白カビに包まれたクリーミーな青カビチーズを知っていますか?

白カビのクリーミーな風味と、青カビのピリッとした刺激。その両方が一度に味わえるチーズをご存知ですか?

見た目は白カビチーズですが、ナイフを入れると青カビが現れるこの不思議なチーズは、フランスやドイツで造られています。日本のスーパーでも時々見かけますが、このチーズが生まれた経緯や、名前の由来がちょっと面白いので、ご紹介したいと思います。

「BRESSE BLUE」 ブレス・ブルー(フランス産)

世界一の地鶏(肉)とも言われる「ブレス鶏」で有名なフランス・ブレス地方で造られています。

ブレス地方はスイスやイタリアの国境にも近く、この地の人々は昔からイタリアの青カビチーズ「ゴルゴンゾーラ」を輸入して食していましたが、第二次世界大戦中に手に入らなくなったため、自分たちで造り始めたことから、このチーズが出来上がったと言われています。

尚、「ブレス・ブルー」とは商標で、チーズの正式名称は「ブルー・ド・ブレス」、つまりブレス地方の青カビチーズという意味です。

原料乳は牛乳。直径約7センチ、高さ約4.5センチほどのこぶりなチーズで、表皮にはうっすらと白カビが生えており、中身には青カビが点在しています。生クリームを添加して造られているので、乳脂肪分がチーズ固形分量中の55%と通常の白カビチーズより10%程高く、カットして数分おくだけで中身が流れ出てくるほどクリーミーなチーズです。

「CAMBOZOLA」 カンボゾーラ(ドイツ産)

出典:http://themightycheeseboard.blogspot.jp/

ドイツ全域で造られています。名前は白カビチーズの「カマンベール」と青カビチーズの「ゴルゴンゾーラ」を掛け合わせてできた造語で、世界的に人気のこの2つのチーズを掛け合わせ、もっと美味しいチーズを造ろうとしたことが始まりです。

「ブレス・ブルー」同様、牛乳に生クリームを添加して造られており、表皮は白カビに覆われ、中身には青カビが所々生えています。サイズは、直径約24センチ、高さ約4センチと比較的大きな円盤形なので、日本ではカットして販売されていることがほとんどです。乳脂肪分は「ブレス・ブルー」よりさらに高い70%以上で、バターのような風味です。ドイツの甘口ワインととても良く合います。

まとめ

「ブレス・ブルー」も「カンボゾーラ」も青カビ特有の刺激は少なく、穏やかな味わいなので、青カビチーズ初心者には大変おすすめです。白カビチーズのミルキーさと、青カビチーズの塩辛さが相まった独特の風味は、そのまま食べてももちろん美味しいですが、シンプルなチーズピッツアにしてもとても美味しいので、是非一度お試し下さい。

TAGS

ワインコーディネーター。大学では仏文学を学び、渡仏。帰国後は都内屈指のワイン専門店に十数年勤務。現在は主にワインに関連するイベントや飲食店等のプロデュースを行う。JSA公認ワインアドバイザー。

おすすめの記事

ワイン初心者の方が抱える悩みや疑問に葉山孝太郎先生がお答えします!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.