チェダーチーズだけじゃない!イギリスとアイルランドのナチュラルチーズ


ナチュラルチーズと言えば、フランス産、イタリア産、そして最近はスペイン産も人気です。これらの国は、ワイン造り同様、チーズ造りも古い歴史があり、造られているチーズの種類も大変豊富です。

では、同じヨーロッパでもイギリスはどうでしょうか?

イギリスのチーズと言えばチェダーチーズくらいしか知らないという方も多いかもしれませんが、実はイギリスでも素晴らしいナチュラルチーズが造られています。

今回は、イギリスとそのお隣のアイルランドの代表的なナチュラルチーズをご紹介したいと思います。

イギリスのチーズの歴史


イギリスは北海道より北に位置しますが、メキシコ湾からやってくる暖流と偏西風により、夏は涼しく冬は暖かい海洋性気候の国です。国土の大部分は農地と牧草地で、昔はチーズ造りが大変盛んだったと言われています。しかし、鉄道が敷かれ、近代化が進むと同時にチーズを造る農家は激減しました。

近年は伝統あるチーズ造りが再び見直され、生産者も増えてきましたが、ヨーロッパの主要チーズ生産国に比べて、EUの品質認証(原産地名称保護)を取得しているイギリス産チーズはまだまだ少ないと言えます。

代表的なイギリスのナチュラルチーズ

出典:http://londonerusa.com/

West Country Farmhouse Cheddar Cheese
(ウェスト・カントリー・ファームハウス・チェダー・チーズ)

原料乳は牛乳。世界中で造られているチェダーはそのほとんどが工場生産であるのに対して、こちらはイギリス南西部のサマーセット州など定められた4州で、伝統的な製法で造られたものに限定されます。日本で販売されているチェダーはオーストラリアやニュージーランド産、もしくはイギリスで工場生産されたものがほとんどで、本家本元のこのチェダーはあまり見かけません。

出典:http://www.dairyreporter.com/

Blue Stilton Cheese
(ブルー・スティルトン・チーズ)

エリザベス女王の大好物とも言われているブルーチーズ。原料乳は牛乳で、フランスのロックフォール、イタリアのゴルゴンゾーラと共に世界三大ブルーチーズの一つです。ピリッとした青カビ特有の刺激と濃厚でねっとりとした舌触りが特徴です。

アイルランドのチーズ


長くイギリスの植民地であったアイルランドのチーズは、チェダーの製法で造られているものが中心です。


Porter (ポーター)
原料乳は牛乳。チェダーの製法のチーズにアイルランドの黒ビール「ポーター」を混ぜ込んで造られています。黒ビールがチーズの隙間に浸透したマーブル模様の個性的な見た目ですが、味はほのかに苦みを感じる程度で大変食べやすいチーズです。

おわりに


いかがでしたか?

今回ご紹介したイギリスやアイルランドのチーズは、ワインと合わせても美味しいですが、同じ地方(国)で造られているウイスキーや黒ビールとも大変相性が良いのでおすすめです。是非一度お試し下さい。

ワインコーディネーター。大学では仏文学を学び、渡仏。帰国後は都内屈指のワイン専門店に十数年勤務。現在は主にワインに関連するイベントや飲食店等のプロデュースを行う。JSA公認ワインアドバイザー。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.