ヘルシーおつまみ!きのこペーストで食欲の秋を思いっきり楽しもう!

すっかり涼しくなり、秋がやってきました。秋は芋や栗、さんまや鮭などのおいしい食材が旬を迎えますね。その中の一つ、きのこは人工栽培によって一年中手にすることができる食材ですが、本来の旬は秋です。

今回はそんなきのこをたっぷり使ったヘルシーなおつまみをご紹介します。
特別な調理道具がなくても作れるように、今回はブレンダーを使わずに包丁で作ってみました。ヘルシーでありながら、うまみたっぷりのおいしいおつまみです。

材料:3~4人分


お好きなきのこ 200g
にんにく 1~2かけ
オリーブオイル 大さじ1
白ワイン 大さじ1
塩 小さじ1/3

作り方


【1】きのこは石突を切り落として、適当な大きさに切る。にんにくは縦半分に切って芯を除く。フライパンを熱してオリーブオイルをひき、にんにくを炒めて、香りが出てきたらきのこを加えて、白ワインをふって炒める。水分がとぶまで、しっかり炒める。

【2】粗熱が取れたら、包丁で細かく、たたくように刻み、塩で味を整えて完成。

きのこはお好みのもので、なんでもOKですが、うま味の強い「しいたけ」や「まいたけ」を入れると、あっさりしていながらも味わいが深くなりおすすめです。

今回は包丁で刻んで作りましたが、5分程叩いていると、少しまとまりが出てきて、ディップっぽくなってきます。ブレンダーやミキサーで作る場合は30秒~1分程で十分です。完全になめらかなペーストにするよりも、きのこのツブツブした食感を残したほうがおいしいです

バケットにのせてディップとして食べるのもおすすめですが、そのまま、または生クリームとあわせてパスタに絡めたり、スープに入れたりして楽しむこともできるので、余ってしまった際にはアレンジも楽しめますよ。

きのことワイン


きのこのペーストはあっさりしたおいしさのおつまみなので、軽い辛口の白ワインといただきました。白ワインの中でも、果実味とミネラル感のしっかりした白ワインが合います。

また、エリンギやえのきなど、土の香りの強くないものは白ワインと合うと言われますが、しいたけは赤ワインに合うきのこなので、赤ワインと合わせたいときは、しいたけたっぷりで作ってみるとよさそうです。

秋らしいきのこをたっぷりと使ったおつまみなら、カロリー控えめ・食物繊維たっぷりと、たくさん食べても安心です。ヘルシーなきのこペーストで‘食欲の秋’も思いっきり楽しみましょう!

ホームページ | ブログ
健康・美容も意識しながら、お酒と おいしい料理で楽しく食事をすることが大好きなフリーランスの管理栄養士。大好きな食器と色彩を活かして、料理をよりおいしく見せる工夫を考えながら企業向けレシピ開発等を行っている。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.