夏の風物詩「花火」をイメージしたワイン「ジェイコブス・クリーク かぎや」

梅雨明けして夏らしい日が続いていますね。皆様はいかがお過ごしですか?私の住んでいる街でもつい最近花火大会がありました。夏の花火は華やかで美しいですよね。

今回は日本の夏の風物詩・花火をイメージして造られたオーストラリアのスパークリングワイン「ジェイコブス・クリーク かぎや」をご紹介します。

ジェイコブス・クリーク とは?

オーストラリアを代表するワインブランド「ジェイコブス・クリーク」は世界中で信頼され、その品質の高さで有名ですね。

 

Overheard in the vineyard, "Okay Monday, let's do this."

Jacobs Creek Wineさん(@jacobscreekwine)が投稿した写真 -

1847年、ジェイコブス・クリークの川岸沿いにヨハン・グランプによって初めてワイナリーが作られました。オーストラリアの土壌と太陽によって育まれた数多くのブドウ品種の魅力を表現するワインを造り続けています。

シラーズやリースリングの産地として名高い「バロッサヴァレー」、高い標高にあり冷涼な気候の「アデレードヒルズ」ではソーヴィニヨンブラン・シャルドネ・ピノノワール、赤い土と地中の石灰質土壌が特徴の「クナワラ」ではプレミアムなカベルネソーヴィニヨンが栽培されています。

ジェイコブス・クリーク かぎや

「ジェイコブス・クリーク」は日本の伝統文化に尊敬の念を持っていることで知られていますね。和食のプロとコラボレーションした“和食がもっと美味しくなるワイン”「ジェイコブス・クリーク わ」シリーズも好評です。 私はいろいろな和食に合わせて楽しんでいます。

昨年に続き今年も発売され人気を博している「ジェイコブス・クリーク かぎや」は、日本の夏の風物詩・花火をスパークリングワインで表現できないかと考えて造られました。 花火が打ち上げられる時の「かぎや~!」のかけ声でもおなじみの1659年創業の宗家花火「鍵屋」とコラボレーションしています。 夜空に弾ける花火の華やかさ、煌めき、多彩な色彩の美しさを表現した「ジェイコブス・クリーク かぎや」は日本限定・夏季限定発売です。

生産地 : オーストラリア

品種 : シャルドネ、ピノノワール

タイプ : スパークリングワイン

アルコール度数 : 12.5%

美しく輝く麦藁色で、長く続く細やかな泡立ちがきれいなスパークリングワインですね。フレッシュなレモンや優しくラズベリーが香り、焼きたてのパンのような香りもほのかに感じられてとても華やかな印象です。

柑橘の爽やかさにクリーミーさが加わりまろやかな味わいで、後味はすっきりとしています。とてもバランスが良いと思いました。キリリと冷やしていただくと一層美味しく感じられますね。

まとめ

いかがでしたか? 夏の夜のパーティーにも華やかさを演出してくれそうな「ジェイコブス・クリーク かぎや」をぜひ皆様もお試しくださいね。

料理研究家/J.S.A.認定ワインエキスパート・J.S.A.ワイン検定講師/シャンパーニュ委員会プレステージュクラスディプロマ/C.P.A.認定チーズプロフェッショナル/日本野菜ソムリエ協会認定野菜ソムリエ・ベジフルカッティングスペシャリスト。 野菜とワインのマリアージュをテーマに神奈川県湘南の自宅で「Salon de Pinot Yuri」主宰。

おすすめの記事

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

マッシュルームは生でも食べられる!生マッシュルームサラダの作り方

マッシュルームは、ヨーロッパでよく使われている定番のキノコで、ホワイトマッシュルームは、えぐ味が少なく食感も繊細で、唯一生のまま食べられるキノコです。スライスしてグリーンサラダに混ぜたり、サンドイッチやピザのトッピングとしても人気です。今回はマッシュルームの独特な歯ごたえと旨味が楽しめるように、ホワイトマッシュルームを生のまま使ったおつまみレシピをご紹介します。

世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」ってどんなワイン?

チリワインは、カジュアルなデイリーワインとして注目を浴びています。2015年には、日本への輸入量が本場フランス産を抜いて1位となり、チリワインの存在感が一段と高まってきています。今回は、数あるチリワインの中でも、世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」についてご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.