デバイスタイルから-スリムタワー型ワインセラーが新発売

deviceSTYLEワインセラーの新ラインナップとして、スリムタワー型ワインセラー「CD-7X」を9月23日より販売いたします。

スリムタワー型ワインセラー「CD-7X」は、昨年3月に発売し好評を博したコンパクトワインセラー「CD-7」の後継モデルです。

スリムタワー型ワインセラーの主な特徴は、設置面積が僅か0.079㎡と設置場所を選びません。横幅も15cmのスリムボディーとなっており、僅かなスペースさえあれば設置可能です。また、内部の各種パーツを見直すことで、性能面を大幅にブラッシュアップしました。

設置場所を選ばず、デッドスペースにも設置可能、ボディデザインは生活の中に自然に溶け込むようスタイリッシュに仕上げました。ガラス扉には、保温効果の高いペアガラスを使用し、設定温度帯域は9~18℃まで1℃きざみの温度設定が可能です。視認性の高いホワイトLED表示、LED庫内灯など基本機能も充実しています。 初心者から2台目のセラーをお求めの上級者まで、幅広い層にお使いいただける省スペース型のセラーです。

製品仕様

型名:CD-7X

収納本数:7本

定格内容量:23L

外形寸法:150mm(幅)×535mm(奥行)×825mm(高さ) ※突起物除く

本体質量:約16.1kg

電源コード長:約1.8m

定格消費電力:70W

冷却方式:ペルチェ方式

使用温度環境:10~30℃ ※上記範囲内でご使用の場合、冷却能力は使用環境温度よりおよそ-14℃です。 庫内温度設定範囲:9~18℃(1℃きざみ)

※加温機能はありません。  

付属品:ドアハンドル、ワイン棚(7枚)、転倒防止用留め具、取扱説明書

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.