ワインのおつまみにもおかずにもおすすめ!牛肉ときのこの洋風佃煮

すっかり秋ですね。旬のおいしい食材は色々ありますが、ヘルシーでおいしくて、個人的にも大好きなきのこを使った赤ワインに合うおつまみをご紹介します。

牛肉と組み合わせた洋風の佃煮で、とても簡単にできて、数日間は日持ちもするので便利なおかずです。きのこたっぷりで、ボリュームがあるわりにヘルシーなところも嬉しいレシピです。

材料:3~4人分


牛肉(こま切れなど、薄切り肉) 100g
好きなきのこ 200g
赤ワイン 1/4カップ
ケチャップ 大さじ2
ウスターソース 大さじ1
砂糖 小さじ1~2
こしょう 少々

作り方


【1】赤ワインと牛肉を鍋に入れて火にかけ、アクを取りながら煮る。

【2】肉の色が変わったら食べやすく切ったきのこを加えて煮て、しんなりしたらケチャップ、ウスターソース、砂糖を加えて煮詰めて、こしょうを振って完成。

今回使用したきのこはしめじ、エリンギ、まいたけですが、しいたけやえのき、マッシュルームなどお好みのものを自由に組み合わせて楽しむことができます。

甘めが好みの方は砂糖を大さじ1程度まで増量してもおいしいですが、反対に甘めが苦手な方は控えて作ってみて下さい。

おつまみとしてそのまま食べたり、バケットと一緒に頂いたりするのはもちろん、白いご飯とも合うので、毎日のおかずやお弁当にも便利ですよ。

軽めからやや重めの赤ワインと


牛肉を使ったおつまみとなれば、赤ワインを合わせておけば間違いない!ですね。

ケチャップやソースでコクのある味わいですが、きのこを組み合わせているので、少しさっぱりしたおいしさもあるおつまみです。軽めからやや重めの赤ワインと合わせてみるのがおいしいかなと思います。少し甘味のある佃煮なので、甘めの赤ワインとも合います。

おつまみにもおかずにもなる牛肉ときのこの洋風佃煮。きのこたっぷりで秋を感じながら、大人はワインと、子どもはごはんのおかずに…と、家族みんなで楽しんでみるのもいいですね!

ホームページ | ブログ
健康・美容も意識しながら、お酒と おいしい料理で楽しく食事をすることが大好きなフリーランスの管理栄養士。大好きな食器と色彩を活かして、料理をよりおいしく見せる工夫を考えながら企業向けレシピ開発等を行っている。

おすすめの記事

旅するアルメニアワイン輸入者The Ancient World代表「田村公祐」さんインタビュー

世界最古のワインというとジョージア(グルジア)を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はアルメニアも、ジョージアと並んで世界最古のワイン生産地といわれています。ワインの文化は、フランスやイタリアなどヨーロッパだけでなく、中近東にも魅力が詰まっているみたいですね。 今回は中近東各地を年に何度も訪問し、自身でオリエンタルワインを輸入する田村公祐さんにお話を伺いました。

駅近1分。オシャレ着・手ぶらで行ける「CARVINO(カルヴィーノ)」で本格イタリアンBBQと限定ワインを味わおう!

東京ドームアトラクションズをバックに背の高い木々に囲まれて、本格イタリアンBBQ広場「CARVINO(カルヴィーノ)」が2017年6月10日(土)にオープンしました。オープンに先駆けた先行イベントに参加してきましたので、その様子をご紹介します。

ソムリエがテイスティングして飲み比べ!デイリーワインで人気の動物ラベル3種、それぞれのお味は?

今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、白ワイン3種類を飲み比べてみました。いずれもチリ産で、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.