「サントネージュ エクセラント 牧丘倉科畑収穫」の新ヴィンテージが登場

アサヒビールは、サントネージュワインが山梨県に所有する自社畑「牧丘 倉科畑」で収穫したブドウを使用した「サントネージュ エクセラント 牧丘 倉科畑収穫」の新ヴィンテージを9月27日(火)から数量限定で発売します。

新ヴィンテージは、「カベルネ・ソーヴィニヨン」が2014年、「シャルドネ」は2015年。昨年はエノテカでの限定販売でしたが、新ヴィンテージとなる「シャルドネ2015」は販売チャネルを拡大し、「アサヒショップ」に加え、業務用市場でも販売します。

サントネージュワインでは、1979年より、山梨県山梨市の牧丘町に約1haの自社畑を所有しています。倉科畑は、山梨県山梨市牧丘町倉科にある富士山を望む標高750mの南向きの斜面にあり、日当たり、水はけが良く、日中の寒暖差が大きいため着色が良い粒の小さいワインに適したぶどうが収穫できます。

カベルネソーヴィニヨン


「サントネージュ エクセラント 牧丘 倉科畑収穫カベルネ・ソーヴィニヨン2014」は、牧丘町倉科畑で栽培され厳選したぶどうを100%使用しています。カベルネ・ソーヴィニヨン種を主体に、18ヶ月の樽熟成を行っています。外観は深みのあるガーネット色で、プラムやカシスのような果実の香りと樽由来の甘い香りが調和しています。豊かな香り、心地よい酸味と、なめらかなタンニンが印象的な端正なワインです。

2006年よりカベルネ・ソーヴィニヨンとシャルドネをヨーロッパなどのワイン銘醸地で主流な垣根栽培(※2)に全て改植し栽培してきました。
2015年9月に『サントネージュ エクセラント 牧丘 倉科畑収穫』のファースト・ヴィンテージを発売しました。

シャルドネ


「サントネージュ エクセラント 牧丘 倉科畑収穫シャルドネ2015」は、牧丘町倉科畑で栽培され厳選したぶどうを100%使用しています。気温の低い夜中にぶどうを収穫するナイトハーベスト(※3)という特別な収穫方法を採用しています。

シャルドネ種100%で、澄んだ黄緑色、グレープフルーツやパッションフルーツのような軽快でフレッシュな香りに、やわらかな樽香が調和しています。爽やかな酸味と豊かなボディ感のバランスが良いワインです。

(※1)日本ワインとは、原料ぶどうに国産ぶどうを100%使用して製造したワインです。
(※2)ぶどうの栽培方法には大きく分けて棚栽培と垣根栽培があります。主な違いはぶどうの枝を伸ばす方向にあり、棚栽培では枝を水平方向に伸ばすのに対し、垣根栽培では枝を垂直方向に伸ばします。垣根栽培は棚栽培に比べて、1本の木から収穫されるブドウの数が少ないことから、ワイン用として良質な凝縮感の高いブドウが得られると言われます。
(※3)夜が明けないうちに収穫する収穫方法です。気温が上がらないうちに収穫し、ぶどうが酸化しないうちに仕込み、ぶどうのアロマを最大限に活かします。高級白ワインに用いられます。

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.