豚肉の八幡巻き

2016年10月のワイン飯レシピは、東京・中目黒駅徒歩5分、駅から少し離れた路地裏の小さなビルの3階にある飲み食い処「のひのひ」さんにお願いしました。

店内は、厨房を挟んだカウンターが中心のこじんまりとした空間に、どこか家庭の温かさを感じてしまいました。旬の野菜と素材の味を活かした、優しくて味わい深い料理が楽しめるお店です。

材料:2人分


豚肩ロースしゃぶしゃぶ用 100g

牛蒡 100g

ししとう 100g

バルサミコ酢 小さじ1 1/2

みりん 小さじ1

しょうゆ 小さじ2

※牛蒡を湯掻く時に使用 水 200cc

小麦粉 適量

オリーブオイル 小さじ1

しょうゆ 小さじ1/2

作り方

【1】牛蒡を5cmくらいに切る。

 

 

 






【2】水にしょうゆと【1】を入れて茹でる。アク抜きなので沸騰したら上げる。
 
 
 
 
 
 





【3】【2】を豚肉で巻いたら、小麦粉にまぶす。
 
 
 
 
 
 





【4】フライパンにオリーブオイルを敷いて【3】を入れる。蓋をして焼き色を見ながら、ひっくり返す。
 
 
 
 
 
 




【5】豚肉に焼き色がついてひっくり返したら、ししとうを入れて、塩をひとつまみ振る。
 
 
 
 
 
 




【6】バルサミコ酢とみりんをフライパンのヘリに入れて少し煮詰めたら、しょうゆを入れて、豚肉、ししとうに絡めたら完成。


 
 
 
 
 
 
 

10月にお届けする「リオハ パルティーダス・デ・ラ・グランハ ラ・ソシアル」には、スパイスや土っぽい香りを感じたので、豚肉と牛蒡を使って八幡巻きに仕上げました。テンプラリーニョに感じる土っぽさと牛蒡の土っぽさを合わせる形ですね。また、ふくよかでスパイシーなワインには、しょうゆ味の甘辛がぴったりです。

豚肉の風味と牛蒡の土っぽさ、醤油やみりん、そしてバルサミコ酢の旨みを、赤ワインが巧みにまとめあげてくれます。ぜひお試しください。

[レシピ提供] 中目黒 のひのひ 東京・中目黒駅徒歩5分、駅から少し離れた裏通りの小さなビルの3階にある飲み食い処。厨房を挟んだカウンターが中心のこじんまりとした空間はどこか家庭の温かさを感じてしまいます。旬の野菜と素材の味を活かした、優しくて味わい深い料理が楽しめるお店です。

おすすめの記事

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

マッシュルームは生でも食べられる!生マッシュルームサラダの作り方

マッシュルームは、ヨーロッパでよく使われている定番のキノコで、ホワイトマッシュルームは、えぐ味が少なく食感も繊細で、唯一生のまま食べられるキノコです。スライスしてグリーンサラダに混ぜたり、サンドイッチやピザのトッピングとしても人気です。今回はマッシュルームの独特な歯ごたえと旨味が楽しめるように、ホワイトマッシュルームを生のまま使ったおつまみレシピをご紹介します。

世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」ってどんなワイン?

チリワインは、カジュアルなデイリーワインとして注目を浴びています。2015年には、日本への輸入量が本場フランス産を抜いて1位となり、チリワインの存在感が一段と高まってきています。今回は、数あるチリワインの中でも、世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」についてご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.