大戸屋で1人飲み。定食とワインでお腹も大満足!!

私はチェーン店が大好きです。ひとりで入りやすかったり、安定感のある美味しさだったりと、理由は沢山あるのですが、何より子供の頃から何度も口にしているからか、無性にあの店のあれが食べたい!と、発作的に体が求めるのです。

学生時代の外食の大半は、マックやファミレスでしたが、大人になってからは、定食屋に頻繁に行くようになりました。特にお気に入りなのが「大戸屋」です。

一時期、ダイエット教室でアルバイトをしていたのですが、そこでは毎日の食事をノートに書いて提出する決まりがあり、「疲れて帰ってまで、バランスを考えた自炊なんてムリ!!」と思っていた私は、お昼休憩の際、近所にあった大戸屋に通い、そこでバランスのとれた食事を摂取していました。

でも、お昼ごはんでお金を使用してしまう分、夜ごはんはほぼ抜き。「一日を通してのバランスはとれていたのか?」と問いつめられたら、何も言い返せませんが、そのおかげか、グングン体重は減っていきました。

そんな思い出のある大戸屋。足繁く通っただけあって、しっかりと味が舌に記憶され、定期的に食べたくなる存在になりました。


先日、大戸屋でメニューを見ていると、アルコールのページにワインの文字。初めてワインがあることを知りました。「定食屋でワインなんて、頼んだ事ないなぁ、合うのかな?」と思いながらも、注文はしませんでした。が、やっぱり気になったので、ワインを注文することを決めて、再度食べに行きました。
        
ワインは赤と白の2種類。私は白を選択。先にワインを決めたら定食のページをパラパラ。行く前は、いつものお決まりを注文しようと思ったのですが、白ワインを飲むと思ったら、さっぱりと食べたいなぁという気持ちに、「梅チキンサラダ定食」へ予定変更です。

ワインは250mlサイズのボトルで出てきます。グラスもキンキンに冷やされていて、非常にありがたい!味は、さっぱりとしていて飲みやすいです。猛暑の中を歩いて、カラッカラになった喉に染み渡ります。飲みやすさプラス喉の乾きで、グラスに注ぐ手が止まりません。


ボトルが空になる前に、梅チキンサラダ定食が運ばれてきたので一安心。さっそく、梅と大根おろしをたっぷり乗せたチキンカツを一口。そのままワインを飲めば、間違いありません!予想通り、とっても相性が良くておいしいです。
  
定食とワインを一緒に食べるなんて、考えたこともありませんでしたが、ワインがプラスされるだけで、定食の食べ方が少し変わって、案外いいもんだなぁと思いました。大戸屋は一人客の女性が多いので、一人でさくっと飲んで帰りたい日には、丁度良いと思いました。

ホームページ | ブログ
1988年広島生まれ。2013年に上京。以来、徒歩10分圏内ですべてが揃う快適生活に魅了されっぱなしのイラストレーター。ワインに対しては、グラスを肘で倒しそうと、リラックスして楽しめない臆病者。優雅に楽しむ自分になれることを期待している。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.