未知な世界へひとりで!無料の試飲会「東京オータムワインフェス2016」に行ってみた!

先日、「東京オータムワインフェス2016」という試飲会イベントに行ってきました。ワインの試飲会に行ってみたいと思っていたのですが、未知な世界なだけに、敷居が高く感じられ、中々行けませんでした。ですが、この試飲会は無料ということだったので敷居が低く感じられ、思い切って参加してみました。

開催場所は東京ミッドタウン内のアトリウムという広場。敷居が低いと思って来たのですが、ミッドタウン自体の雰囲気に呑まれ少々緊張気味。キョロキョロと洗練された店々に目を奪われていると、大きなワインのオブジェが目の前に現れました。 入り口近くでオブジェを眺めていると、「試されていきますか?」とスタッフの人に声をかけてもらえ、スムーズに会場内へ入る事ができました。 そして、席に案内されたのですが、案内してくれたスタッフもなぜか着席。ここでふと、「あれ?もしかして、1対1でワインの説明されるのかな?」と不安が過りました。勝手ながら、立食パーティーのような参加者が自由に歩き回れる形式だと想像していた私。

周りを見渡せば、どの席もスタッフとお客さんが向かいあって、説明されながらテイスティングしています。「どうしよ〜!何話せばいいんだろう!?」心の声が叫び出します。それでも、あとにはもう退けないので、覚悟を決めて私も着席します。

まずは軽い雑談をしながら、どんなワインを扱っているかなどを説明してくれたのですが、緊張で話がまったく入ってきません。知らない用語の数々に、かなり的外れな質問をして、話がかみ合いません。 3杯ほど試飲をしたのですが、少量にもかかわらず、酔いが回るのが早い!「飲みやすいです」と「おいしいです」の2つの単語のみ何度も繰り返していたような気がします。こんな調子なので、ものの15分ほどで退散してしまいました。

1対1で試飲をするという状況にあたふたしてしまい、満喫できませんでしたが、ほとんどのお客さんが2人、もしくは3人で参加していたので、私も誰か誘えば良かったかなぁと、少し後悔。ですが、1度経験すればもう未知の世界ではありません!また新たな試飲会に挑戦してみようと思います!

ちなみに「東京オータムワインフェス」は定期的に開催されているそうで、次回は今年の冬に開催されるとのこと。無料なので、会場に行けば誰でも参加できますし、有料のワインバーもあるので、グラスワインと生ハム、チーズ、オリーブの盛り合わせプレートを楽しむこともできます。

ですが、平日の夜が非常に混むらしく、入場に1時間ぐらい並ばないといけない時もあるそうです。なので、平日の昼か、土日に行かれるのがオススメです。

TAGS

ホームページ | ブログ
1988年広島生まれ。2013年に上京。以来、徒歩10分圏内ですべてが揃う快適生活に魅了されっぱなしのイラストレーター。ワインに対しては、グラスを肘で倒しそうと、リラックスして楽しめない臆病者。優雅に楽しむ自分になれることを期待している。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

カジュアルなチリ産スパークリングワイン「プードゥ スパークリング」の魅力とは?

イタリアのアスティ・スプマンテやスペインのカバの登場でスパークリングワインも低価格帯のものが人気を博し、日常の食卓にもスパークリングワインが並ぶようになりました。そして、今ではチリ産スパークリングワインが注目を浴びています。チリ産のワインといえば、コストパフォーマンスが高いというイメージが強くあると思います。今回はまさにその言葉にピッタリな「プードゥ スパークリング」をご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.