未知な世界へひとりで!無料の試飲会「東京オータムワインフェス2016」に行ってみた!


先日、「東京オータムワインフェス2016」という試飲会イベントに行ってきました。ワインの試飲会に行ってみたいと思っていたのですが、未知な世界なだけに、敷居が高く感じられ、中々行けませんでした。ですが、この試飲会は無料ということだったので敷居が低く感じられ、思い切って参加してみました。

開催場所は東京ミッドタウン内のアトリウムという広場。敷居が低いと思って来たのですが、ミッドタウン自体の雰囲気に呑まれ少々緊張気味。キョロキョロと洗練された店々に目を奪われていると、大きなワインのオブジェが目の前に現れました。


入り口近くでオブジェを眺めていると、「試されていきますか?」とスタッフの人に声をかけてもらえ、スムーズに会場内へ入る事ができました。

そして、席に案内されたのですが、案内してくれたスタッフもなぜか着席。ここでふと、「あれ?もしかして、1対1でワインの説明されるのかな?」と不安が過りました。勝手ながら、立食パーティーのような参加者が自由に歩き回れる形式だと想像していた私。

周りを見渡せば、どの席もスタッフとお客さんが向かいあって、説明されながらテイスティングしています。「どうしよ〜!何話せばいいんだろう!?」心の声が叫び出します。それでも、あとにはもう退けないので、覚悟を決めて私も着席します。

まずは軽い雑談をしながら、どんなワインを扱っているかなどを説明してくれたのですが、緊張で話がまったく入ってきません。知らない用語の数々に、かなり的外れな質問をして、話がかみ合いません。


3杯ほど試飲をしたのですが、少量にもかかわらず、酔いが回るのが早い!「飲みやすいです」と「おいしいです」の2つの単語のみ何度も繰り返していたような気がします。こんな調子なので、ものの15分ほどで退散してしまいました。

1対1で試飲をするという状況にあたふたしてしまい、満喫できませんでしたが、ほとんどのお客さんが2人、もしくは3人で参加していたので、私も誰か誘えば良かったかなぁと、少し後悔。ですが、1度経験すればもう未知の世界ではありません!また新たな試飲会に挑戦してみようと思います!

ちなみに「東京オータムワインフェス」は定期的に開催されているそうで、次回は今年の冬に開催されるとのこと。無料なので、会場に行けば誰でも参加できますし、有料のワインバーもあるので、グラスワインと生ハム、チーズ、オリーブの盛り合わせプレートを楽しむこともできます。

ですが、平日の夜が非常に混むらしく、入場に1時間ぐらい並ばないといけない時もあるそうです。なので、平日の昼か、土日に行かれるのがオススメです。

ホームページ | ブログ
1988年広島生まれ。2013年に上京。以来、徒歩10分圏内ですべてが揃う快適生活に魅了されっぱなしのイラストレーター。ワインに対しては、グラスを肘で倒しそうと、リラックスして楽しめない臆病者。優雅に楽しむ自分になれることを期待している。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.