イタリアワインと合わせる!簡単で美味しいナスとチキンのねぎポン

本日の主役は、安心のしょうゆベースに柑橘をプラスしたポン酢。甘酸っぱくて、コクのある料理をさっぱりさせてくれる日本の味。このポン酢にちょい足しをした、風味と食感が素晴らしい「ねぎポン」をご紹介します。

ポン酢にたっぷりの刻みネギと、ごま油とすりごまをちょっと。たったこれだけのひと手間で、ちょっとしたソースのように変身してくれます。

さっと茹でた豚しゃぶ、温野菜、ハンバーグ、オムレツや玉子焼き、うどんやチャーハンや卵かけごはん・・・いろんな物にかけて楽しめる万能だれ。今回は私の一番のお気に入り、ソテーしたチキン&ナスにかけていただきましょう。

材料:2人分

[難易度] ★★☆☆☆

[調理時間]15分

ナス 2個

鶏肉もも 1枚(約300g)

塩 小さじ1/2

タマネギ 1/2個

Aポン酢 大さじ3

Aごま油 大さじ1

Aすりごま 大さじ1

作り方

【1】タマネギをみじん切りにしてポリ袋に入れ、塩少々をふります。袋の上から手のひらで円を描くように、グルグルもみながら10カウント。汁気が出てきたら、ぎゅーっとしっかり絞ります。これでアク抜きはOK!Aを混ぜ、ねぎポンの完成。 【2】鶏肉はひと口大にカットし、塩をふって下味をつけておきます。鶏肉は厚みがあるので下味はいつもよりしっかりめに。フライパンにオイル少々(分量外)を熱して中火で7~8分、表面がこんがり色づくようにソテー。ナスを一口大の乱切りにして加え、炒めあわせます。 【3】ナスを食えわえると「あれ?オイルが足りないかな?」って心配になると思いますが、慌てずじっと待ちます。加熱するとナスが自ら水を出し、しんなりしてきます。ナスがしんなりするころには、鶏肉にもちょうどいい具合に火が通ってるはず。1を加え、全体をさっとからめて盛りつけます。 ねぎポンは長ねぎで作ってもOK!すりおろした生姜やニンニクで風味を加えたり、砂糖(小さじ1くらい)を混ぜて甘口のタレにしても美味しいですよ♪

合わせるワイン

突然ですが「ナス料理にはイタリアワインがうまい!」なんだそうです。

一言でナス料理と言ってもいろいろですが、今回の料理のようにトロリとしたナスの甘み、そしてポン酢の柑橘系の酸味には、ちょっと南の方のコクとうまみのしっかりとした白ワインがお似合いです。

甘口のワインはポン酢の酸が立ちすぎてしまうので、味わいレベルを合わせてあげましょう。

TAGS

ホームページ | ブログ
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

ワイン初心者の方が抱える悩みや疑問に葉山孝太郎先生がお答えします!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.