白カビに包まれたクリーミーな青カビチーズを知っていますか?

白カビのクリーミーな風味と、青カビのピリッとした刺激。その両方が一度に味わえるチーズをご存知ですか?

見た目は白カビチーズですが、ナイフを入れると青カビが現れるこの不思議なチーズは、フランスやドイツで造られています。日本のスーパーでも時々見かけますが、このチーズが生まれた経緯や、名前の由来がちょっと面白いので、ご紹介したいと思います。

「BRESSE BLEU」 ブレス・ブルー(フランス産)


世界一の地鶏(肉)とも言われる「ブレス鶏」で有名なフランス・ブレス地方で造られています。

ブレス地方はスイスやイタリアの国境にも近く、この地の人々は昔からイタリアの青カビチーズ「ゴルゴンゾーラ」を輸入して食していましたが、第二次世界大戦中に手に入らなくなったため、自分たちで造り始めたことから、このチーズが出来上がったと言われています。

尚、「ブレス・ブルー」とは商標で、チーズの正式名称は「ブルー・ド・ブレス」、つまりブレス地方の青カビチーズという意味です。

原料乳は牛乳。直径約7センチ、高さ約4.5センチほどのこぶりなチーズで、表皮にはうっすらと白カビが生えており、中身には青カビが点在しています。生クリームを添加して造られているので、乳脂肪分がチーズ固形分量中の55%と通常の白カビチーズより10%程高く、カットして数分おくだけで中身が流れ出てくるほどクリーミーなチーズです。

「CAMBOZOLA」 カンボゾーラ(ドイツ産)


出典:http://themightycheeseboard.blogspot.jp/

ドイツ全域で造られています。名前は白カビチーズの「カマンベール」と青カビチーズの「ゴルゴンゾーラ」を掛け合わせてできた造語で、世界的に人気のこの2つのチーズを掛け合わせ、もっと美味しいチーズを造ろうとしたことが始まりです。

「ブレス・ブルー」同様、牛乳に生クリームを添加して造られており、表皮は白カビに覆われ、中身には青カビが所々生えています。サイズは、直径約24センチ、高さ約4センチと比較的大きな円盤形なので、日本ではカットして販売されていることがほとんどです。乳脂肪分は「ブレス・ブルー」よりさらに高い70%以上で、バターのような風味です。ドイツの甘口ワインととても良く合います。


まとめ


「ブレス・ブルー」も「カンボゾーラ」も青カビ特有の刺激は少なく、穏やかな味わいなので、青カビチーズ初心者には大変おすすめです。白カビチーズのミルキーさと、青カビチーズの塩辛さが相まった独特の風味は、そのまま食べてももちろん美味しいですが、シンプルなチーズピッツアにしてもとても美味しいので、是非一度お試し下さい。

ワインコーディネーター。大学では仏文学を学び、渡仏。帰国後は都内屈指のワイン専門店に十数年勤務。現在は主にワインに関連するイベントや飲食店等のプロデュースを行う。JSA公認ワインアドバイザー。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.