ワイン初心者はチェック!赤ワインと白ワインの違いを言えますか?

はじめに


ワインを飲み始めた頃、赤ワインと白ワインの違いを考えたことはありませんか?まずは、見た目で分かる違いといえば、ワインの色ですね。

ワインの色の違いは視覚で判断できるので分かりやすい違いです。では、このワインの色の違いは、「使用されているブドウの違いとワインの造り方が違うから」という、違う理由まで知っていましたか?

ということで、今回は赤ワインと白ワインの違いについてご紹介いたします。

赤ワインは楽しみ方がたくさん


ワインを造る時に使用されるブドウには、皮が黒っぽい「黒ブドウ」と、皮が緑っぽい「白ブドウ」があります。

赤ワインは黒ブドウを使用して皮と種を一緒に果汁を絞り取り、一緒に漬けこむことで、皮の色素成分が果汁に染み出して魅力的な赤色を出しているわけです。これが赤ワインが赤い理由です。

また、赤ワインは熟成によって、味わいや香りに複雑性と奥行きが生まれます。ただし、全ての赤ワインに複雑性や奥行きが生まれ、魅力的な味わいに変化するわけではありません。

そもそもワインには、そのワインが最もおいしくなる「飲み頃」と言われる時期があり、熟成に向かない早飲みタイプのワインもあります。それぞれ飲み頃を知る事でワインを美味しく楽しむことができます。

ポリフェノールについても、白ワインより赤ワインのほうが圧倒的に多く含まれるのも特徴の1つです。

白ワインは初心者向き?


白ワインは白ワインは葡萄の皮や種を除いて絞り取った果汁だけで造ります。皮と種を抜いた状態で、発酵が行われるため、発酵の際に液体に果皮の色が移らないのです。

また、白ワインは飲みごろの温度も低めのモノが殆どです。アルコール度数も低いものが多く、味はフルーツに例えると桃や林檎に似た味わいのワインが多く見られます。

白ワインは、ワインの渋み成分であるタンニンが微量なので、赤ワインよりも口当たりが滑らかです。ワインが少し苦手という人や、ワイン初心者の方には、白ワインの方が飲みやすいのではないでしょうか?

白ワインで長期熟成するタイプのものは、赤ワインに比べると少ないです。長期熟成に必要なタンニンやポリフェノールが熟成には必要となるため、長期熟成のタイプのワインはほとんどが赤ワインです。

ワイン愛好家には赤好きが多い?


ワイン愛好家の方は、圧倒的に赤ワインを好む傾向にあります。これは長期熟成できる楽しみと、複雑な味わいにあります。

赤ワインはブドウの皮や種ごと発酵させるため、白ワインに比べて味わいや香りが複雑になり、奥行きのあるワインに仕上がります。また、白ワインにはない、長年飲み続けることによって感じられる旨みやコクなど様々な味が楽しめるのも赤ワインです。

若いワインと熟成させたワインとの味の違いや、タンニン、渋みも含めて、圧倒的に赤ワインの方が語れる事が多いので、ワイン愛好家たちに愛されるのではないでしょうか。

まとめ


赤ワインと白ワインには、様々な違いがある事が分かったと思います。視覚から判断できることだけはなく、製造方法まで違うということは意外と忘れがちです。

赤ワイン、白ワインの比較から、今度は生産国での比較まで....様々な国の赤ワイン、白ワインを飲み比べて、ワインをもっと楽しんでみて下さい。

かつてはワイン関連の商社にて幅広い業務に携わり、世界のワイン、ワイングッズに触れる。週末は子育てに奮闘する中、晩酌にワインは欠かしません。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.