ピリッと爽やかな和風チーズ「わさびカマンベール」の作り方

夏場は冷えたスパークリングや白ワインを飲むことも多いと思います。そんな時、おつまみに、ピリっとアクセントが効いたチーズはいかがでしょうか? 今回ご紹介するレシピは、手頃なカマンベールチーズをオリジナルのわさびカマンベールに変身させた「わさびカマンベール」です。

簡単に作れるので、ぜひ挑戦してみて下さい。

材料:作りやすい分量

カマンベールチーズ 1個

わさび漬け 40g程

醤油 少々

作り方

【1】カマンベールは30分ほど冷凍庫にいれて固くし横半分に切る。

【2】スプーンで中身をくりぬく。

【3】中身とわさび漬け、醤油 少々混ぜる。

【4】くりぬいたところに【3】を詰めて、切り口をくっつけてもとの形に戻す。

柔らかい状態なので冷蔵庫でしっかり冷やしてから切り分けるのがポイントです。急ぎで切りたい場合は冷凍庫に30分程入れると良いです。

わさび漬けは、わさびの茎や葉を塩漬けにしたもの、酒粕に砂糖や調味料を混ぜたもので、スーパーでも売られています。また、わさびの名産地 静岡や長野等でもお土産でも売られてます。

また、かまぼことの相性も良いので、かまぼこフラワーの作り方もご紹介しておきます。一緒に盛り付けても可愛いですよ。

かまぼこフラワーの作り方

紅白かまぼこを薄く切って少し重ねて縦に長く置く。

端から巻いていく。

下の部分をパスタを刺してとめる。

まとめ

わさびカマンベールは、スパークリング、白ワイン、辛口のロゼに合いますし、和柑橘系の程よい酸味の甲州はわさび味とぴったり寄り添います。また、爽やかな軽いソーヴィ二ヨンブランとも相性抜群です。

わさび漬けは酒粕とわさびのW効果で生活習慣病の予防にもなり、美肌効果や、食欲増進の効果もあります。食欲が落ちる夏にはピッタリですね。

チーズの中のわさびの茎や葉がシャキシャキとして良いアクセントとなり、食感を楽しむことができます。わさび漬けのオリジナルのカマンベール、日本酒にも合いますが、是非ワインで楽しんでください。

ホームページ | ブログ
料理研究家。東京世田谷で少人数料理教室サロン・ド・ルージュを主宰。日本ソムリエ協会認定ソムリエ、利き酒師、栄養士。身近な旬の食材で家庭でも作りやすい料理を提案。 お酒全般好きで、ワインも大好き。 得意料理は家にある食材でササっと作るお酒のおつまみ。 家に人が集まる機会が多く、家ワインとおつまみで楽しんでます。

おすすめの記事

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.