「キッチンのハズバンド」と呼ばれるチーズ!グラナ・パダーノとは?

「イタリアチーズの王様」と称されるパルミジャーノ・レッジャーノ。そのまま食べて美味しいのはもちろん、ピッツアやパスタ、スープ等の料理にも大活躍するチーズとして世界中で人気です。

そのパルミジャーノ・レッジャーノに形も味もそっくりな「グラナ・パダーノ」というチーズが、同じイタリアで造られているのをご存知ですか?

日本ではパルミジャーノ・レッジャーノの影に隠れてあまり知られていないようですが、実は大変お買い得なチーズなのでご紹介したいと思います。

GRANA PADANO(グラナ・パダーノ)


原料乳:牛乳
タイプ:ハード(超硬質)タイプ
生産地:イタリア北部のピエモンテ州やロンバルディア州 など

「グラナ・パダーノ」は、イタリアD.O.P.(※)チーズの中で最も生産量の多いチーズです。グラナは「粒」や「粒子」という意味で、パダーノは生産地であるポー河流域のパダーノ平野の名前です。チーズ側面に刻印されるチーズ名とマークを除けば、外観はパルミジャーノ・レッジアーノにそっくりです。

製法もパルミジャーノ・レッジアーノとほぼ同じです。部分脱脂した牛乳から造られるので、チーズ固形分量中の脂肪分が約32%と、ハードタイプのチーズにしては低めです。イタリアではどこの家庭にも必ずストックされていると言われており、「キッチンのハズバンド」という異名があります。

パルミジャーノ・レッジャーノとの違い



「パルミジャーノ・レッジアーノ」と「グラナ・パダーノ」では何が違うのでしょうか?

まず、生産地域に違いがあります。グラナ・パダーノはパルミジャーノ・レッジアーノよりも広い地域で作られています。

また、グラナ・パダーノは発酵調整材(卵白リゾチーム)の使用が認められています。そして、最もわかりやすい違いは熟成期間です。パルミジャーノ・レッジアーノの熟成期間が最低12ヶ月間であるのに対して、グラナ・パダーノは最低9ヶ月間の熟成で出荷されます。

よって、一般的には熟成期間の短いグラナ・パダーノの方が塩味・旨味ともにパルミジャーノ・レッジアーノよりや優しく控えめであると言えます。これらの理由から、通常グラナ・パダーノはパルミジャーノ・レッジアーノより約2〜3割安い価格で販売されているのです。

まとめ


グラナ・パダーノはパルミジャーノ・レッジアーノの代替え品と言われた時期もありましたが、1996年にはD.O.P.(※)を取得していますし、厳しい品質管理のもとに造られているチーズです。

また、同じグラナ・パダーノでも9ヶ月以上熟成させたしっかりとした旨みのあるものや、添加物を使用せずに造られたものも存在します。

そういう訳で、私はグラナ・パダーノを見かけたら必ず購入し、冷蔵庫にストックするようにしています。パルミジャーノ・レッジアーノより安価なので、いつも気兼ねなく料理の仕上げにたっぷりと使用しています。

※EUの品質認証システムの一つで、製法や産地を保護するものの中で認証条件が最も厳しい「原産地名称保護」の略。

ワインコーディネーター。大学では仏文学を学び、渡仏。帰国後は都内屈指のワイン専門店に十数年勤務。現在は主にワインに関連するイベントや飲食店等のプロデュースを行う。JSA公認ワインアドバイザー。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.