夏の風物詩「花火」をイメージしたワイン「ジェイコブス・クリーク かぎや」


梅雨明けして夏らしい日が続いていますね。皆様はいかがお過ごしですか?私の住んでいる街でもつい最近花火大会がありました。夏の花火は華やかで美しいですよね。 今回は日本の夏の風物詩・花火をイメージして造られたオーストラリアのスパークリングワイン「ジェイコブス・クリーク かぎや」をご紹介します。

ジェイコブス・クリーク とは?


オーストラリアを代表するワインブランド「ジェイコブス・クリーク」は世界中で信頼され、その品質の高さで有名ですね。







Overheard in the vineyard, "Okay Monday, let's do this."


Jacobs Creek Wineさん(@jacobscreekwine)が投稿した写真 -





1847年、ジェイコブス・クリークの川岸沿いにヨハン・グランプによって初めてワイナリーが作られました。オーストラリアの土壌と太陽によって育まれた数多くのブドウ品種の魅力を表現するワインを造り続けています。 シラーズやリースリングの産地として名高い「バロッサヴァレー」、高い標高にあり冷涼な気候の「アデレードヒルズ」ではソーヴィニヨンブラン・シャルドネ・ピノノワール、赤い土と地中の石灰質土壌が特徴の「クナワラ」ではプレミアムなカベルネソーヴィニヨンが栽培されています。

ジェイコブス・クリーク かぎや



「ジェイコブス・クリーク」は日本の伝統文化に尊敬の念を持っていることで知られていますね。和食のプロとコラボレーションした“和食がもっと美味しくなるワイン”「ジェイコブス・クリーク わ」シリーズも好評です。 私はいろいろな和食に合わせて楽しんでいます。 昨年に続き今年も発売され人気を博している「ジェイコブス・クリーク かぎや」は、日本の夏の風物詩・花火をスパークリングワインで表現できないかと考えて造られました。 花火が打ち上げられる時の「かぎや~!」のかけ声でもおなじみの1659年創業の宗家花火「鍵屋」とコラボレーションしています。


夜空に弾ける花火の華やかさ、煌めき、多彩な色彩の美しさを表現した「ジェイコブス・クリーク かぎや」は日本限定・夏季限定発売です。

生産地 : オーストラリア 品種 : シャルドネ、ピノノワール タイプ : スパークリングワイン アルコール度数 : 12.5%


美しく輝く麦藁色で、長く続く細やかな泡立ちがきれいなスパークリングワインですね。フレッシュなレモンや優しくラズベリーが香り、焼きたてのパンのような香りもほのかに感じられてとても華やかな印象です。 柑橘の爽やかさにクリーミーさが加わりまろやかな味わいで、後味はすっきりとしています。とてもバランスが良いと思いました。キリリと冷やしていただくと一層美味しく感じられますね。

まとめ


いかがでしたか? 夏の夜のパーティーにも華やかさを演出してくれそうな「ジェイコブス・クリーク かぎや」をぜひ皆様もお試しくださいね。

料理研究家/J.S.A.認定ワインエキスパート・J.S.A.ワイン検定講師/シャンパーニュ委員会プレステージュクラスディプロマ/C.P.A.認定チーズプロフェッショナル/日本野菜ソムリエ協会認定野菜ソムリエ・ベジフルカッティングスペシャリスト。 野菜とワインのマリアージュをテーマに神奈川県湘南の自宅で「Salon de Pinot Yuri」主宰。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.