【連載】デートで飲むシャンパーニュのウンチク(ペリエ・ジュエ編)

オトナワイン - お家ワインを目指すための特訓講座第

【 登場人物 】
葉山さん:ワインの世界を新しい切り口で教えてくれる、人気ワインライター


マナブ:社会人3年目、ワイン初心者で彼女募集中のイマドキ風な若者


金曜日の夜、西麻布のワイン・バーで、ちょっとチャラい青年が、オジサンから「シャンパーニュのウンチク」を聞いている。


「この前は、ありがとうございました。教えてもらった『G.H.マム』、飲みましたよ。それから、『カサ・ブランカ』もレンタルして見ました。かなり、使えそうですね。今夜もカッコいいシャンパーニュの話を教えてください」


「前回は、映画の話をしたけれど、今回は絵の話でもしようか」


「絵ですか?…オレ、あまり絵のことは詳しくないんすが……」


「詳しくないからこそ絵なんだよ。みんな絵に詳しくないから、ちょっとだけ知ってると、めちゃくちゃ目立つだろ?まずは、『ミニミニ美術講座』から行こうか」


「(「いつも通り、ごり押ししてきたなぁ」と諦めモードに入る)あ…はい、お願いします」


「美術の分野で、『アール・ヌーヴォー』って聞いたことがあるだろ?フランス語で『新しい芸術』って意味なんだけど知ってる?」


「名前だけは聞いたことがありますが……」


「名前さえ聞いたことがあれば、それで十分。ちょっとオシャレな女性月刊誌で、よく、『アール・ヌーヴォー』の特集をしてるよね。お腹にタイヤを5、6個巻き付けたみたいなプクプクの女性のヌードを描くルノワールは、PTAオバサン御用達だけど、『アール・ヌーヴォー』は、スタイリッシュで、カッコいいオネエサンが大好きだよ。モテ要素が圧倒的に大きいよ」


「(モテると聞いて、少し元気が出て)『アール・ヌーヴォー』とシャンパーニュがどう関係するんですかね?」


「まあまあ、慌てないで。『アール・ヌーヴォー』で一番有名な画家が、エミール・ガレだ。で、そのガレが描いたアネモネのエッチング・ボトルを使ったシャンパーニュが、ペリエ・ジュエ社のベル・エポックなんだよ。箱根のポーラ美術館で、エミール・ガレの作品を見ることができるんで、彼女と仲良くなったら見に行くといいよ」


「ペリエ・ジュエって、お花の模様のシャンパーニュですよね。ちょっとカッコイイなぁって思ってましたよ」


「そう、パリのファッション関係者に圧倒的に人気のシャンパーニュがこれだよ。シャンパーニュに『美女ボトル選手権』があれば、第3位は、プリーツ・スカートみたいな細かい襞がキレいなヴランケンのディアマン、銀メダルは、金色の網タイツに入ったジャンメールのエリゼー、で、2位以下を20ゲーム離してブッチギリのトップは、アール・ヌーヴォー風のアネモネをボトル全体にエッチングしたペリエ・ジュエのベル・エポックで決まりだな」


「やっと、葉山さんの狙いが分かりました。『アール・ヌーヴォー』のことをもう少し教えてください」


「(スイッチが入って)よし、了解。ベル・エポックのボトルの絵を見れば分かるだろうけど、『アール・ヌーヴォー』って、クネクネの妖しい曲線で絵を描くんだよね。で、モチーフが、蝉、トンボ、蛇、月夜茸みたいな、『ちょっと気持ち悪い系』だな。イギリス人と違って、フランス人は昆虫や爬虫類が超級苦手なので、かなり気味が悪いはず。気持ち悪さのギリギリを見切った芸術がアール・ヌーヴォーだな?」


「確かに、アール・ヌーヴォーって妖しくって怪しいっすよね」


葉山「いいことを教えてあげよう。『アール・ヌーヴォー』が流行った期間は、物凄く短いんだよ。美術の歴史を1日とすると、アール・ヌーヴォーは3分だけ、ほんの一瞬、表舞台で注目された感じかな?」


「そんなに短いんですね」


「『アール・ヌーヴォー』の作品を見たら、とにかく、『1900年、プラスマイナス10年頃の作品ですよね』と言っておけば間違いない。相手は、『こいつ、芸術にめちゃくちゃ詳しいじゃん』とハッタリ度抜群だよ。ベル・エポックは、シャンパーニュの中で、ボトルが圧倒的にスタイリッシュなんで、女性のお誕生日プレゼントでダントツの人気だね」


「それ、いただきます。シャンパーニュもプレゼントしますよ。でも、ベル・エポックって、ちょっと高いっすよね」


葉山「いいことを教えてあげよう。女性の誕生日に必ず、口紅をプレゼントするプレイボーイがいて、なぜ、そうなのかって聞かれて答えたそうだ。『だって、半分返してもらえるだろ?』。シャンパーニュも、半分は飲ませてもらえるんで、少し高くても頑張ってプレゼントしよう」


「了解っす」


「ちなみに、アネモネのボトルは、エミール・ガレが1903年にペリエ・ジュエにプレゼントしたボトルがもとになってるんだ。ペリエ・ジュエ社は、新しいシリーズを出そうとして、なにかアピール・ポイントが欲しいと考えて、『よし、あのアネモネのボトルに入れよう』ということになったんだ。1964年のことだよ」


「えっ、じゃあ、1903年から1964年まで、どうしてたんですか?」


「(あっさりと)地下セラーに置いといたまま、忘れてたんだろうね。初ヴィンテージの1964年は、1970年にパリのキャバレーで初お目見えするんだ。その時のスペシャル・ゲストが、あの有名なジャズの巨匠、デューク・エリントンなんだよ、スゴイだろ?」


「(いきなり、話しを振られて面食らい)デューク・エリントンって誰ですか?」


「えっ、『A列車で行こう』を知らないかぁ?本当かよ……。ロマネ・コンティを知らないヤツがいても、デューク・エリントンを知らないヤツがいるとは思わなかったぁ……。まあ、いいや、そういう時代だからな。うん、いいよ、気にしないから(と言いながら、物凄く気にしている……)」


「(勇気づけようと)あとで、youtubeでチェックしますよ」


「(ちょっと気を取り直して)パリでのベル・エポックのお披露目は、1970年4月29日で、デューク・エリントンの70回目の誕生日をお祝いしたんだよ。ちなみに、4月29日は昭和天皇の誕生日でね、ジャズ・ファンには常識だよ」


「(話題がジャズに戻りそうになって焦りながら)ジャズは、ちょっと……」


「じゃあ、マナブ君の好きな映画にしよう。イヴ・モンタン主演の『ギャルソン』って映画に、ベル・エポックがカッコよく出てくるんだよね。切なくてほろ苦い映画でね。よく言えば、人生を見つめるフランス風、悪く言えば、大人すぎてすっきりしない感じかな?」


「気になります」


「でも、イイ映画だから、彼女の誕生日にベル・エポックをプレゼントして、『ギャルソン』をレンタルして一緒に見るとイイよ。前回、『G.H.マム』がカッコよく出てくる映画、『カサ・ブランカ』を見るのとイイと言ったけど、それと同じ効果があるんじゃないかな」


「(前回の『カサ・ブランカ』を思い出して)イイっすね。是非、使わせてもらいます」


「うん、シャンパーニュを正しく悪用してくれると嬉しいよ」


と言いながら、グラスのシャンパーニュを飲み干し、夜の雑踏に消えて行った。

…次号へ続く

シャンパーニュとブルゴーニュを愛するワイン・ライター。ワイン専門誌「ヴィノテーク」、「神の雫(モーニング)」等にコラムを執筆。2010年にシャンパーニュ騎士団オフィシエを受章。主な著書は「クイズでワイン通」「今夜使えるワインの小ネタ(以上講談社)」、「30分で一生使えるワイン術(ポプラ社)」など

おすすめの記事

旅するアルメニアワイン輸入者The Ancient World代表「田村公祐」さんインタビュー

世界最古のワインというとジョージア(グルジア)を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はアルメニアも、ジョージアと並んで世界最古のワイン生産地といわれています。ワインの文化は、フランスやイタリアなどヨーロッパだけでなく、中近東にも魅力が詰まっているみたいですね。 今回は中近東各地を年に何度も訪問し、自身でオリエンタルワインを輸入する田村公祐さんにお話を伺いました。

駅近1分。オシャレ着・手ぶらで行ける「CARVINO(カルヴィーノ)」で本格イタリアンBBQと限定ワインを味わおう!

東京ドームアトラクションズをバックに背の高い木々に囲まれて、本格イタリアンBBQ広場「CARVINO(カルヴィーノ)」が2017年6月10日(土)にオープンしました。オープンに先駆けた先行イベントに参加してきましたので、その様子をご紹介します。

ソムリエがテイスティングして飲み比べ!デイリーワインで人気の動物ラベル3種、それぞれのお味は?

今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、白ワイン3種類を飲み比べてみました。いずれもチリ産で、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.