映画「ぶどうのなみだ」を見て、自然の中で飲むワインの美味しさに気付く!

私は、ひとりの時間を楽しむのが好きなタイプな人間なのですが、「映画を観ながらワインを飲む」というのが、楽しい時間の過ごし方の上位にあります。

楽しい時間は映画を選ぶところから始まっています。

早起きしなくて良い日の前夜、近所のレンタルショップで気分に合う作品を念入りに選びます。狭い店内をグルグルと何周もして、ピンッとくる作品に出会えた時は、謎な達成感があります。

その足で、おつまみを買いにスーパーへ。この日は値段を気にせず、食べたいと思ったものを好きなだけ買って良いというルールにしているので、毎日行くスーパーも楽しく感じられます。
         

ルンルン気分で帰宅をして、いつ眠ってしまっても良いようにお風呂を済ませれば、お楽しみ時間のはじまりです。

今回、選んだ映画は「ぶどうのなみだ」というワイン作りをテーマにした作品。

ストーリーは、かつて夢をめざして東京へ出た主人公が、夢破れて故郷に戻り、“黒いダイヤ”と呼ばれる葡萄、ピノ・ノワールの醸造には励んでいるが、なかなか理想のワインができず悩む日々を過ごしている。そんなある日、キャンピングカーに乗った女性が突然現れ、静かな日々に変化が起こり出す・・・。というようなものです。

ストーリー自体も、ほっこりと温かい気持ちになれる、ステキなものでした。でも、それ以上に美味しそうな料理とワインがステキで心惹かれました。作中、何度もキャンピングカーの前に机を出して、食事をしているシーンがあるのですが、とっても気持ちが良さそうで「私もやりたい!」という気持ちにさせられました。

でも、面倒くさがり屋な私。サクッと良いトコ取りして満喫できないかな?と頭をひねります。

そのシーンをいいなぁと思った一番の理由は、“自然の中”でワインと美味しい食べ物を食べているところ、ならば自然があれば良い。じゃあ、公園でいいんじゃない!?

なんだか、すごく歪んだ答えに行き着いたように思いましたが、後日、ワインとおつまみを持って、大きめの公園へ出掛けました。
    

木陰にあるベンチに座って、ワインを飲みます。不思議と味まで変わるんですね。いつも飲むワインが美味しく感じました。映画で見たシーンとは大幅に違いますが、青空の下で涼しい風にふかれながら、ワインを飲むとそれだけで楽しかったです。

ひとり時間を楽しむ過ごし方が、ひとつ増えました。

ホームページ | ブログ
1988年広島生まれ。2013年に上京。以来、徒歩10分圏内ですべてが揃う快適生活に魅了されっぱなしのイラストレーター。ワインに対しては、グラスを肘で倒しそうと、リラックスして楽しめない臆病者。優雅に楽しむ自分になれることを期待している。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.