アレンジを加えてワインやビールのおつまみに!枝豆ペペロンチーノの作り方

今回紹介するレシピは「枝豆のペペロンチーノ」です。美味しく茹でた枝豆をひと手間加えてワインのおつまみに仕上げましょう

枝豆は大豆なので豆と野菜の両方の栄養的特徴を持った栄養価が高い野菜と言えます。 タンパク質、ビタミンB1、カリウム、食物繊維、鉄分などを豊富に含んでいます。

また、肝機能の働きを助ける働きがあり、飲み過ぎや二日酔いを抑える働きがあるのですよ。しかも、体内の水分量を調節し、むくみの解消にも効果的です。

鮮度のよい枝豆はさやが緑色で、産毛がびっしりと付いていて、産毛が立っています。茶色い物は避けましょう。

次に、美味しい茹で方を紹介します。

枝豆の茹で方


枝豆は、塩分濃度が4%のとき、最もおいしく感じるといいます。4%は枝豆が持っている甘味を引き出す濃度なのです。塩分濃度を4%にするためには、水1リットルにつき40gの塩を使います。

【1】枝豆を洗い、端をキッチンばさみなどで切り落とします。こうするとさやの中にも塩味がつきます。

【2】ボウルに枝豆を入れ、40gの塩の中から10gを加えて揉みこみます。産毛や表面の汚れなども落とし、サヤの色を綺麗な緑色に仕上がります。

【3】水1リットルに残りの塩30gを加えて沸騰させ、塩もみした枝豆を塩ごと加えて2~3分茹でます。ゆで加減は好みなので、柔らかいのが好きな場合はもう少し長く茹でましょう。

【4】茹であがったらザルにあげ、うちわなどであおいで冷まします。水っぽくなるので水に漬けるのは避けましょう。

ゆであがった枝豆を冷凍しておくこともできますよ。では、茹でた枝豆をペペロンチーノに仕上げましょう。

材料:2人分


枝豆 1袋(約130g)
鷹の爪 1本
ガーリックパウダー 小さじ1/4
オリーブ油 大さじ1/2
黒胡椒 適量
粉チーズ 適量
【下準備】
・枝豆は端を切り落とす。
・水に対して塩を4%加えて沸騰させ、枝豆を茹でる。(上記の茹で方参照)
・鷹の爪は二つに割って種を取りのぞく。

作り方


【1】フライパンにオリーブ油、鷹の爪、ガーリックパウダーを入れ、弱火で加熱しながら香りを出して火を止める。

【2】茹でた枝豆を入れ、絡ませるようにまぜる。

【3】器に盛り付け、好みで黒胡椒、粉チーズをふる。

ワインは赤、白、ロゼのフレッシュでフルーティーなものがおすすめです。赤ワインも軽く冷やして合わせてみてくださいね。

ホームページ
料理研究家/フードコーディネーター/チーズプロフェッショナル/ワインエキスパート
本郷台駅徒歩3分の自宅にて「パン&料理教室 サロンドファリーヌ」を主催。自家製酵母パン、ドイツパンについても研究を深めている。パン屋さんを巡ることがライフワーク。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.