厳選された素材で作る!吉祥寺の隠れ家的パン屋さん「ダンディゾン」

出典:cuoio-erikosanada.com

毎年、「住みたい街ランキング」の上位にランクインする吉祥寺に、秘密基地のような、超有名なパン屋さんがあるのをご存知ですか? 吉祥寺北口から喧騒を抜けて歩くこと10分。小路を進むと大きな菩提樹が見えてきます。小さな看板横の階段をおりた地下一階にあるパン屋さんが「ダンディゾン」です。

 内観は既存のパン屋さんのイメージと画し、ギャラリーのようにシンプルでスタイリッシュな空間が広がっています。 そして、宝石のように美しく並べられたパンたちに魅了されます。 看板メニューの食パンも洗練された雰囲気。

店名である「Dans Dix ans(ダンディゾン)」は、フランス語で「10年後」を意味します。常に10年後を意識し、上を見て美味しさを追求していく...10年後も変わらず訪れてもらえるように。と、店名に想いがつめられています。

毎日食べるパンだからこそ「おいしく、体に優しい」をコンセプトに、素材にこだわり保存を目的としない製法で、少量ずつこまめに焼き上げています。

ワインが飲みたくなる絶品パン

素材選びにとことんこだわり、シンプルなおいしさを追求したダンディゾンのパンの中から、「ワインと合わせたい絶品パン」をご紹介します。 パン・オ・ノア 420円

口に入れた瞬間、ローストされたクルミの香ばしさがひろがります。カリッと心地よい食感とかみしめるほどに小麦の奥深い味わいが楽しめ、フルボディワインとも相性の良いパンです。 ヴィヴィ 240円

水分多めのもっちりと生地に、グリーンオリーブがたっぷり練りこまれていて、酸味と塩味、オリーブの香が後をひくおいしさ。ワインをのみたくなるお酒にぴったりのパンです。 フッシュ 250円

北海道小麦に京都の名店とようけ豆腐山本の豆乳を加え、ゆっくりと熟成させ焼き上げたオリジナルバゲット。豆乳の優しい甘味と風味が感じられ、さっくりとした軽い仕上がりの皮とふんわり柔らかな生地。優しい味わいのバゲットです。 グラッパ(小) 250円

ラム酒に一晩漬け込んだオーガニックレーズンをたっぷり混ぜこみ、フルーティーで香り高いパン。生地はふんわり、もちもち。ゴルゴンゾーラチーズや山羊のチーズなどとあわせると甘味と塩味のバランスが素晴らしく、ワインをより華やかにしてくれそうです。 カンパーニュビオ(1/4) 300円

北海道小麦きたのかおりを石臼挽きした全粒粉を100%使用したカンパーニュ。皮は厚くしっかりし、芳ばしい小麦の香が広がる。しっかりと焼かれた小麦の甘味や苦みが旨みとなり、あとひく美味しさ。噛みごたえのある皮とは反対に中の生地はしっとり、ふんわりとしていて優しく、素朴な粉の旨みが感じられるカンパーニュです。

最後に

素材にこだわり、食べる人の安全と安心を常に考えているダンディゾン。

どのパンも塩分や糖分は控えめ。生地の食感と風味は素晴らしく、素材を生かしたパン作りをしていることがわかりました。土壌がはぐくむ粉の旨みと作り手の心意気。極上のワインとともに味わってみてください。

贈り物やおもたせにもオススメです。吉祥寺散歩に行かれる際は是非ダンディゾンに足を運んでみてください。次回からは、ダンディゾンを訪れるために吉祥寺に行きたくなると思いますよ。

ダンディゾン公式サイト

Dans Dix ans(ダンディゾン) 住所:武蔵野市吉祥寺本町2-28-2 TEL:0422-23-2595 営業時間:10:00~18:00  定休日:火曜日・水曜日

ホームページ | ブログ
おもてなしイタリアン・フレンチ料理教室 CARPE DIEMを南青山にて主宰。飲食店のメニュー開発やレシピ提供をはじめ、企業様の料理教室の講師など、様々な食の分野で活躍中。健康と美容・アンチエイジングを意識したレシピ作りも提案している。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.