野菜の上からそのままかける!夏野菜で作る簡単バーニャカウダ風

本日のメニューは、イタリア料理でお馴染みのバーニャカウダ。アンチョビを溶かしたオイルベースのソースの野菜につけて食べる、野菜のオイルフォンデュのようなアンティパストです。

バーニャはソース、カウダは温かいという意味で、冬の鍋とも呼ばれているそうですが、どうしてこの暑い時期に温かいソースなのかと言うと、私はこのソースで食べる夏野菜が大好きなんです!

スティック野菜を添えて上品に盛り付けるのが一般的なスタイルですが、お家でカジュアルに楽しむなら、そのままザクザク食べる方が気分いい。そんなわけで、本日はバーニャカウダの"すっぴん"スタイルをご紹介します。夏野菜をモリモリ食べながら、白ワインをグビグビいっちゃってください!

材料:2人分

[難易度] ★★☆☆☆

[調理時間]10分

ズッキーニ 1本

パプリカ(赤・黄) 各1/2個

アンチョビフィレ 3枚

ニンニク 1片

オリーブオイル 大さじ2

塩 小さじ1/5

作り方

【1】ズッキーニは皮をしましまにむいて1cm幅の輪切りに、パプリカは種をとって食べやすい大きさにカットします。もちろんパプリカは1色だけでもOK!オレンジでもOK!オリーブオイルを熱し、カットした野菜を中火で焼きます。

【2】まずは2~3分、焼き色がつくまでそのままじっと待ち、一度返します。何度も返したり無用に触りすぎると、野菜の旨みが出てしまいます。香ばしい焼き威をがついたら塩をふり、器に盛りつけます。

【3】ニンニク・アンチョビフィレを粗みじんに刻みます。【2】で残ったオイルに加え、焦がさないように弱火でゆっくり炒めます。ニンニクが香ばしく色づいたら、【2】にかけて完成♪

定番のジャガイモやキャベツ、エリンギやマッシュルーム、ほろ苦いチコリやカブもオススメ!ちょっと肌寒くなってきたら、仕上げに生クリームをプラスして、マイルドでコクのあるソースを楽しむのもいいですね。

合わせるワイン

合せるワインのイチオシはゲヴュルツトラミネール。フランスアルザス地方の代表的な白で、イタリア・ドイツ・オーストリアでもとてもポピュラーな品種です。ゲヴュルツって覚えてね。

ドイツやオーストリアでは遅摘みや貴腐化で甘口ワインが造られていますが、今回の料理に合わせたいのは引き締まった辛口タイプ。豊かなアロマの中に爽やかな苦みがあり、これが野菜のエグミと合せると甘味に変わるから不思議。軽やかだけれど、どこか大人の組み合わせです。

TAGS

ホームページ | ブログ
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

ワイン初心者の方が抱える悩みや疑問に葉山孝太郎先生がお答えします!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.