ヘルシーおつまみ!きのこペーストで食欲の秋を思いっきり楽しもう!

すっかり涼しくなり、秋がやってきました。秋は芋や栗、さんまや鮭などのおいしい食材が旬を迎えますね。その中の一つ、きのこは人工栽培によって一年中手にすることができる食材ですが、本来の旬は秋です。

今回はそんなきのこをたっぷり使ったヘルシーなおつまみをご紹介します。

特別な調理道具がなくても作れるように、今回はブレンダーを使わずに包丁で作ってみました。ヘルシーでありながら、うまみたっぷりのおいしいおつまみです。

材料:3~4人分

お好きなきのこ 200g

にんにく 1~2かけ

オリーブオイル 大さじ1

白ワイン 大さじ1

塩 小さじ1/3

作り方

【1】きのこは石突を切り落として、適当な大きさに切る。にんにくは縦半分に切って芯を除く。フライパンを熱してオリーブオイルをひき、にんにくを炒めて、香りが出てきたらきのこを加えて、白ワインをふって炒める。水分がとぶまで、しっかり炒める。 【2】粗熱が取れたら、包丁で細かく、たたくように刻み、塩で味を整えて完成。

きのこはお好みのもので、なんでもOKですが、うま味の強い「しいたけ」や「まいたけ」を入れると、あっさりしていながらも味わいが深くなりおすすめです。

今回は包丁で刻んで作りましたが、5分程叩いていると、少しまとまりが出てきて、ディップっぽくなってきます。ブレンダーやミキサーで作る場合は30秒~1分程で十分です。完全になめらかなペーストにするよりも、きのこのツブツブした食感を残したほうがおいしいです。

バケットにのせてディップとして食べるのもおすすめですが、そのまま、または生クリームとあわせてパスタに絡めたり、スープに入れたりして楽しむこともできるので、余ってしまった際にはアレンジも楽しめますよ。

きのことワイン

きのこのペーストはあっさりしたおいしさのおつまみなので、軽い辛口の白ワインといただきました。白ワインの中でも、果実味とミネラル感のしっかりした白ワインが合います。

また、エリンギやえのきなど、土の香りの強くないものは白ワインと合うと言われますが、しいたけは赤ワインに合うきのこなので、赤ワインと合わせたいときは、しいたけたっぷりで作ってみるとよさそうです。

秋らしいきのこをたっぷりと使ったおつまみなら、カロリー控えめ・食物繊維たっぷりと、たくさん食べても安心です。ヘルシーなきのこペーストで‘食欲の秋’も思いっきり楽しみましょう!

TAGS

ホームページ | ブログ
健康・美容も意識しながら、お酒と おいしい料理で楽しく食事をすることが大好きなフリーランスの管理栄養士。大好きな食器と色彩を活かして、料理をよりおいしく見せる工夫を考えながら企業向けレシピ開発等を行っている。

おすすめの記事

ワイン初心者の方が抱える悩みや疑問に葉山孝太郎先生がお答えします!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.