手みやげ選びは失敗したくない!そんな時は「WINE MARKET PARTY」


先日、恵比寿ガーデンプレイス内にあるワイン専門店「WINE MARKET PARTY」に行ってきました。ここは、ワインはもちろん、ワインに合うおつまみや周辺グッズ、さらにはパーティグッズも置いているお店で、初めて目にする食品や便利グッズの多さにビックリしました。

 
私は、手みやげやプレゼントを選ぶのに非常に悩むタイプで、上京して間もないころ、人生で初めてホームパーティに誘われた時、全てが未知で、手みやげ選びにグルグルと2時間も彷徨った経験があります。

しかも、挙句の果てに「もう、分かんない!なんでもいいや!!」と投げやりになり、謎なお菓子を選んで、周囲を困惑させてしまったことを今でも覚えています。

さて、苦い経験は忘れるとして、お店について、まずは店内の雰囲気です。とても広々としていて、店員さんとの距離が程よく遠く居心地が良いです。商品を吟味していても声をかけられないので、ゆっくり自分のペースで店内を見て回れます。


それを考慮してなのか、全ての商品にコメントの書かれたカードが添えられています。食べ方やアレンジ方法など分かりやすく書かれていて、それを見るだけで、大体のことが分かるので、とても助かります。

それに、何枚かに1枚、思わず「へ〜」と声が出てしまうような雑学に出会えるのも、おもしろいです。
       
商品については、王道のチーズはもちろん、缶詰と瓶詰の種類も豊富で、どれを見ても非常においしそうだったのですが、特に興味をそそられたのが「ワインtoおつまみ」の「海苔と梅のディップ」という商品。海苔がワインのおつまみになるなんて、想像したことがありませんでした。どうしても食べたくて、即買してしまいました。


ちなみに、帰宅してすぐに食べてみましたが、磯の香りと梅のすっぱさが絶妙で、白ワインとの相性が抜群でした。アレンジ方法もサワークリームを混ぜてカナッペにしたり、クリームパスタと合えてみたりと色々あったので近々試してみたいと思います。
     
今回、「WINE MARKET PARTY」に行って、人生初ホームパーティの時に知っていたら、失態をおかさずに済んだのかも・・・なんて思わせてくれるほどのお店でした。

過去は変えられないので、これからホームパーティに誘われた時は、ここへ駆け込もうと思います。

店舗情報
ワインマーケットパーティー
〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿4丁目20番7号
恵比寿ガーデンプレイスB1F
03-5424-2580
http://www.partywine.com/

ホームページ | ブログ
1988年広島生まれ。2013年に上京。以来、徒歩10分圏内ですべてが揃う快適生活に魅了されっぱなしのイラストレーター。ワインに対しては、グラスを肘で倒しそうと、リラックスして楽しめない臆病者。優雅に楽しむ自分になれることを期待している。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.