ヨーグルトワインダイエットで、めざせ楽して-3kg!!

お盆に里帰りをしてきました。毎年夏と冬には地元に帰省しているのですが、帰省すると、家族をはじめ親戚なども「一人暮らしでは、満足にごはんを食べてないに違いない!」と思っているらしく「遠慮せずに、お腹いっぱい食べなさい」と、沢山のごちそうを振る舞ってくれます。

それは、とても嬉しく、非常にありがたいのですが、体重増加を避けては通れません。日に日に鏡に映る自分が丸みを帯びていくことに、気づかないフリができなくなります。

そして案の定、東京へ戻る頃には3kgも太っていました。何度も体重計に乗ってみましたが、間違いありません。増えた体重を目の当たりにすると、やっぱりヘコみます。しかも家族は「一人暮らしに戻ったら、すぐ痩せるから大丈夫よ」と軽く聞き流すだけ。

確かに少し前までは、一人暮らしに戻ればすぐに体重は元通りになりました。ですが、近頃は一人暮らしに戻っても、なかなか体重が減らなくなってきているのです。

なので、この度も減る兆しが全く見えません。これは、早急に手を打たなければ!!さっそく、楽して痩せれる方法を探します。

探してみると、「ヨーグルトワインダイエット」という見慣れないワードを発見。興味がそそられたので、詳しく調べてみます。ヨーグルトワインは、その名の通りヨーグルトに少量のワインを混ぜたもの。

ですが、ヨーグルトの乳酸菌とワインの抗酸化作用がダイエットに効果的。またダイエットだけでなく、ヨーグルトとワインそれぞれにカリウムが豊富に含まれているため、高血圧の原因となるナトリウムを体外に追い出し、血圧をさげてくれます。さらにアルコールで血液循環が良くなり、冷え性改善もできちゃうという、至れり尽くせりな効果があるとのこと!!

こんなお手軽に痩せられて、しかも健康に良いなんて!こんなに素晴らしいことはありません。さっそくヨーグルトとワインを用意して、準備開始です。

作り方は、ヨーグルト100gに対して赤ワイン大さじ2杯。それを混ぜれば完成です。味の想像が全く付きませんが、まずは一口。ヨーグルトの酸味と赤ワインの苦みがマッチして、意外とおいしいです。でも、少し食べ辛いなぁというのが正直な感想。

ですが、アレンジに蜂蜜を加えると、さらにおいしいと書かれていたので、蜂蜜を試しに加えてみました。やっぱり蜂蜜の力は偉大です。甘みが少しあるだけで全然違います。食べやすくなって、とてもおいしいです。

アレンジ方法は他にも、レモン汁と塩こしょうを加えてドレッシング、牛乳や豆乳を加えてジュースにしたりと、何種類かありました。

なんでも、食事の前に食べると効果的だそうで、これからしばらくの間、食前に食べて、増えた体重を早急に落とそうと思います。でも、おいしさを求めるあまり、蜂蜜を入れ過ぎてしまうのだけが心配です。

ホームページ | ブログ
1988年広島生まれ。2013年に上京。以来、徒歩10分圏内ですべてが揃う快適生活に魅了されっぱなしのイラストレーター。ワインに対しては、グラスを肘で倒しそうと、リラックスして楽しめない臆病者。優雅に楽しむ自分になれることを期待している。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.