとり、日差しが強い日はロゼスパークリングで爽やかに。どちらもドライ(甘くない)タイプがオススメ。ツルツル、ごくッ。親しみのある味付けとロゼの香り、気分のいい組み合わせです。

赤ワインなら軽めの物を選んで、黒コショウや山椒でほんのちょっと香りをプラス。白ワインなら飲みごたえのある物を、焼きそばの味付けはほんのちょっと薄めに仕上げてみてください。

ホームページ | ブログ
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.