「サントネージュ エクセラント 牧丘倉科畑収穫」の新ヴィンテージが登場

アサヒビールは、サントネージュワインが山梨県に所有する自社畑「牧丘 倉科畑」で収穫したブドウを使用した「サントネージュ エクセラント 牧丘 倉科畑収穫」の新ヴィンテージを9月27日(火)から数量限定で発売します。

新ヴィンテージは、「カベルネ・ソーヴィニヨン」が2014年、「シャルドネ」は2015年。昨年はエノテカでの限定販売でしたが、新ヴィンテージとなる「シャルドネ2015」は販売チャネルを拡大し、「アサヒショップ」に加え、業務用市場でも販売します。

サントネージュワインでは、1979年より、山梨県山梨市の牧丘町に約1haの自社畑を所有しています。倉科畑は、山梨県山梨市牧丘町倉科にある富士山を望む標高750mの南向きの斜面にあり、日当たり、水はけが良く、日中の寒暖差が大きいため着色が良い粒の小さいワインに適したぶどうが収穫できます。

カベルネソーヴィニヨン


「サントネージュ エクセラント 牧丘 倉科畑収穫カベルネ・ソーヴィニヨン2014」は、牧丘町倉科畑で栽培され厳選したぶどうを100%使用しています。カベルネ・ソーヴィニヨン種を主体に、18ヶ月の樽熟成を行っています。外観は深みのあるガーネット色で、プラムやカシスのような果実の香りと樽由来の甘い香りが調和しています。豊かな香り、心地よい酸味と、なめらかなタンニンが印象的な端正なワインです。

2006年よりカベルネ・ソーヴィニヨンとシャルドネをヨーロッパなどのワイン銘醸地で主流な垣根栽培(※2)に全て改植し栽培してきました。
2015年9月に『サントネージュ エクセラント 牧丘 倉科畑収穫』のファースト・ヴィンテージを発売しました。

シャルドネ


「サントネージュ エクセラント 牧丘 倉科畑収穫シャルドネ2015」は、牧丘町倉科畑で栽培され厳選したぶどうを100%使用しています。気温の低い夜中にぶどうを収穫するナイトハーベスト(※3)という特別な収穫方法を採用しています。

シャルドネ種100%で、澄んだ黄緑色、グレープフルーツやパッションフルーツのような軽快でフレッシュな香りに、やわらかな樽香が調和しています。爽やかな酸味と豊かなボディ感のバランスが良いワインです。

(※1)日本ワインとは、原料ぶどうに国産ぶどうを100%使用して製造したワインです。
(※2)ぶどうの栽培方法には大きく分けて棚栽培と垣根栽培があります。主な違いはぶどうの枝を伸ばす方向にあり、棚栽培では枝を水平方向に伸ばすのに対し、垣根栽培では枝を垂直方向に伸ばします。垣根栽培は棚栽培に比べて、1本の木から収穫されるブドウの数が少ないことから、ワイン用として良質な凝縮感の高いブドウが得られると言われます。
(※3)夜が明けないうちに収穫する収穫方法です。気温が上がらないうちに収穫し、ぶどうが酸化しないうちに仕込み、ぶどうのアロマを最大限に活かします。高級白ワインに用いられます。

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

旅するアルメニアワイン輸入者The Ancient World代表「田村公祐」さんインタビュー

世界最古のワインというとジョージア(グルジア)を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はアルメニアも、ジョージアと並んで世界最古のワイン生産地といわれています。ワインの文化は、フランスやイタリアなどヨーロッパだけでなく、中近東にも魅力が詰まっているみたいですね。 今回は中近東各地を年に何度も訪問し、自身でオリエンタルワインを輸入する田村公祐さんにお話を伺いました。

駅近1分。オシャレ着・手ぶらで行ける「CARVINO(カルヴィーノ)」で本格イタリアンBBQと限定ワインを味わおう!

東京ドームアトラクションズをバックに背の高い木々に囲まれて、本格イタリアンBBQ広場「CARVINO(カルヴィーノ)」が2017年6月10日(土)にオープンしました。オープンに先駆けた先行イベントに参加してきましたので、その様子をご紹介します。

ソムリエがテイスティングして飲み比べ!デイリーワインで人気の動物ラベル3種、それぞれのお味は?

今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、白ワイン3種類を飲み比べてみました。いずれもチリ産で、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.