チーズのような味わい!簡単・塩豆腐でヘルシー&コスパ最高のカプレーゼ

先日、実家に帰ったときに、姉が塩豆腐なるものを作って出してくれました。

その味わいはまるでモッツアレラチーズ!と家族みんなでおいしく食べました。この塩豆腐、ネットではすでに話題の料理のようです。もとは豆腐でも味わいがチーズとなれば、ワインとの相性ももちろん◎です。

豆腐は女性に嬉しいイソフラボンが摂れたり、お値段も手頃だったりと、嬉しいことだらけですね。

そこで今回は塩豆腐のカプレーゼのレシピをご紹介したいと思います。簡単・ヘルシー・コスパ最高のおつまみです。

材料:3~4人分


豆腐(絹でも木綿でも) 1丁
塩豆腐用の塩 小さじ1/2
トマト 2個
バジル 適量
オリーブオイル 大さじ1~2
塩、こしょう 適量

作り方


【1】塩豆腐を作る。豆腐に塩を振って、全体に刷り込み、キッチンペーパーで包んで、ラップなどせずに冷蔵庫に一晩入れておく。豆腐の容器をそのまま使うと楽です。









【2】出来上がった塩豆腐を厚さ1㎝程度に切る。トマトも同様に1㎝程度に切り、塩豆腐と交互に並べて、バジルを添えて、オリーブオイル、塩、こしょうをふって完成。







塩豆腐に使う豆腐は絹でも木綿でもどちらでも大丈夫です。絹だとなめらかな口当たりが美味しいですし、木綿はしっかりしているので扱いやすく、初心者さんにも安心かと思います。

塩加減はお好みで増減して大丈夫ですが、個人的には塩分の摂取量なども考えると、1丁の豆腐に対して小さじ1/2(3g)程度がちょうどいいのかなと思います。

また、切り方は大きく切らなくても、一口大に切って、ごろごろっとカジュアルに並べてもいいですね。

モッツアレラチーズに合わせるイメージで


塩豆腐で作ったカプレーゼに合わせるワインは、モッツアレラチーズに合わせるイメージで選ぶとよさそうです。さっぱりした味わいの料理なので、軽めの白がいいですね。

カプレーゼといえばイタリア!なので、イタリアのワインを合わせてみてもよさそうですし、豆腐といえば日本!ということで、日本のワインと合わせてみてもいいですね。

塩豆腐だけでもおいしいおつまみになりますので、このおいしさ、未体験の方はぜひ気軽に挑戦してみて下さいね!

ホームページ | ブログ
健康・美容も意識しながら、お酒と おいしい料理で楽しく食事をすることが大好きなフリーランスの管理栄養士。大好きな食器と色彩を活かして、料理をよりおいしく見せる工夫を考えながら企業向けレシピ開発等を行っている。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.