家で本場の味が楽しめる!トップバリュの「ワールドダイニング えびとムール貝のアヒージョ」

旅先で食べた”あの味”を、自宅で気軽に楽しめると人気の「トップバリュ ワールドダイニング」。3月に発売されたアジアシリーズに続き、新たなラインナップとして「ヨーロッパシリーズ」が仲間入りしました。

ヨーロッパシリーズは、イタリア、ロシア、ハンガリー、フランス、イギリス、スペインの豊富なラインナップ!スペイン料理研究家の私が注目したのは、「えびとムール貝のアヒージョ(398円・税別)」です。

スペインバルで人気急上昇中のアヒージョですが、自宅で料理している方は意外と少ないのが現状。アヒージョは通常、カスエラという直火にかけられる器で作るのですが、日本ではあまり手軽に購入することができない・・・これが一番の壁でした。でもこの商品は冷凍、しかもレンジで加熱するだけなのです!これは魅力的!

袋を開けると大きな具がゴロゴロ!見てください、この具だくさんっぷり!一緒にミックススパイスの小袋も入っています。

オリーブオイルは別に用意します。50ccを計量し、付属のミックススパイスを加えさっと混ぜます。冷凍の商品ですが、このスパイスは粉末状なのですぐに溶けてくれました。試しにペロリ、ガーリックとオニオンのきいた、しっかりインパクトのある味です。

ここに凍ったままの具を入れ、軽く混ぜます。ラップをして、レンジ加熱(500wなら5分)すれば完了!こんなに簡単でいいのでしょうか?

気になるお味は?


ぷりっぷりのエビと、味しみしみのムール貝とマッシュルーム、そして何より感動したのがブロッコリー!冷凍のブロッコリーはふにゃふにゃとした食感が残念なんだよなぁと思っていたら、このアヒージョに入ってるブロッコリーは歯ごたえあってビックリ!

味付けと香りはとっても華やか。本場の味をうまく取り入れつつ、単純に再現するのではなく、日本の食卓に並ぶ他の料理との相性を考えた味付けに調整されている・・・すごくよく計算された商品だと思います。

しっかり味なので、パスタを絡めた使い方もできます。パスタはお好みで、ショートでもロングでも。ごはんに混ぜてリゾットにするものオススメ。生クリームをプラスして、バーニャカウダのようなソーシにしてアレジを楽しめます。

見た目も味も手抜き感がないので、妥協したくない時の強い味方。何と言っても冷凍ですから。気兼ねなくストックしておけるのが嬉しいですよね。おもてなしの機会が増えるこれからのシーズン、大活躍してくれそうです。

世界を旅する食卓 ワールドダイニング


まとめ


とっても華やかな香りのアヒージョなので、ワインはシンプな飲みごたえのCAVAがお似合い。シュワシュワ、パクパク、ゴクゴク。すっきりドライでハツラツとした元気な泡に包まれ、PARTY気分を楽しんじゃいましょう。

ホームページ | ブログ
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.