柿と白和え風サラダ


2016年10月のワイン飯レシピは、東京・中目黒駅徒歩5分、駅から少し離れた路地裏の小さなビルの3階にある飲み食い処「のひのひ」さんにお願いしました。

店内は、厨房を挟んだカウンターが中心のこじんまりとした空間に、どこか家庭の温かさを感じてしまいました。旬の野菜と素材の味を活かした、優しくて味わい深い料理が楽しめるお店です。

材料:2人分


柿 1/2個(小さい場合は1個)
木綿豆腐 半丁
練りゴマ 小さじ1/2
塩 小さじ1/4
カッテージチーズ 大さじ1
野菜(お好み) 適量
※今回はベビーリーフ、ルッコラを使用
砂糖 小さじ2
しょうゆ 小さじ1/4
胡椒 適量
オリーブオイル 適量

作り方


【1】木綿豆腐をお湯で湯掻く(2、3分沸騰させる)。湯掻いた後は最低でも1時間置く。出来れば1日置く。









【2】豆腐を裏ごしする。※万能裏ごし機でOK!










【3】【2】に砂糖と塩を入れて混ぜたら、しょうゆと練りゴマを入れて混ぜる。










【4】柿は薄切りにする。












【5】薄切りにした柿と野菜とカッテージチーズを混ぜて盛り付ける。最後に胡椒とオリーブオイルをかけて完成。










意外と面倒と感じる白和えですが、裏ごしまでしてしまえば、混ぜるだけの簡単レシピです。

10月にお届けするワイン、「スウィングズ&ラウンドアバウツ シュナン・ブラン」は、青リンゴや白桃などフルーツの香りが特徴的だったので、フルーツを使ったサラダに合わせてみました。ちょうど季節的にも柿がスーパーに並び始める頃なので、白和えに柿を加えて上品に仕上げています。

柿のしっとりした甘さとなめらかな豆腐がマッチして美味しいですよ。白和えを口に含んだあとにワインで流し込めば、マリーアジュの完成です。ぜひ、お試しください。

[レシピ提供] 中目黒 のひのひ
東京・中目黒駅徒歩5分、駅から少し離れた裏通りの小さなビルの3階にある飲み食い処。厨房を挟んだカウンターが中心のこじんまりとした空間はどこか家庭の温かさを感じてしまいます。旬の野菜と素材の味を活かした、優しくて味わい深い料理が楽しめるお店です。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.