ピリッと爽やかな和風チーズ「わさびカマンベール」の作り方

夏場は冷えたスパークリングや白ワインを飲むことも多いと思います。そんな時、おつまみに、ピリっとアクセントが効いたチーズはいかがでしょうか?

今回ご紹介するレシピは、手頃なカマンベールチーズをオリジナルのわさびカマンベールに変身させた「わさびカマンベール」です。

簡単に作れるので、ぜひ挑戦してみて下さい。

材料:作りやすい分量


カマンベールチーズ 1個
わさび漬け 40g程
醤油 少々

作り方


【1】カマンベールは30分ほど冷凍庫にいれて固くし横半分に切る。







2】スプーンで中身をくりぬく。










【3】中身とわさび漬け、醤油 少々混ぜる。










【4】くりぬいたところに【3】を詰めて、切り口をくっつけてもとの形に戻す。









柔らかい状態なので冷蔵庫でしっかり冷やしてから切り分けるのがポイントです。急ぎで切りたい場合は冷凍庫に30分程入れると良いです。

わさび漬けは、わさびの茎や葉を塩漬けにしたもの、酒粕に砂糖や調味料を混ぜたもので、スーパーでも売られています。また、わさびの名産地 静岡や長野等でもお土産でも売られてます。


また、かまぼことの相性も良いので、かまぼこフラワーの作り方もご紹介しておきます。一緒に盛り付けても可愛いですよ。

かまぼこフラワーの作り方


紅白かまぼこを薄く切って少し重ねて縦に長く置く。









端から巻いていく。










下の部分をパスタを刺してとめる。









まとめ


わさびカマンベールは、スパークリング、白ワイン、辛口のロゼに合いますし、和柑橘系の程よい酸味の甲州はわさび味とぴったり寄り添います。また、爽やかな軽いソーヴィ二ヨンブランとも相性抜群です。

わさび漬けは酒粕とわさびのW効果で生活習慣病の予防にもなり、美肌効果や、食欲増進の効果もあります。食欲が落ちる夏にはピッタリですね。

チーズの中のわさびの茎や葉がシャキシャキとして良いアクセントとなり、食感を楽しむことができます。わさび漬けのオリジナルのカマンベール、日本酒にも合いますが、是非ワインで楽しんでください。

ホームページ | ブログ
料理研究家。東京世田谷で少人数料理教室サロン・ド・ルージュを主宰。栄養士。身近な旬の食材で家庭でも作りやすい料理を提案。 お酒全般好きで、ワインも大好き、自称、飲むリエ。 得意料理は家にある食材でササっと作るお酒のおつまみ。 家に人が集まる機会が多く、家ワインとおつまみで楽しんでます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.