世界に通用するオリーブを栽培する香川県のオリーブ園「創樹」を訪問


ワインの定番おつまみのひとつに「オリーブの塩漬け」がありますが、日本人ではあまり馴染みの深い食材ではありません。国内で販売されているオリーブもヨーロッパからの輸入品が多く、国内の生産量は僅かです。

しかし、日本でも一部の地域でオリーブの栽培がおこなわれているのをご存知ですか?それは、瀬戸内海の真ん中に浮かぶ小豆島です。

小豆島が属する香川県は、夏は雨が少なく、冬は温暖で雨量が多いため、地中海性気候に似た瀬戸内海式気候がオリーブ栽培に適しています。また、瀬戸内海式気候に属する岡山県もオリーブの栽培が盛んな地域があります。

今回、香川県本土でオリーブを栽培する有限会社「創樹」さんを訪問してきました。

住宅地にあるオリーブ園


「創樹」は、1928年頃、松の盆栽園からスタートしました。そして、20年ほど前から観賞用のオリーブを育てはじめ、8年前からは食用も栽培し、自社で収穫、オリーブ加工品の製造、販売まで行っています。

保有するオリーブの木は10000本以上です。栽培面積が13ヘクタールほどあり、収穫用の木は5500本くらいです。会社の周りのオリーブ園だけではなく、県内に点在する休耕田でも栽培しています。鑑賞用の木は卸売市場を通して全国の花屋さんで売られます。

また、個人宅やお店でも植えられますが、関東では非常に人気が高い樹木です。オリーブの木は挿し木にして増やしていき、出荷できるまで小さい木で2年、大きい物だと10年以上掛かるそうです。

盆栽仕立てのオリーブも人気だとか。

食用の実を収穫


10月からは収穫が始まります。全て手摘みで粒を揃えての収穫は気が抜けません。11月からは早摘みのグリーンオリーブから作られるオリーブ油「ストロング」、塩漬けオリーブ「塩蔵」が販売されます。

塩漬けオリーブ「塩蔵」は、摘みたてのオリーブ果実の香り、食感、みずみずしい風味を楽しむことが出来ます。また、ワインなどお酒のおつまみ、ごはんのお供、お茶漬けにもピッタリです。

今回、塩漬けオリーブ「塩蔵」でワイン会のシメのメニューとして、おにぎりを作ってみました。国産のオリーブはお米との相性も抜群です。

オリーブとチーズのおにぎりの作り方


【材料 2人分】
ご飯 茶碗2杯分
グリーンオリーブの実 6個
プロセスチーズ 20g

【作り方】
【1】オリーブの実とチーズを約7mm角に切る。
【2】ごはんに混ぜておにぎりにして、黒胡椒をふりかける。

チーズ他にナッツ、アンチョビも合うので、いろいろな具材で作ってみてくださいね。

まとめ


オリーブの木は美しく、食用としても人気があります。出荷されるオリーブの木が日本各地に植えられて、一つの文化になっていることを感じました。

「創樹」さんでは、オリーブ盆栽、国産オリーブの塩漬け、オリーブ油などなど魅力的な品がたくさん作られています。

また、今や料理には欠かせないオリーブオイルは、オリーブジャパン2015オリーブオイルコンテストでは金賞を受賞しています。

また、アメリカで行われる世界最大級のオリーブオイル品評会「ロサンゼルス国際オリーブオイルコンテスト」では銀賞を受賞し世界に通用する本物のオリーブオイルを生産しているので、気になる方はオンラインショップをのぞいてみて下さい。

オンラインショップ


INFORMATION
創樹
住所:香川県高松市国分寺町新居1964-5
TEL: 087-813-8387
http://www.souju.co.jp/

ホームページ
料理研究家/フードコーディネーター/チーズプロフェッショナル/ワインエキスパート
本郷台駅徒歩3分の自宅にて「パン&料理教室 サロンドファリーヌ」を主催。自家製酵母パン、ドイツパンについても研究を深めている。パン屋さんを巡ることがライフワーク。

おすすめの記事

旅するアルメニアワイン輸入者The Ancient World代表「田村公祐」さんインタビュー

世界最古のワインというとジョージア(グルジア)を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はアルメニアも、ジョージアと並んで世界最古のワイン生産地といわれています。ワインの文化は、フランスやイタリアなどヨーロッパだけでなく、中近東にも魅力が詰まっているみたいですね。 今回は中近東各地を年に何度も訪問し、自身でオリエンタルワインを輸入する田村公祐さんにお話を伺いました。

駅近1分。オシャレ着・手ぶらで行ける「CARVINO(カルヴィーノ)」で本格イタリアンBBQと限定ワインを味わおう!

東京ドームアトラクションズをバックに背の高い木々に囲まれて、本格イタリアンBBQ広場「CARVINO(カルヴィーノ)」が2017年6月10日(土)にオープンしました。オープンに先駆けた先行イベントに参加してきましたので、その様子をご紹介します。

ソムリエがテイスティングして飲み比べ!デイリーワインで人気の動物ラベル3種、それぞれのお味は?

今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、白ワイン3種類を飲み比べてみました。いずれもチリ産で、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.