厳選された素材で作る!吉祥寺の隠れ家的パン屋さん「ダンディゾン」

出典:cuoio-erikosanada.com

毎年、「住みたい街ランキング」の上位にランクインする吉祥寺に、秘密基地のような、超有名なパン屋さんがあるのをご存知ですか?

吉祥寺北口から喧騒を抜けて歩くこと10分。小路を進むと大きな菩提樹が見えてきます。小さな看板横の階段をおりた地下一階にあるパン屋さんが「ダンディゾン」です。

出典:macaro-ni.jp

内観は既存のパン屋さんのイメージと画し、ギャラリーのようにシンプルでスタイリッシュな空間が広がっています。


そして、宝石のように美しく並べられたパンたちに魅了されます。

看板メニューの食パンも洗練された雰囲気。

店名である「Dans Dix ans(ダンディゾン)」は、フランス語で「10年後」を意味します。常に10年後を意識し、上を見て美味しさを追求していく...10年後も変わらず訪れてもらえるように。と、店名に想いがつめられています。

毎日食べるパンだからこそ「おいしく、体に優しい」をコンセプトに、素材にこだわり保存を目的としない製法で、少量ずつこまめに焼き上げています。

ワインが飲みたくなる絶品パン


素材選びにとことんこだわり、シンプルなおいしさを追求したダンディゾンのパンの中から、「ワインと合わせたい絶品パン」をご紹介します。

パン・オ・ノア 420円
口に入れた瞬間、ローストされたクルミの香ばしさがひろがります。カリッと心地よい食感とかみしめるほどに小麦の奥深い味わいが楽しめ、フルボディワインとも相性の良いパンです。

ヴィヴィ 240円
水分多めのもっちりと生地に、グリーンオリーブがたっぷり練りこまれていて、酸味と塩味、オリーブの香が後をひくおいしさ。ワインをのみたくなるお酒にぴったりのパンです。

フッシュ 250円
北海道小麦に京都の名店とようけ豆腐山本の豆乳を加え、ゆっくりと熟成させ焼き上げたオリジナルバゲット。豆乳の優しい甘味と風味が感じられ、さっくりとした軽い仕上がりの皮とふんわり柔らかな生地。優しい味わいのバゲットです。

グラッパ(小) 250円
ラム酒に一晩漬け込んだオーガニックレーズンをたっぷり混ぜこみ、フルーティーで香り高いパン。生地はふんわり、もちもち。ゴルゴンゾーラチーズや山羊のチーズなどとあわせると甘味と塩味のバランスが素晴らしく、ワインをより華やかにしてくれそうです。

カンパーニュビオ(1/4) 300円
北海道小麦きたのかおりを石臼挽きした全粒粉を100%使用したカンパーニュ。皮は厚くしっかりし、芳ばしい小麦の香が広がる。しっかりと焼かれた小麦の甘味や苦みが旨みとなり、あとひく美味しさ。噛みごたえのある皮とは反対に中の生地はしっとり、ふんわりとしていて優しく、素朴な粉の旨みが感じられるカンパーニュです。

最後に


素材にこだわり、食べる人の安全と安心を常に考えているダンディゾン。

どのパンも塩分や糖分は控えめ。生地の食感と風味は素晴らしく、素材を生かしたパン作りをしていることがわかりました。土壌がはぐくむ粉の旨みと作り手の心意気。極上のワインとともに味わってみてください。

贈り物やおもたせにもオススメです。吉祥寺散歩に行かれる際は是非ダンディゾンに足を運んでみてください。次回からは、ダンディゾンを訪れるために吉祥寺に行きたくなると思いますよ。

ダンディゾン公式サイト


Dans Dix ans(ダンディゾン)
住所:武蔵野市吉祥寺本町2-28-2
TEL:0422-23-2595
営業時間:10:00~18:00 
定休日:火曜日・水曜日

ホームページ | ブログ
おもてなしイタリアン・フレンチ料理教室 CARPE DIEMを南青山にて主宰。飲食店のメニュー開発やレシピ提供をはじめ、企業様の料理教室の講師など、様々な食の分野で活躍中。健康と美容・アンチエイジングを意識したレシピ作りも提案している。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.