パリの伝統と日本の食材を融合させた「ゴントラン・シェリエ」の味噌セーグル

フランス・パリで国民的人気をほこるブーランジェリー「ゴントラン・シェリエ(Gontran cherrier)」の日本1号店である「ゴントラン・シェリエ渋谷店」に行ってきました。

渋谷の宮益坂下の角にあるオシャレなパン屋さんです。パリや日本以外にシンガポールや韓国にも店舗があり、世界中にパンの魅力を発信しています。

パンの種類は豊富で、人気No.1のクロワッサンなどの定番商品から、季節に合わせた新作商品まで多彩なラインナップが揃い、パン好きたちを魅了し続けています。

ワインにあわせたいおすすめのパン


それでは、ワインにあわせてほしいパンをご紹介ます。

「Pain de Seigle au miso (味噌セーグル) ハーフ」220円

フランスのお店でも創業時より人気のある味噌セーグル。シェフが提案する、パリの伝統的なパンと日本の食材を融合させた「伝統と革新の詰まったパン」といえるでしょう。

素朴なライ麦パンに、発酵食品である味噌を加えることで、より複雑な香りと味わいを醸しだしています。芳ばしい香りと、味噌の風味、塩味とほのかな甘み。かみしめるほどに色々な味わいが口の中に広がります。コーヒーを少量まぜこんでいて、色と風味に深みを加えています。複雑な味わいのする赤ワインとあわせると良いと思います。

チーズやパテとあわせてもいいですが、日本のお惣菜とも相性が良さそうです。私は、クリームチーズに味噌と青しそをまぜたパテをぬり、軽くトーストしていただきました。クリーミィーなチーズと味噌の風味、程よい塩味がワインにあう一品です。

いかすみバゲット 250円

いかすみを練りこんだ真っ黒な生地にブラッククミンがたっぷり掛かっていて、プチプチとした爽やかな食感がアクセントになっています。サーモンやエビなど魚介との相性がよいので、白ワインやロゼ、シャンパンなどとあわせたいバゲットです。

バゲット・トラディション・プチ 130円

ゴントラン氏が長年かけて育てた自家製酵母をパリから持ち込み、低温長時間発酵して作ったバゲットは皮しっかりと固く、中の生地はもっちりとしています。シンプルな小麦の味わいが楽しめ、どんなお料理にもあいます。

クロワッサン 180円

一番人気!看板メニューのクロワッサンは一層一層が美しく折り重なっています。外側はさっくりと軽やかで、中はモッチリ。鼻腔からぬけるミルキーなバターの香とコク、ほんのりとした甘味もちょうどよく、毎朝たべたくなる本場パリの味わいです。

まとめ


日本の食材を取り入れたパンや、季節を感じさせる限定メニューを常に開発しメニューにのせているゴントラン・シェリエ。モーニングからディナーまで、その日の気分とワインにあわせて自分好みのパンをチョイスできるパン屋さんです。

今回は渋谷店に訪れましたが、東京以外にも名古屋、福岡、仙台など全国に店舗があるのでお近くの方はぜひ訪れてみて下さい。

GONTRAN CHERRIER shibuya
ゴントラン・シェリエ 渋谷店
住所:渋谷区渋谷1-14-11 BCサロン
電話:03-6418-9581
営業時間:7:30~21:00 不定休
http://www.gontran-cherrier.jp

ホームページ | ブログ
おもてなしイタリアン・フレンチ料理教室 CARPE DIEMを南青山にて主宰。飲食店のメニュー開発やレシピ提供をはじめ、企業様の料理教室の講師など、様々な食の分野で活躍中。健康と美容・アンチエイジングを意識したレシピ作りも提案している。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.