チーズのような味わい!簡単・塩豆腐でヘルシー&コスパ最高のカプレーゼ

先日、実家に帰ったときに、姉が塩豆腐なるものを作って出してくれました。

その味わいはまるでモッツアレラチーズ!と家族みんなでおいしく食べました。この塩豆腐、ネットではすでに話題の料理のようです。もとは豆腐でも味わいがチーズとなれば、ワインとの相性ももちろん◎です。

豆腐は女性に嬉しいイソフラボンが摂れたり、お値段も手頃だったりと、嬉しいことだらけですね。 そこで今回は塩豆腐のカプレーゼのレシピをご紹介したいと思います。簡単・ヘルシー・コスパ最高のおつまみです。

材料:3~4人分

豆腐(絹でも木綿でも) 1丁

塩豆腐用の塩 小さじ1/2

トマト 2個

バジル 適量

オリーブオイル 大さじ1~2

塩、こしょう 適量

作り方

【1】塩豆腐を作る。豆腐に塩を振って、全体に刷り込み、キッチンペーパーで包んで、ラップなどせずに冷蔵庫に一晩入れておく。豆腐の容器をそのまま使うと楽です。

【2】出来上がった塩豆腐を厚さ1㎝程度に切る。トマトも同様に1㎝程度に切り、塩豆腐と交互に並べて、バジルを添えて、オリーブオイル、塩、こしょうをふって完成。

塩豆腐に使う豆腐は絹でも木綿でもどちらでも大丈夫です。絹だとなめらかな口当たりが美味しいですし、木綿はしっかりしているので扱いやすく、初心者さんにも安心かと思います。

塩加減はお好みで増減して大丈夫ですが、個人的には塩分の摂取量なども考えると、1丁の豆腐に対して小さじ1/2(3g)程度がちょうどいいのかなと思います。

また、切り方は大きく切らなくても、一口大に切って、ごろごろっとカジュアルに並べてもいいですね。

モッツアレラチーズに合わせるイメージで

塩豆腐で作ったカプレーゼに合わせるワインは、モッツアレラチーズに合わせるイメージで選ぶとよさそうです。さっぱりした味わいの料理なので、軽めの白がいいですね。

カプレーゼといえばイタリア!なので、イタリアのワインを合わせてみてもよさそうですし、豆腐といえば日本!ということで、日本のワインと合わせてみてもいいですね。

塩豆腐だけでもおいしいおつまみになりますので、このおいしさ、未体験の方はぜひ気軽に挑戦してみて下さいね!

ホームページ | ブログ
健康・美容も意識しながら、お酒と おいしい料理で楽しく食事をすることが大好きなフリーランスの管理栄養士。大好きな食器と色彩を活かして、料理をよりおいしく見せる工夫を考えながら企業向けレシピ開発等を行っている。

おすすめの記事

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.